「結婚できない女」と「結婚できる女」の違い。男の立て方で決まる?

今回は、『結婚を遠ざけてしまう女性の特徴』についてお伝え致します。

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

多くの男性は、自慢の彼女を友人にお披露目したいと思っています。結婚を考えている彼女であれば尚更です。

一方、いざ彼の友人に紹介されたとしても、その席では、踏んではならない地雷があるんです!

それでは、その地雷を踏んでしまった具体例を2つご紹介しましょう。(※実話です)

決して持ち出してはいけない内輪話もある

背丈が全国平均以下で華奢な彼。

彼女が5センチ以上のヒールを履いてしまうと彼よりも背が高くなってしまいます。

そんな彼は、自分の容姿に少なからずコンプレックスを抱えていて、毎晩のように筋トレ、朝食後と夕食後にはプロテインを取り入れる努力をしています。

彼女と歩く時もスニーカーではなく、ソールの厚い革靴を履くようにして彼女との釣り合いに気を配っています。

彼女は、コンプレックスを明るく素直に話してくれる彼のことが好きで、そういった努力も純粋に応援していました。

そんなある時、彼女は彼の大学時代の友人たちとの集まりに誘われました。

初めて会う彼の友人たちに、最初は緊張していたものの、彼に似て皆いい人ばかり。ホッとして、心がオープンに…その時です。

彼、毎日プロテイン飲んでるの。あんまり変わってないけどね、フフフ。

なんと、彼との内輪話をサラリとお披露目してしまったのです。

隣にいた彼氏は、「ハハハ」と笑いながら気にしていない素振りを見せていますが、目は全く笑っていません。

「えっ?マジ?確かに昔っからガリガリだもんな〜」と友人達からもイジられてしまい、その日を境に彼が彼女を深く信用することはなくなったそうです。

結婚は「この人とだったら」という気持ちがあって成り立つもの

結婚へは、二人の間に信用・信頼がある前提で進めるものです。

きっと彼は、心から信用・信頼している彼女にだけ、自分のコンプレックスをあえてさらけ出したのでしょう。

今回のケースでは、そういう彼の気持ちを汲み取れなかったがゆえに、彼の心が離れていってしまう事態を招いたのです。

彼女だからといって、彼のコンプレックスやプライドをネタにしてはいけません。

「彼の親友を大切にする」という考えの落とし穴

彼の親友と波長が合う彼女でいてくれることは、彼にとっても嬉しいもの。しかし、それも『過ぎると逆効果』になりかねません。

彼氏
最近、○○(親友)が5年付き合っていた彼女と別れちゃってさ。今度一緒に食事する時お前も気を使ってあげてな。

 

彼からこんな前フリをされた1週間後。

彼と彼の親友と3人で食事をしました。

彼の親友だもんね。私も仲良くならなくっちゃ!

彼女は、そう意気込んで自分の立ち位置(食事の席でのスタンス)を決めていました。

そのスタンスとは、「元カノエピソード」や「別れてしまったきっかけ」など、彼の親友が話すことには真剣に耳を傾けること。つまり、彼の為にも彼の親友を元気づけてあげようと思っていたのです。

しかし!
気がつけば、彼をほったらかしにして彼の親友と二人だけの世界に入ってしまいました。

その結果、彼はつまらなさそうにしながら、枝豆をむさぼり食う時間だけが過ぎていきました。

きっと彼は、ヤキモチでもない何か別の感情を抱きながら「俺の存在って何なんだろう…」と思ったに違いありません。

彼が言う「気を使ってあげて」の真意とは?

彼女にしてみれば、彼の親友を気遣っていただけ。すべては彼のためを思ってした行動であることはよく考えればわかります。

しかし、彼が彼女に「気を使ってあげて」と言ったのは「なぐさめてあげてくれ」という意味ではなく、『余計なことは言わなくていい』『心遣いをして欲しい』ということです。

「彼と結婚できるかどうか?」は『彼が望むような男の立て方ができるか?』で決まってしまうのかもしれません。

「男を立てる」という行動は、彼にとってプラスになることであるべきです。

彼との結婚を掴みたい女性は、ぜひ「彼にとってプラスになるのか?」を考えながら彼を立てることを心がけて下さいね!