40代独身女性・自分の生き方を考える今だからこそやるべき事

著者:大森篤志 カテゴリ:

40代独身女性・自分の生き方を考える今だからこそやるべき事
「40代独身だし、もう結婚は無理か…。どう生きていけばいいのだろう…。」なんて悲観的に考えていませんか?

 

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

今回は、悲観的な40代独身女性のために『これまでの人生の流れを変えて本気で幸せな40代を生きる方法』をお届け致します。

20代・30代の頃よりも、より現実的に自分の生き方を考え始めるのが40代。とはいえ、悲観的になって、恋愛や結婚、仕事や夢を諦める必要はありませんよ。

 

身近な40代の女性たちに目を向けてみる

意識して自分と同世代の女性たちに目を向けてみると、充実した毎日を生きている人が結構いることに気づくものです。

彼女たちは、毎朝4時半に起きて大家族を支えている主婦だったり、男よりキャリアを優先して働いてきた女性管理職だったりします。あるいは、子育てが一段落して、ようやく自分の時間が持てるようになったパートで働く女性かもしれません。

年齢がいくつになったとしても「自分の人生をどう幸せに生きていくか」という決定権はいつでも自分自身にあるもので、彼女たちだけが特別にその決定権を行使できたというわけではありません。

彼女たちは「何だかんだ思うことはあっても、自分は幸せ者だ」と思いながら充実した毎日を楽しみ、今ココにある身近な幸せを実感しながら過ごしているため、携わっている仕事や活動に対する姿勢も「嫌々」ではなく、自然と『嬉々』になるのでしょう。

 

女性が40代で充実した毎日を手に入れる秘訣

「今が一番幸せ」と感じている40代女性の大半は『自分が携わっている仕事や活動そのものに感謝しながら毎日をイキイキ過ごしている』ごく普通の女性たちです。

とはいえ、彼女たちがこれまで順風満帆だったかというと、そうでもありません。「苦難を乗り越え、不安に打ち勝ち、それでも前へ進んで来た」というのが実情でしょう。

では、40代で充実した毎日を手に入れることが出来た彼女たちは『どのように人生の舵を切って』今の幸せを掴んだのでしょうか?

ちょっと怖いと感じるくらいの物事に挑戦する

その方法の一つは、『ちょっと怖いと感じるくらいの物事に挑戦してみること』です。

そこそこ人生経験のある40代になると「失敗したくない(失敗は許されない)、冒険できる年齢じゃない」などと考えて臆病になりがちですが、一方で、人生の舵を切るには「うってつけの時期」とも言えます。

なぜなら、「少し怖い、ちょっと不安」という感情がつきまとう物事ほど、実は『やってみたら価値観が広がるもの』でもあるからです。

『40代という思考が凝り固まりつつある時期にこそ必要な刺激』ですし、人間には『視野が広がると、より敏感に身近な幸せを感じる』という特性もあるんですよ。

例えば、初対面の男性との会話

例えば、40代独身女性の中には「怖いこと」を聞かれて『初対面の男性との会話』と答える人が結構います。

しかし、彼女たちは、それだけ『初対面の男性と会話すること』を意識しているということでもあります。そもそも、自分が初対面の男性と会話するシーンを想像したこともない人は、初対面の男性と会話することが「怖いこと」だとは思いません。

「怖いけれど、本当はやってみたい」という感情の表れ(潜在ニーズ)と言ってもいいでしょう。こういう場合は、思い切って「婚活イベントに参加する」ということが人生の舵を切る一つの手段になるわけです。

「30代だったから出来た、40代になったら出来ない」という視野の狭い思考回路のままでは、独身女性が40代で恋愛や結婚につなげることは難しい。

しかし、年齢がいくつになったとしても「自分の人生をどう幸せに生きていくか」という決定権はいつでも自分自身にあると考えられるようになれば、打破できる問題へと変わるでしょう。

40代は『これまでの自分の人生の流れを変える絶好の機会』と考えて、ちょっと怖いことにも挑戦してみる。その勇気ある一歩が、出会う人を変え、チャンスを増やすのです。

さあ、今までとは違う選択をして、ちょっと怖くてワクワクすることに足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。「40代の自分が一番幸せ」と感じられる女性になるために。

スポンサーリンク


 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧