2ページ目:【恋愛相談】彼と復縁したい!たまにLINEを送ってもいい?

大森篤志からの回答内容

ハートheart

別れたものの、彼への未練が絶ち切れずにいるのですね。復縁したい気持ちが強まっているようですが、その気持ちは一旦横に置き、改めて状況を整理することから始めてみましょう。

別れの原因をハッキリさせる

Questionmark

まず、別れの原因は何だったのでしょうか?

例えば、”彼は今とても忙しい時期”のようですが、そういう状況の時に、もしわかなさんが「会いたい!会いたい!」と執拗に彼を求めてしまったのだとしたら、彼に「自分勝手な女だなあ…」「相手の気持ちを理解できない人なのだろう」と思われてしまったとしても不思議ではありません。

あるいは、物理的に”距離が少し離れている”ようですが、それゆえ遠距離恋愛にありがちな(接触頻度が低くなり気持ちが維持しにくい、それぞれの今ココでの出来事を優先しやすい 等)の傾向が表れたのかもしれません。

上述した例はあくまでも参考でしかありませんので、改めてわかなさんなりに二人の状況を振り返り、別れの原因をハッキリさせてみて下さい。

なぜ別れの原因を理解する必要があるのかと言いますと、もし仮に、彼にとっての別れの理由が「わかなさんが会いたい!会いたい!うるさいこと」だったとしたら、彼が忙しい今のタイミングでLINEを送ることは逆効果にしかならないからです。

別れの原因を正確に理解していないと、同じ過ちを繰り返しやすくなり、復縁はおろか絶縁の関係になりかねません。絶縁関係になってしまったら復縁は絶望的と思ったほうがいいでしょう。

復縁するために何をするべきか、その答えは『別れの原因にある』のです。

ハートheart

そしてもう一つ大事な点をお伝えしておきます。

復縁するために何をするべきかを考え始めると、”すること”ばかりに目が向きがちですが、最も重要なのは、実は『何をしないか』ということだったりするんですよ。

せっかくですから、この機会に元カレと復縁するために、してはいけないコト』についてもお伝えしておきましょう。

してはいけないコト。それは「依存」

意に反して大好きだった彼と別れることになった時、女性はどうしても”その彼(元彼)”に対して大きく依存しやすくなります。

街で幸せそうなカップルを見ると元彼にメールやLINEをしたい衝動に駆られたり、夜になると無性に元彼の声を聞きたくなったりする。違いますか?

元彼に対する愛情が深いほど、その依存度は大きくなります。でも、それは何も特別なことではありません。大好きな彼にフラれた女性の多くに起こる”ごく普通”のことです。

そもそも依存という状態は、相手との「愛情の温度差」が大きいほど表面化しやすくなる傾向があります。(その理由を後述します)

お互いが勢い良く愛し合っている時期(付き合い当初のラブラブ期など)であれば、二人の間に依存という状態があっても見えにくくなります。

例えば、実際はわかなさんの方が相手に大きく依存していたとしても、「今すぐ会いたい!」と無理を言ってばかりいても、ラブラブ期には相手がわかなさんの依存性に気づくことはあまりありません。

なぜなら、相手もわかなさんの愛情を喜んで受け入れている状態(二人の愛情バランスがとれている状態)にあるからです。

しかし、別れてしまえば二人の愛情バランスは崩れてしまいます。実際、今のお二人には「私自身は彼のことがまだ好きで、だけど彼にはもう好かれていなくて…」と言うわかなさんの言葉通りの温度差がありますよね。その温度差を埋めようと、わかなさんを依存に駆り立ててしまうのです。

我慢するのではなく、演じてみる

わかなさんが元彼との復縁を本気で望むなら、これからお伝えするポイントをハズしてはいけません。

元彼は今、わかなさんに対する愛情が”かなり薄れている状態”です。その一方でわかなさんは今、元彼に対する気持ちが「以前にも増して」大きくなっている状態です。

このような状態のわかなさんが「声が聞きたい」「連絡を取り合いたい」と元彼に依存してしまうと、元彼はわかなさんを「重い」「ウザイ」と感じ、もっとわかなさんから逃げたくなります。結果的に復縁の可能性が格段に低くなることは言うまでもありません。

言う、発言

復縁の可能性を高めるためには、わかなさんの「元彼に対する依存性を払拭する(依存しない女を演じる)」ことが今は大事です。依存度を強く感じる女性に男性が振り向くことはありません。ここは賢明になって、『依存しない女』を目指してみてはいかがでしょうか。

「元彼のことが頭から離れないし、完全に依存しないなんて無理!」と思うかもしれませんが、そう難しく考えないで下さい。決して「依存するな」とは言いません。あくまでも、時が来るまで「依存しない女を演じきればいい」のです。

そのファーストステップは、「元彼との連絡を最低3ヶ月以上は絶つ」ことです。より復縁の可能性を高めたいのなら「半年間」は元彼との連絡を絶つ必要があります。連絡を絶つと決めてキッパリと。

我慢するのではなく、期間限定で演じてみましょう。

「元彼中心の考え」から離れてみる

復縁の可能性を高めたいのなら、元彼との連絡は時が来るまで(彼が「わかなさんと付き合っていた頃は良かったなあ、楽しかったなあ」という気持ちになり過去が美化されるまで)キッパリと絶つことが最大のポイントです。

「元彼のことが頭から離れない」「元彼のことばかり考えてしまう」という状態にあると難しく感じるかもしれませんが、意識的に元彼から自立するよう心がけて3ヶ月、6ヶ月と経過する頃には、次第に元彼のことを考えない時間も出てくるようになるはずですよ。

正直なところ、時間が解決してくれる部分も往々にしてあります。

わかなさんの「好き」は元彼だけではないはずです。好きな趣味を楽しんだり、好きな友人とランチしたり、元彼以外のわかなさんの「好き」を生活の中に積極的に取り入れて、元彼中心の考えから離れていく…。

そうしているうちに、元彼との復縁を求めなくなり、新しい出会いを求める自分に気づく場合もあるでしょう。復縁する・しないにせよ、わかなさんご自身が納得感を持ってより良い選択ができるようになると思いますよ。

大森
マンツーマン制の個別相談も承っております。「男性の恋愛心理と行動に詳しい専門家にこっそり悩み相談がしたい!」という方は『働く女性のお悩み相談窓口』をご利用下さいませ。
スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧