部下が喜んで動く!どうして彼女の言葉は、部下の心に響くのだろう。

部下が喜んで動く!どうして彼女の言葉は、部下の心に響くのだろう。

こんにちは、BPLaboの大森篤志です。

大森篤志

ある上司に指示をされると、喜んで動いてしまう。

そういう部下はたくさんいます。なぜなら、コッソリと「やる気に火をつけられているから」です。

上司の何気ない言葉が部下の心にしっかりと響いているのでしょう。上司の言葉は、部下のパフォーマンスに大きな影響を与えるものです。

だからこそ、上司が言葉のチョイスを誤れば、部下に「火をつける」どころか、一瞬で「火を消す」ことにだってなりかねません。

そこで今回は「部下のやる気に火をつける言葉」を3つご紹介したいと思います。

部下のやる気に火をつける言葉:

  1. 「○○さんのセンスの良さにはかないませんねぇ」
  2. 「○○さんらしくて、とってもいいねですね」
  3. 「○○さんの良さが際立っていますね」

 

1.「センス」をほめる

「センス」というのは、『既に備わっている才能』のことだと思っている人は多い。

だからこそ、自分のセンスに自信を持っている人は少ないように感じます。

「センスがいい」と言えば、『あなたには才能がある』と言っているようなものですから、相手はやる気になるでしょう。

 

褒め方のポイントは3つ。

  1. 「○○さんの」と、相手の名前を言うこと
  2. 「センス」ではなく「センスの良さ」と言うこと
  3. 「比較」することで際立たせること

 

「センス」という言葉の意味自体が曖昧なものですから、

「○○さんのセンスの良さ」という具体的な表現にした方がいいでしょう。

 

そして、比較を上手に使って「私よりもあなたの方が優れている」という尊敬のニュアンスを含ませれば重みも増しますね。

  • 「自分が恥ずかしくなるわ。○○さんのセンスの良さにはかないませんね」
  • 「○○さんのセンスの良さには脱帽します。かないませんねぇ」

などと使うといいでしょう。

 

2.「らしさ」をほめる

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ