当サイト初の書籍化!詳しくはコチラ

【夫モラハラ相談】旦那からの扱いがとても酷く離婚したいが…

働く女性の無料相談・回答

相談:旦那からの扱いがとてもひどくて困っています。家庭に生活費も入れず自分の遊びにはお金を使い放題。一刻も早く離婚したいが…

相談者:るるさん

旦那との問題について相談させてください。私が困っていることは大きく三つあります。

一つ目、旦那からの扱いがとてもひどくて困っています。

旦那が家に帰ってくる際に「お疲れさま」「おかえりなさい」を必ず言わないと、「なぜ挨拶すらできない、基本のこともできないのか!」「帰ってきたら明るく出迎えるくらいしろ!」「夫婦の会話がなさすぎる」などとネチネチ怒られます。

ご飯を食べている時は、「姿勢が悪い、食べ方が汚い、味が薄い、あれ持ってこい、これ持ってこい、お茶碗空なんだけど…」と言うだけで自分で動くことはまずありません。

「私は奴●か、家政婦かよっ!」といつも思ってしまいます。

二つ目、旦那は働いていて私は0歳時の子供がいるためまだ働いておりません。そのため、世帯収入は旦那の給料のみです。しかし、生活費(食費、子供のおむつ・ミルク、洋服代など)やおこずかい等は一切もらっていません。

余裕がある時、本当にごく稀ではありますが、少しもらえるくらいで、あとは私の母親に洋服や、食品、色々買ってもらっている状態です。なので、買い物も、 母親に連れていってもらっている状態…。

三つ目、旦那はギャンブルが好きです。給料が30〜35万円入っても、家賃・光熱費などで10万円程度使ったら、残りの20万円で遊びたい放題です。

旦那は日曜日が休みのため、お金があれば「男友達と飲みに行く」と言いキャバクラに行きます。そこでお金を使い、女性と連絡先まで交換して帰ってきます。

「キャバクラは楽しみたいだけだから、別に女の子目当てでもなんでもない」と言ってはいますが、名刺の裏に旦那の字で女性の携帯番号が記載されているのを見たのが今回で二度目…。何のためなのかさっぱりわかりませんが、許せないです。

きっと、問い詰めればまた謝ってきて「ごめんね」とか、あとは「俺は仕事頑張ってて、お前はいつも家にいてぐーたらしているだけだろうが」と言われて終わるだけだろうなと思います。

私が口下手なため、言い返せなくなり、怒られるのが怖くなり、最後は許してしまうのです。

この状況から抜け出したいのですが一人だと到底無理です。

この家にいる今も一刻も早く逃げたいのです。もう、限界なのです。

喧嘩したあとは愚痴愚痴言われ、帰って来るなり「足をマッサージしろ」と言われて足をマッサージするのですが、「そこじゃない、仕方が悪い、痛いな!気持ちよくない!心を込めろ!」などと言われます。

半泣きになりながら嫌嫌やっていると「嫌嫌やるなよ。いつも家にぐーたらいるだけなんだから、マッサージくらいしてくれてもいいだろ」と言われてしまいます。

これは、私が我慢すべきことなのでしょうか、教えて下さい。

私は子供を連れて家を出たことが何度もあります。そうすると、旦那は「裁判する」「子供の親権は俺が100%勝つから」などと言ってきます。

お腹を痛めて産んだ子を渡したくなんてありません。

妊婦の時に気遣ってくれたかというとそうでもありません。夜中でもおかまいなしに「コンビニ行ってきて」「FXにお金を入れてきて」というのが日常的でした。

行かないと不機嫌になるため毎回行っていました。

旦那の顔色を伺いながらの生活。夫婦の会話なんて当然なくなりますよね。

口を開けば怒られる。そう思っているからこそ、話せないし話したくないのです。

私が間違っているのでしょうか?

逃げたくて仕方ないですが、実家の親には、「ちゃんと話し合うべき、直接。」と言われます。

直接話し合ったところで言いくるめられてしまうのに…。親は穏便に済ませたい人なのでどうにもなりません。

この状況を切り抜けて離婚したいです。

私はどうするべきでしょうか?

また、今日子供を連れて家を出てどこかホテルに泊まるなどしたら、親権などの際に不利になってしまうのでしょうか?

お答えできる範囲で構いません。何かアドバイスをください。よろしくお願いします!

(***ご相談内容は一部編集しております***)

(本記事は、当サイト「働く女性無料相談窓口」より、働く女性から寄せられたご相談にお答えする内容となっております。)

回答者:一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長 大森篤志

こんにちは、大森篤志です。るるさん、ご相談ありがとうございます!

大森篤志

それでは、回答させて頂きますね。

大森篤志からの回答内容

旦那さんからの扱いが酷く、生活費も入れてくれない。そのくせ自分の遊びにはお金を使い放題。親に相談しても夫婦でちゃんと話し合いなさいの一点張りで埒が明かない。一刻も早く離婚したいけれど、子供の親権問題に対する不安もあるのでなかなか動けない。これからどうしたらいいのか、そういうお悩みですね。

ご相談内容からの推察にはなってしまいますが、お二人の関係は“本当に夫婦なのか?”私には疑問に思える点ばかりでした。

お二人の関係は法律上の婚姻をした男女であるというだけで、通常の夫婦関係は既に破綻していると言わざるを得ません。むしろ法律によって縛られてしまった分だけ厄介です。

旦那さんのギャンブル癖に関して

そして、旦那さんのギャンブル癖に関しては、より注視していく必要があるでしょう。

るるさんが妊娠中であるにも関わらず日常的にギャンブル関連のおつかいをさせるあたり、もしかしたら旦那さんは既にギャンブル依存に足を踏み入れている可能性もゼロとは言い切れません。

もし旦那さんにギャンブル依存の特徴が表れているようなら一刻も早く離れたほうが賢明です。いつか大きな借金で首が回らなくなり、るるさんの人生まで道連れに破綻しかねません。そうなってからでは遅いですよね。

ご両親の穏便に済ませたい気持ち、子供の親権問題、経験のない離婚への精神的・経済的な不安、離婚を切り出した際に想像できる旦那さんの言動に対する恐怖など、乗り越えていく問題はいくつかあると思いますが、るるさんの「この状況を切り抜けて離婚したい」という決意が揺るがなければきっと乗り越えていけるでしょう。

ご両親に離婚の意志を伝えてから相談

まずは、ご両親に離婚の意志を伝え、きちんと納得を得ることから始めてみてはいかがでしょうか。その上で、ご両親と一緒に離婚問題に強い弁護士を探して相談することが第一のステップかと思います。

また、旦那さんに離婚の話を切り出すのは、弁護士に相談して指示をもらってから適切なタイミングで行うのが賢明です。お一人で突っ走ると親権問題も含め不利に働いてしまうこともありますので注意しましょう。

今のるるさんにはご両親が夫婦で直接話し合うことを頑なに主張しているように見えるかもしれませんが、決してそんなことはありません。愛する娘の悲痛な叫びを聞けば、そんな悠長なことを言ってる場合ではないことに気づくはずです。

るるさんの一番の味方は、本当に困っている時に力になってくれる人は、何だかんだ言いながらもご両親なんですよ。「親に言ってもどうにもならない」と諦めないで下さいね。

行政の相談窓口

念のため行政の相談窓口についても情報提供させて頂きます。

各都道府県には、2001年に制定されたDV防止法に基づいて、配偶者からのDV防止と被害者保護のために『相談・カウンセリング、(状況によっては)一時的な保護、関連する様々な最新情報の提供 等』を行う相談支援センターが設置されています。

また、DV関連のご相談は支援センターの他にも『各市町村の相談窓口(男女共同参画センター、婦人相談所、福祉事務所、保健所・保健センター 等)』あるいは『民間のシェルター』などでも受けてくれます。

周知されていないだけで、実は「身近にたくさんの相談窓口がある」という事がわかりますよね。実際に相談されなくても、それを知っておくだけで安心できる部分もあるのではないでしょうか。

とはいえ、現在のDV防止法は、今はまだ“身体的DVの場合に効果を発揮する”という側面もあります。まずは現状をご相談の上、今の自分に役立つどんな情報が得られるのか確認してみるといいでしょう。

 

但し、るるさんが離婚に向けて弁護士をつけた場合は弁護士の指示一本に従って下さい。そうでない場合は、身近にある行政施設・サービスにも目を向け、利用できるものは利用してみるのも一つの方法です。実際に足を運んでみると、現状を打破するための具体的なヒントや気づきが得られるものです。