当サイト初の書籍化!詳しくはコチラ

魅力女子は男を上手に転がす!あなたは男を理解していますか?

今回は、男心を理解して上手に転がすコミュニケーションについて詳しく解説します。

理解を深めれば、カップルにとって悩ましい“男女のすれ違い”を予防できると思いますよ。

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

男女の違いを考えるのは間違っている!?

相手が男性か女性かでコミュニケーション方法を変えていかないと人間関係に問題が生じやすくなります。

  • 「みんな人間、男も女も関係ない」
  • 「男女で区別してレッテルを貼るのはおかしい」

もしかしたらそんなふうに感じた人もいるかもしれません。

しかし、男性と女性を同じであると理解するのは、現実に即した考え方ではありません。

あなた自身、本当は「脳の構造や認知機能(モノの見方や情報の受け取り方など)が男も女も同じである」とは思っていないはずです。

いずれにしても、本記事が「差別だ」「偏見だ」という内容では決してないという事を予めご理解下さい。

男女の違いを科学的に理解する

私生活や仕事の中で、男性と女性が全く同じ感覚を持つということは極めて稀なことです。

実際に女性が働く環境では、セクハラ、パワハラ、モラハラ、マタハラ(妊娠や出産を理由に退職を促されたり精神的な嫌がらせを受けたりするマタニティーハラスメント)などが社会問題になっています。

夫婦関係においては、スピード離婚や熟年離婚など、約3分間に1組のケースで離婚が発生しているのが実態です。

これらの男女問題は、“男性と女性にはコミュニケーション上においても性差がある”という事を物語っているのではないでしょうか。

大切なことなので繰り返しますが、男女の特性を理解するという事は「男だから、女だから」という差別的な意味を持つ話ではありません。

コミュニケーションの目的は、男女でここまで違う!

男性にとってのコミュニケーションは、主に『目的を達成させる為の手段』である傾向が強いです。

  • 意見を交わすことで問題点を明確にしようとする
  • 信頼関係を築くことで交渉を優位に進めようとする
  • 相談されたら的確な助言をしようとする(相談したら的確な助言が欲しい)

このように目的を達成させるためにコミュニケーションをとるのが男性の特徴です。

一方、女性にとっては『自分が話をすること、コミュニケーションの場にいること自体も喜び』になっています。

コミュニケーションの目的が明確でないことが多く、ただ話を共有・共感するためだけにコミュニケーションをとるのが女性の特徴とも言えます。

コミュニケーションにおいて女性が特に重視している(価値を置いている)のは、人との関わりによる心の共有です。

そのため、コミュニケーションに目的達成を求める男性からすると、女性の会話に対して『論点が不明瞭、曖昧な表現が多い、いきなり話が飛ぶ、結論が見えない、目的がわからない、時間がもったいない』などといった不満を感じてしまうことが多いのです。

しかし、女性は男性のようにそこまでコミュニケーションに合理性を求めない傾向があります。なぜなら、多くの女性は『損得でコミュニケーションをしていない』から。ただ感情の赴くままに話をして、それだけで心が満たされる傾向があるからです。

さて、男性と女性の特性の違いについて理解が深まってきましたね!次は、実際に『その差を埋めるためのポイント』についてお伝えします。

男女のすれ違いをなくすには?

男女のすれ違いをなくすためのポイントは次の2点です。

  • 「ただ聞いて欲しいだけ」「あなたの助言は必要ない」という印象を与えないこと。(※態度、言葉や表情などにも注意)
  • 「解決できそう」「私にはなかったアイデアをありがとう」などと伝え、会話に求める男性の目的を達成させること。

男性とのコミュニケーションでは、男性が会話に求める目的を正しく理解しておくことが大切です。

「あなたとの会話には価値がある」「あなたと話せて良かった」という“男性が欲しがっているものを言葉や態度で示す”だけでも、男女間のコミュニケーションによるすれ違いはグッと減るはずですよ。