「旦那、彼氏と本気でケンカした時の仲直り方法」効果抜群!

「旦那、彼氏と本気でケンカした時の仲直り方法」効果抜群!

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

大森篤志

今回は、『旦那、彼氏と本気でケンカした時の仲直り方法』についてお話したいと思います。

 

それ、「冷却期間」が必要です!

彼との関係、夫婦関係、職場の人間関係など、あらゆる人間関係には「冷却期間」が必要な時があります。

 

例えば、キャバクラへ行ったことで腹を立てている妻に「部長の誘いなんだ。断れないだろう!」などと言っても、「またそんなことを言って、下手な言い訳なんて聞きたくないわ!」と拒絶される。

逆に、何も言わなければ「ねぇ、黙ってないで何とか言ってよ!」と迫られる。

そんな結婚3年目の夫婦には「冷却期間」が必要です。

 

また、社内恋愛中の彼と他の同僚女性が楽しく話すのを見てヤキモチを焼いてしまった彼女が、たまたま彼と職場で二人きりになった時に「なんだかいい感じね」と彼に嫌味の一つでも言おうものなら、「仕事だぞ、いい加減にしろ!」と怒鳴られる。

逆に、何も言わなければフラストレーションが溜まって表情にだって出ちゃうし、彼から「今日、何だか感じ悪くない?」と言われて損する事も。そんなこんなでケンカの第2ラウンドが始まっちゃったり。

そんな付き合って半年の社内恋愛カップルにも「冷却期間」は必要なのです。

 

何か言ってもダメ、何も言わなくてもダメ。そんなふうにどちらへ転んでもうまくいかないような時こそ『冷却期間が必要な時』なのだと思います。

 

冷却期間があまりにも長いと、二度と解凍できなくなる!?

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ