【男心をつかむ!!】男が飛んで喜ぶ「褒め言葉」3つ。

【男心をつかむ!!】男が飛んで喜ぶ「褒め言葉」3つ。

 

こんにちは、ビーピーラボの大森篤志です。

大森篤志

今回は、「男が飛んで喜ぶ褒め言葉」を3つご紹介します。

 

男が飛んで喜ぶ褒め言葉:

  1. 「地頭がいいですからね」
  2. 「水際立っていますよね」
  3. 「奇才ですね」

 

男心をつかむ①: 褒め言葉に「地頭」を使え!!

相手の能力を高く評価するときに使うフレーズ。

それが「地頭がいいですからね」というフレーズです。

「地頭」とは、本来「素の頭(かつら等を用いない頭)」のことですが、現代では、勉強ができることとは別の意味で「頭の回転が早い」「先天性の頭のキレの良さ」などの意味で使われています。

単に「頭がいいね」と言うよりも「地頭がいい」と言った方が、相手は喜びますね。

特に男性は、「○○さんは地頭がいいですからね」と言われると「仕事がデキル男」だと受けとって飛んで喜びますよ♪

 

男心をつかむ②: 褒め言葉に「水際立つ」を使え!!

見事な仕事ぶり、活躍ぶりを褒めるときに使うフレーズ。

それが「水際立っていますよね」というフレーズです。

「水際立つ」とは、『他と比べて鮮やかさが際立っていること』を意味します。

「際立つ」という言葉に「水」を付け加えることで、よりみずみずしい印象を与えていますね。

  • 「○○さんは水際立ったご活躍ですね」
  • 「○○さんの仕事ぶりは水際立ったものでした」

などと使うといいでしょう。

女性が「水」という清らかな言葉を使うことで『女性らしさ』も同時に演出できますよ♪

 

男心をつかむ③:褒め言葉に「奇才」を使え!!

生まれもって才能に秀でているような相手に使うフレーズ。

それが「奇才ですね」というフレーズです。

「奇才」とは、『世にまれな、優れた才能』を意味します。

「天才」と言うと大げさな上に少々軽く聞こえがちですが、「奇才」と言うとズンと重みを増しますよね。

「○○さんは、一種の奇才です」などと使うといいですよ♪

 

同じような言葉に天才、偉才、鬼才、秀才などがありますが、

  • 「天才」→ 生まれつき備わっている優れた才能
  • 「偉才」→ 人並みはずれた才能
  • 「鬼才」→ 非凡で人間とは思われないほどの才能
  • 「秀才」→ 学識、才芸などに優れた才能

と、使い方を大きく分けるほどの意味の違いはありません。

ただ、「奇才」は相手を『オンリーワンにできる』ため、最上級の褒め言葉だと受け取ってもらいやすいです。

特に男性は「あなただけ」というメッセージにメチャクチャ弱いですから。

 

まとめ)男が飛んで喜ぶ褒め言葉

  1. 「地頭がいいですからね」
  2. 「水際立っていますよね」
  3. 「奇才ですね」

今回ご紹介した褒め言葉も、女性が知っていて損をすることはありません。

ときには、こういった変化球で男を転がしてみてはいかが?

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧