婚活疲れだった友達がめっちゃ素敵な男性と結婚して羨ましい。

婚活疲れだった友達がめっちゃ素敵な男性と結婚して羨ましい。

今回は、『恋活・婚活がうまくいく方法』についてお話したいと思います。

 

大森篤志

 

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

婚活疲れだった私の女性友達が、男の私から見ても素敵だと強く思う男性と結婚しました。彼女はどうやって婚活を成功させたのでしょうか。

 

恋活・婚活を終焉に向かわせてしまう考え方。

恋活や婚活は必死になるものではなく、楽しむものです。リラックスして恋活・婚活を心から楽しんでいる女性達は、サラッと素敵な結婚相手を見つけていくものです。

成功の秘訣は、「もっとテキトーに」恋活・婚活すること。頑張りすぎてはいけません、まずは肩の力を抜いて楽しみましょう。

恋活・婚活がうまくいかない女性の多くは「ある考え」に縛られているものです。

女性A
もっと自分の容姿を美しく磨くべきだ。それが成就の秘訣に違いない。
女性B
最初は控え目に振る舞うべきだ。女性らしく。

こんなふうに「〜するべきだ」「〜に違いない」という物事を決めつけてしまう制限的な考えに縛られているのです。

決めつけの思考は恋活や婚活を終焉に向かわせます。同時にあなたを疲弊させます。例えば、「男は経済力!」と決めつけていると、初デートで食事がワリカンだった時に「女にお金を払わせるなんて、最低ね!」と相手の事情を汲み取るよりも怒りが先に立つものです。

相手男性がそこそこの経済的自由人(経営者など)である場合、お金目当てで近付いて来る女性を嫌います。そのため、1回目のデートでは「あえてワリカンにする」という男性もいます。収入や肩書きに関係なく、一人の男性として誠実に関わってくれるのかを見ているのです。

相手がそういう男性であれば、ワリカンに不機嫌そうな表情を浮かべた女性とはその後の関係を築くことはありません。つまり、ここで恋活・婚活の終焉となります。

他にも、「気に入った女性にはマメになる。それが男でしょ!」と決めつけていると、いざマメに連絡を貰えなかったりすると「きっと私のことなんて何とも思ってないんだわ」と落ち込んだりするのです。疲れちゃいますよね。

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧