当サイト初の書籍化!詳しくはコチラ

【男心をつかむ!!】男が飛んで喜ぶ「褒め言葉」3つ。

今回は、「男が飛んで喜ぶ褒め言葉」を3つご紹介します。

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

男心をつかむ①: 「地頭」

男性の能力を高く評価する時は、「地頭がいいですからね」というフレーズを使ってみましょう。

「地頭」という言葉は、勉強ができる事とは別の意味で「頭の回転が早い」「先天性の頭のキレの良さ」などの意味で使われています。

単に「頭がいいね」と言うよりも「地頭がいいですね」と言ったほうが、男性の心に深く響きます。

特に「○○さんは地頭がいいですからね」と名指しで言われると“仕事がデキル男”であることを認められたと受け取り飛んで喜びますよ。

男心をつかむ②: 「水際立つ」

男性の見事な仕事ぶり、活躍ぶりを褒める時は、「水際立っていますよね」というフレーズを使ってみましょう。

「水際立つ」とは、『他と比べて鮮やかさが際立っていること』を意味します。

「際立つ」という言葉に「水」を付け加えることで、より“みずみずしい”印象を与えていますよね。

○○さんは水際立ったご活躍ですね!
○○さんの仕事ぶりは水際立ったものでしたよ。

などと使うといいでしょう。

女性が「水」という清らかな言葉を使うことで『女性らしさ』も同時に演出できますよ。

男心をつかむ③:「奇才」

生まれもって才能に秀でているような男性には、「奇才ですね」というフレーズを使ってみましょう。

「奇才」とは、『世にまれな、優れた才能』を意味します。

「天才」と言うと大げさな上に少々軽く聞こえがちですが、「奇才」と言うと重みが増します。

「○○さんは、一種の奇才です」などと使うといいですよ。

同じような言葉に「天才、偉才、鬼才、秀才」などがありますが、

  • 「天才」生まれつき備わっている優れた才能
  • 「偉才」人並みはずれた才能
  • 「鬼才」非凡で人間とは思われないほどの才能
  • 「秀才」学識、才芸などに優れた才能

と、使い方を大きく分けるほどの意味の違いはありません。

その点「奇才」は相手をオンリーワンにできる要素が大きいため、最上級の褒め言葉だと受け取ってもらいやすいのです。

特に男性は「あなただけ」というメッセージに弱い生き物ですから。

まとめ

  1. 「地頭がいいですからね」
  2. 「水際立っていますよね」
  3. 「奇才ですね」

今回ご紹介した褒め言葉も、女性が知っていて損をすることはありません。

時には言葉の変化球で男を転がしてみてはいかがでしょうか。