【将来有望な男性の特徴】いい男がチェックしている女性の言動20選

【将来有望な男性の特徴】いい男がチェックしている女性の言動20選

本記事では、『将来有望な男性の特徴』について解説していきます。

記事の後半では、将来有望なイイ男たちは女性を選ぶ時に『女性のどんな言動をチェックしているのか』についてもお伝えしていきますよ。おのずと『あげまんになる方法も掴める』はずです。

 

大森篤志

こんにちは、大森篤志です。

いい男ほど、「あげまん」を求める。

将来が有望な男性ほど、パートナー選びにはシビアなものです。会社での出世や、仕事での成功を強く意識している男性は、パートナー選びを誤ると願望成就しないことを知っているからです。無意識に「あげまん」を求めていると言ってもいいでしょう。

また、彼らは自分の仕事と女性との相性をよく見極めて付き合おうとする傾向があるだけに、女性としても外見だけをいくら磨いても関係を長続きさせることは出来ません。

将来が有望な「いい男」と長くパートナーシップを築いていきたいのなら、抵抗を感じてしまう女性もいるかもしれませんが、『どんな仕事をしている男を選ぶか』に目を向けることも大切なのかもしれません。

例えば、テレビ局やマスコミ関係の仕事に就いている男性は休みが少なく帰宅時間も遅かったりします。打ち上げや地方出張もザラですから、よほど仕事への理解がないとうまくいきません。付き合った当初や新婚の時はラブラブでも、やがて必ず「スレ違い」の問題でトラブルが起こることは想像に難くないのではないでしょうか。

他にも、安定志向の強すぎる女性ほど、自営業や会社経営者との関係を継続させていくのは難しいものです。現状維持では後退してしまう今の時代に、ずっと安定した経営を継続するのは決して容易いものではないからです。ほとんどの場合、いい時もあれば悪い時もあります。経営が悪化した時の不安、ストレス、重圧を現状打破のエネルギーに変えていけるようでなければ、経営者の妻は務まりません。安定志向の強すぎる女性は、得てして「結婚したことを後悔する」ものです。

いい男は、こういう特徴を持つ女性を結婚相手に選ぶ。

将来が有望な男性ほど、『自分の仕事に対する理解が深い女性を選ぶ』もの。仕事がうまくいっている時も、うまくいっていない時も、前を向いて自分の支えになってくれる女性を選ぶのです。

いい男がチェックしている女性の言動20選

  1. 見返りを求めるのではなく、こちらの成功を求めてくれるか。
  2. たとえ給料が下がってしまっても、責めないでいてくれるか。
  3. 二人でいることを当たり前と思わずに、毎日の幸せを大切にしてくれているか。
  4. 落胆している時に、自分の価値に気付かせてくれる女性か。
  5. 他の誰よりも、自分の応援をしてくれているか。
  6. 仕事絡みのお付き合いでも、気持ちよく送り出してくれるか。
  7. 夢やロマンを語る自分の話に、優しく頷いてくれるか。
  8. 頻繁に「でも」と言い訳したり、「どうせ」と卑屈になることはないか。
  9. 口癖がポジティブな女性か。
  10. 疲れや後ろ向きな感情が顔に出やすい女性ではないか。たいてい口角は上がっているか。
  11. 眉間にシワを寄せる女性ではないか。深刻な表情が癖になっていないか。
  12. 目に力があるか。気力のない目をしていないか、ちゃんと瞳が輝いているか。
  13. 「ありがとう」「おかげさま」など、感謝の言葉がよく出てくる女性か。
  14. 「私の気持ちはどうなるの?」と言わないでいてくれるか。(いい男ほど察してくれますから、ご安心下さい)
  15. 反応や動きがスムーズか。雨が降ってきたら、すぐに洗濯物を取り込めるか。初動が早いか。
  16. ガスの元栓や鍵の閉め忘れはないか。確認が行き届く女性か。頻繁に傘を置き忘れてくる女性ではないか。
  17. 相手の年代や立場に合わせて適切な対応が出来るか。夫の部下を自宅に招いた時、夫の上司の自宅へ訪問する時など。
  18. 自宅での仕事を邪魔する女性か。やむを得ない休日の仕事に対して何と言うか。
  19. スカートでも人前で足を組んでしまうような女性か。
  20. 派手な衣装を好み、集合写真を撮る時にド真ん中を陣取るような「目立ちたがり屋」の女性ではないか。

おわりに

将来有望なイイ男と長く付き合っていく秘訣が掴めたのではないでしょうか。

男性にとって、仕事は『人生そのもの』です。彼の一生のパートナーになるつもりなら、彼の仕事を理解して受け入れなければなりません。それが共に人生を歩むということでもあるからです。

今の時代に幸せな結婚生活を送る為には、相手の性格だけでなく、相手が『どんな仕事をしているのか?』にも目を向ける必要があります。何も収入や仕事内容がどうこうということではありません。大事なのは、二人が納得した形で関係を続けていけるかどうかなのです。