【後編】あげまん女性が無意識に行っている10の仕草

著者:大森篤志 カテゴリ:

あげまんになる方法

 

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

今回は、「あげまん女性が無意識に行っている10の仕草(後編:6〜10)」をご紹介します。

前編を読んでない方はコチラからどうぞ
【前編】あげまん女性が無意識に行っている10の仕草(1〜5)

 

6. 身だしなみを整えてあげる

  • ネクタイを直してあげる
  • 服についた髪の毛やゴミなどを取ってあげる
  • 襟の折り返しを正してあげる
  • フード帽などの裏表を直してあげる

など、男性の身だしなみをさりげなく整えてあげるといいですね。

ささやかな気配りにグッときますし、ボディタッチとは違った感覚が男性はたまりませんので。

あげまん女性は、99.9%の確率で「さりげなく気が利く女性」なのでしょう。

 

7. 服のすそをつかむ

歩いているときに、女性が男性の服を軽くつかむイメージですね。

「ねえ、あっちじゃない?」と肩をトントン、腕をポンポンとされるよりも、

『服のすそをツンツン』とされる方が男性はキュンときます。

男性6人の話題になったときは、

  • 「直接的でないところがいい」
  • 「恥じらいが感じられるのがいい」

という意見でまとまりましたね(笑)。

他にも「あげまん女性はガツガツしてない」という意見もありましたよ。

 

8. 2秒ほど目を閉じる

「男性は女性の顔をじーっと見ないようにしている」と前編でも言いましたが、女性が目を閉じていれば別です。

…というより、女性が目を閉じたときはほぼ見てしまいますね。

女性が目を閉じるしぐさには、色気を感じます。

キスシーンを連想するからとか、他にもいろいろ説はありますが。まとめるなら「男の本能」だと思いますね。

「ん〜、なんだったかな?」と思い返すときに目を閉じてみたり、

食事のときに「おいし〜!!」と言いながら目を閉じてみたりすると自然ですよ。

パチパチ閉じるでもなく、グッと力を入れて閉じるのでもなくて、キスをするように優しいイメージで2秒は閉じていて欲しいですね(男性からのお願い)。

 

9. 1回きりのボディタッチ

ボディタッチのポイントは、

  • やりすぎないこと
  • ソフトタッチであること

です。

 

頻繁にボディタッチをすると、

  • クセなのかな?
  • 誰にでもするんだろう?
  • なんだ、単なる男好きか…

と思われることもあるし、最近ではボディタッチされることが苦手な男性もいるようですからね。

まずは、相手に効果的なのかどうかを見極めてからの方がいいかもしれません。

試しに1回だけボディタッチしてみるといいですよ。

相手の名前を呼んで肩や腕を優しくポンとする程度でいいでしょう。

そのときの相手の表情をしっかり見て、イヤそうでないかを確かめてみてください。逆に嬉しそうだったら脈ありかもしれません。

ボディタッチをその1回きりにしておけば、タッチの印象は相手に強く残ります。

プラスに作用すれば「あのボディタッチは何だったのかな…」と気にかけてくれて、恋が始まるきっかけになるかもしれませんよ。

「おはよう!!」と明るく声をかけられながら背中をポンと軽く叩いて、「今日もがんばろうね」なんて言いながらサラッと通り過ぎるのもコツですね。

これぞ、あげまんタッチ炸裂です。

 

10. 優しすぎる笑顔

最後はやっぱりコレ。笑顔ですね。

ただ、力強く明るい笑顔である必要はありませんよ。

あくまでも「優しすぎる笑顔」がいいんです。

「優しすぎる笑顔」をつくるイメージは、

  • あなたのこと、もっと知りたいなぁ
  • あなたとずっとこうしてたいなぁ
  • 今、しあわせだなぁ
  • あなたといると居心地がいいなぁ
  • あなたに甘えたいなぁ

など、相手に関心を持ちながらの微笑です。

微笑なので、歯を見せる必要も口を開く必要もありません。

口角をほんの少しだけ自然に上げて、相手を優しく見つめればいいのです。

大切な思い出を思い返したときのように…

男は女性の優しすぎる笑顔にやられますね。ガチで上がる〜!!

 

まとめ)あげまん女性が無意識に行っている10の仕草

  1. 2秒以上見つめる
  2. 足を1回だけ組みかえる
  3. 髪をクロスでかきあげる
  4. おいしそうに食べる
  5. ヘアスタイルを3回変える
  6. 身だしなみを整えてあげる
  7. 服のすそをつかむ
  8. 2秒ほど目を閉じる
  9. 1回きりのボディタッチ
  10. 優しすぎる笑顔

ぜひ、あなたの仕草の一つに加えてみてくださいね。

スポンサーリンク


 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧