個別のご相談はコチラから

【相談】彼は独身で私は既婚。離婚して彼との結婚を考えていたのに突然別れを告げられショックで立ち直れない。諦めたくないが…

働く女性の無料相談・回答

相談:彼は独身で私は既婚。離婚して彼との結婚を考えていたのに突然別れを告げられショックで立ち直れない。諦めたくない…でも離婚できていない今の自分に復縁を求める権利はないので迷っている。

相談者:まゆさん

こんにちは。 よろしくお願い致します。

不倫の悩みなのであまり良くないとは思いますが、私が既婚、彼は独身です。

2年ほど前に職場で知り合い1年半の付き合いでした。

この前の土曜日にLINEで「突然でごめん。いろいろ考えたんだけどこの関係を終わりにしようと思う。仕事はやめたらダメだよ。今まで助けてくれてありがとう」とメッセージが届きました。

私は別れたくないのでまだ返信出来ずにいます。

前回彼と会った時、不安から私がひどく取り乱してしまったのでそれが彼には耐えられなかったのかなと思いました。

そういうことが今まで何度もあったので私が彼に甘えていたんだと思います。

結婚もお互い考えていたのでショックで立ち直る事が出来ません。

前回彼と会った後の電話では「今度の木曜日会える?」と聞いてくれたりしていたので安心していたんです。でも単身赴任の旦那が帰ってくるので会えませんでした。

「次の週に会える?」と言われたので「会えるよ」と言ったんですが連絡はなく、後日LINEしたら「忙しくて大変。頑張って時間つくるよ」と言ってくれたので、まさかその二日後にそんなLINEメッセージ(冒頭の内容)が来るなんて思わなかったんです。

私は諦めたくないのですが、まだ離婚出来ていない私が言う権利なんてないのかもと思いこのままにしようか迷っています。

もう彼に連絡しても可能性は低いでしょうか。自分が悪かったのはとても反省しています。 彼が努力してくれていたのに甘えていました。

(本記事は、当サイト「働く女性無料相談窓口」より、働く女性から寄せられたご相談にお答えする内容となっております。)

回答者:一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長 大森篤志

こんにちは、大森篤志です。まゆさん、ご相談ありがとうございます!

大森篤志

それでは、回答させて頂きますね。

大森篤志からの回答内容

今のタイミングで彼に復縁を求める連絡をするのは賢明ではありません。

不倫関係を断ち切ろうとする男性の心理

彼の「いろいろ考えたんだけどこの関係を終わりにしようと思う」という言葉には、「これ以上自分の時間を無駄にしたくない」「このような不毛な関係は終わりにするんだ」という“決意が表れている”ように思います。

「仕事はやめたらダメだよ」と別れた後のまゆさんを気遣い、「今まで助けてくれてありがとう」と感謝で締めくくっているのも、彼なりの精一杯の償いなのかもしれません。不倫(いずれは現在のまゆさんの家庭を壊すことになる関係)に対する罪悪感もあったのでしょう。そのことに彼が耐えられなくなった可能性もあります。

厳しく聞こえるかもしれませんが、彼がよくよく考えて決断した今のタイミングで闇雲に復縁を求める連絡をしても、以前のような関係に戻れる可能性は低いと私は考えます。

不倫の代償

不倫が成就する場合、一方で必ず不利益を被る人たちがいます。その事実と、どんな結果でも受け入れる覚悟を決めたうえで彼を選ぶというのなら、まず『まゆさんご自身の身辺整理をするのが先』ではないでしょうか。

彼に復縁(あるいは結婚)を改めて申し込む場合は、離婚をしてからというのが誠実な進め方だろうと思います。

とはいえ、離婚したからといって彼がまゆさんの申し出を受けるかどうかの保証は一切ありません。結果として一人になってしまう覚悟も必要なのです。大なり小なり犠牲がともなうこと、どんな結果になっても時間は戻せないことを改めてご理解ください。

不倫における独身男性の心理

まゆさんとのお付き合いを続けている限り、彼は新しい出会いの機会を失ってしまいます。彼自身が1年半という期間を経てそのことに気づいてしまったのかもしれません。

今はまだ彼にも未練が残っていることでしょう。逃がした魚は大きいと思っているかもしれません。

しかし、いつか彼に新しい健全な出会いが訪れた時には辿り着くはずです。「あの時、不倫関係をきちんと清算して良かった」と…。

二人の幸せにつながるご決断を

誤解のないように補足させて頂きますが、私は「彼を諦めてください」と言うつもりはありません。もちろん不倫を推奨することもありません。

まゆさんご自身が身辺をきちんと清算して誠実に彼と向き合うというのなら、それはまゆさんが選んだ人生です。誰がとやかく言うものでもないでしょう。それで掴んだ幸せに良いも悪いもありません。

いずれにしても、まゆさんご自身と彼の幸せにつながるご決断を心がけてください。誠実に向き合えば、自分がどのように彼と関わるべきなのか、その答えは必ず見つかるはずです。