愛され女子はハズさない「また会いたい!!」と思わせる8つのポイント

愛され女子はハズさない「また会いたい!!」と思わせる8つのポイント

今回は、【相手に「また会いたい!」と思わせる8つのポイント】をご紹介したいと思います。

 

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

 

1. 相手の名前を効果的に使う。

★ )初級
「△△なのですね」
「△△なのですか?」
「△△でしたか」

→「会話に相手の名前を入れない」ところがマイナスポイント。


★★ )中級
○○さんは△△なのですね」
○○さんは△△なのですか?」
○○さんは△△でしたか」

→「会話に相手の名前を入れている」ところがプラスポイント。


★★★)上級
○○さんは△△なのですね、すごいです!」
「それはきっと、○○さんだからこそなのでしょうね」
「そうですか!○○さんは△△でしたか。さすがですね!」

→「会話に相手の名前を入れている&褒めちぎっている」ところが★3つ。


最上級の愛されポイントは2つ。

  1. 相手の名前を使う
  2. 相手を持ち上げる(褒める)

ですね。

 

相手の名前を会話の中ですぐに使える人は、自分で想像する以上に相手にいい印象を与えます。

でも、相手の名前を使うことだけに留まらず、相手を褒めたり、気持ちよくしたりして相手の名前を「より効果的に使える人」はもっと印象がいい♪

印象がグッと良くなると、相手の記憶に好印象として残るようになります。

名前を聞いたのに使わない、名前を知っているのに使わない。それではいつまでたっても相手の記憶には残りません。

「また会いたい!」と思ってもらえる人は、会話の中で相手の名前を効果的に使う人なのです。

2.「仕草(しぐさ)」に細心の注意をはらう。

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧