当サイト初の書籍化!詳しくはコチラ

【相談】転職して1ヶ月半、職場の女性上司との関係性に悩んでいます。

働く女性の無料相談・回答

相談:転職して1ヶ月半、職場の女性上司や先輩女性から歓迎されていないように感じている。早く信頼され歓迎される自分になりたい。

相談者:みやさん

転職して1ヶ月半になりますが、職場の女性上司との関係性に悩んでいます。

私は実の母親とも仲が良くないため(トラウマになっています)、女性上司との関係がうまくいかないのかもしれません。(女性上司は私が話しかければ返事を返してくれますし、挨拶も問題ないので無視されている訳では無いのですが・・・)

入社初日に女性の先輩2人、女性上司1人を含む4人でランチに行った時、そこでの雑談についていけず(答えられる質問には答えましたし、質問できることは質問しました)、大半は話を笑顔で聞いている状態でした。

その後、女性上司は私とあまり会話をしてくれなくなりました。業務上の質問は答えてくださりますが、例えばエレベータで会った時など、私から挨拶をしても不機嫌そうだったり、目を合わせてくれなかったりで会話になりません。別の場面で話しかけても、「はいっ。(終わり!)」といった感じに会話を切り上げられて雑談にはなりません。

いま最も悩んでいるのは、私の仕事で必要なシステム申請や、私の成果物のチェック・管理などが彼女(女性上司)の仕事なのに何もせず放置されていた事実を知ったことです。

それを見かねた男性社員の先輩が、システム申請を手伝ってくださいました。その日はチェックを頼みに行っても忙しいからと断られ、その二日後に別の男性の先輩がやってくださいました。

話しかけると笑顔で対応してくださりますが、私に関わる仕事を全くしてくださらず、普段も会話はない状態でとても違和感があります。

最初のランチでコケてしまい、かつスローな感じの私が悪いのかもしれませんが、仕事に支障があるのは困っています。

彼女(女性上司)に相談しても男性社員の先輩に私の世話をするよう振るため、私もその男性社員の先輩方に頼りきってしまい、それも良くないように感じています。

ランチもチームの女性の誰にも誘われないため、男性社員の先輩が声をかけてくださいます。誘われると断り難いため行くのですが、それも他の女性たちがどう思っているのか気になってしまいます。

また、転職して一ヶ月が経過した時に私の歓迎会をしてくださったのですが、女性4人のうち3人(女性上司は母親との予定が急に入ったとのことで)来ずドタキャンされており、私は歓迎されていないのだなと悲しくなりました。

私は今まで5回ほど転職しており、それらどの職場でも女性の教育係の人に嫌われて、粗探しをされたり、ミスの濡れ衣を被せられたりしました。

私が実母と仲が良くないため、人生においてあまり女性に良い思い出がありません。それがトラウマになっています。今回も教育係の彼女や取り巻きの女性陣が怖いと思いながらも、どうにか笑顔で挨拶や雑談ができるように心がけている状態です。

女性にのみウケが悪いのは私がゆっくりしてしまっているからなのでしょうか。私は、おそらくそうだろうと思っています。

今は試用期間中で、私や仕事のクオリティがある程度の水準を保たないと仲間として認められないため、それを一生懸命にこなす日々です。

職場の居心地を少しでも良くし、信頼されてチーム内でも歓迎される自分になりたいです。私に何が出来るのか、お知恵を貸して頂けないでしょうか。

(***ご相談内容は一部編集しております***)

(本記事は、当サイト「働く女性無料相談窓口」より、働く女性から寄せられたご相談にお答えする内容となっております。)

回答者:一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長 大森篤志

こんにちは、大森篤志です。みやさん、ご相談ありがとうございます!

大森篤志

それでは、回答させて頂きますね。

はじめに

転職先の女性上司との会話がほとんどなく、実際にサポートされていなかった事実を知ったり、歓迎会を欠席されたりして、自分は嫌われているのではないか、歓迎されていないのではないかと感じている。また、実の母親との不仲がトラウマになっており、女性のみにウケが悪いのは自分がスローだからでもあると思っているのですね。

5回の転職や、その先々で教育係の女性に嫌われてしまうという経験が続いていることもあり、自分の性格を責めやすくなっていたり、自分の対応に自信がなくなって行動が制限されているようにも見受けられます。

加えて、先輩や上司への怒りや不信があるかもしれません。しかし、自分や彼女たちを責めても何も解決しませんよね。感情エネルギーは正しく使いましょう。本回答がその助けになれば嬉しいです。

現状を客観的に整理してみる

まず、問題を正しく把握するために、改めて現状を整理してみましょう。

先輩女性2人と女性上司1人の合計4人で行った入社初日のランチは「これからよろしく」「頑張りましょうね」という顔合わせや始まりの挨拶をする意図があって誘われたと考えるのが自然ですが、そのあたりをどう捉えていますでしょうか?

もしその意味合いが強い場合は、入社一ヶ月後に開催された歓迎会に対しては「私たちは初日に歓迎会しているので…」という気持ちが彼女たち(欠席された方々)にあった可能性もあります。

女性上司が歓迎会を欠席した理由に「母親絡みの急な予定」というのがありましたが、それも介護や通院の付き添いなど本当に緊急性の高い用事が入ったのかもしれません。もちろんその真相はわかりませんが、真実を確認できない場合はいたずらに悪い方へ考えるのは賢明ではありません。むしろ余計に混乱を招くだけです。

それと、みやさんは自分がスローであることを気にされているようですが、それも気にしすぎてはいけません。

先輩女性や女性上司が今の仕事内容をみやさんよりも深く理解し、対応能力があり処理速度も早いのは当たり前のことです。初日のランチで先輩たちや上司がみやさんがわかりにくい話題を選んだことについてはどうかと思いますが、可能な限りの対応はできたのですから(初日なのですから十分ですよ)、それで「コケた、ダメな奴と思われた」などとマイナスに思考を飛躍させないで下さいね。

また、仕事中の雑談を好まない上司はかなり多いものです。女性上司が会話を切り上げるような言い方になるのは、無駄口はNGというメッセージを新人であるみやさんに伝えるためかもしれませんし、本当に時間がなかっただけかもしれません。

あるいは、他に優先順位の高い仕事に取りかからなければならず急いでいた可能性もあるでしょう。上からの指示や業務に関わる重要なことを考えていた場合は、エレベーターで部下に挨拶されても素っ気ない対応になってしまう上司は珍しくありません。その光景は、上司に嫌われていると思い込んでいる部下から見れば「不機嫌そう」「目も合わせてくれない」「やっぱり嫌われている」という態度にしか見えないでしょう。

いずれにしても、みやさんがスローだから、みやさんを歓迎していないから、という理由で会話を避けられていると決めつけてしまうのは時期尚早ではないでしょうか。

自分が持っているものを整理する

次に、5回の転職でみやさんが身に付けてきたものを整理してみて下さい。5回の転職経験から得られたものは整理してみると結構あるものですよ。

具体的には、今度の休日の午前中を使って『職務経歴書』を書いてみるのがオススメです。(※コンビニなどで購入できる市販の職務経歴書でOKです)

これまでどのような業務を経験してきたか、学習・訓練歴、取得した免許・資格、上司に褒められたこと、同僚に感謝されたこと、他者から頼られたこと、得意なこと、夢中になれたこと等も反映させながら作成してみて下さい。

その上で、「自分に出来ること」や「強み」について考えてみましょう。自分が持ち合わせているものを意識しながら完成させた職務経歴書は、失いかけていた自信を取り戻す助けになるはずです。

これからどうするか

「職場の居心地を少しでも良くし、信頼されてチーム内でも歓迎される自分になりたい」というみやさんの言葉には感動しました。

そうです、その意気です。その気持ちを持ち続けることができれば必ず『なりたい自分になれる』でしょう。

転職して1ヶ月半のみやさんがするべきことはただ一つ。“仕事を覚え、結果を出す”ことです。

女性上司との会話に雑談は求めず(男性の先輩に対しても同様)、なるべく必要最低限の質問をすること。また、自分が早く仕事を覚え、結果を出すために必要な質問を心がけて下さい。

入社したての新人が口ばかり動かして手が動いていないのを見て快く思う先輩・上司はいません。無駄口を叩かずに一生懸命に取り組む姿勢を示すことが周囲からの信頼を得ていく上で今はとても重要です。

わからないこと、聞きたいことはノートにまとめてそれが3つたまったら質問しに行くなど、聞き過ぎに配慮すると良い印象を与えられますよ。

個別相談

マンツーマン制の個別相談も承っております。仕事のこと、恋愛のこと、家庭のこと、まとめてご相談いただけます。

 

女性専門のお悩み相談窓口、個別相談の詳細はコチラへどうぞ。