【メンタルヘルス・マネジメント検定試験】詳しい情報まとめ

【メンタルヘルス・マネジメント検定試験】詳しい情報まとめ

 

今回は、『メンタルヘルス・マネジメント検定』について詳しく解説致します。

 

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

本記事は、次のような方たちに特に役立つ内容となっております。

  • メンタルヘルス・マネジメントの資格取得を本気で目指している人
  • メンタルヘルス・マネジメントの詳しい情報を集めている興味段階の人
  • 「自分が『人事労務管理に関する仕事』に向いているのか知りたい!」という人

本記事があなたの『メンタルヘルス・マネジメント』に対する不安や疑問を解消させる一助になれば幸いです。

記事の後半では、「あなたが『人事労務管理に関する仕事』に向いているのか?」を自己診断出来るようになっていますのでぜひ最後までチェックしてみて下さいね。

 

【資格・検定の概要】

メンタルヘルス・マネジメント検定は、職場で必要なメンタルヘルスケアの知識や対処法を習得することが出来る検定試験です。

働く人々のメンタル不調を未然に防ぎ、活力ある職場づくりを目指す上で、非常に重要な知識とスキルを学ぶことが出来ます。

検定試験のコースは次の3つです。

  • Ⅰ種(マスターコース)
    (1)企業経営におけるメンタルヘルス対策の意義と重要性
    (2)メンタルヘルスケアの活動領域と人事労務部門の役割
    (3)ストレスおよびメンタルヘルスに関する基礎知識
    (4)人事労務管理スタッフに求められる能力
    (5)メンタルヘルスケアに関する方針と計画
    (6)産業保健スタッフ等の活用による心の健康管理の推進
    (7)相談体制の確立
    (8)教育研修
    (9)職場環境等の改善
  • Ⅱ種(ラインケアコース)
    (1)メンタルヘルスケアの意義と管理監督者の役割
    (2)ストレスおよびメンタルヘルスに関する基礎知識
    (3)職場環境等の評価および改善の方法
    (4)個々の労働者への配慮
    (5)労働者からの相談の方法(話の聴き方、情報提供および助言の方法等)
    (6)社内外資源との連携
    (7)心の健康問題をもつ復職者への支援の方法
  • Ⅲ種(セルフケアコース)
    (1)メンタルヘルスケアの意義
    (2)ストレスおよびメンタルヘルスに関する基礎知識
    (3)セルフケアの重要性
    (4)ストレスへの気づき方
    (5)ストレスへの対処、軽減の方法

仕事上の不安や悩みを抱えてストレスにさらされている人は非常に多く、休職や離職する人も増加傾向にあります。同時に、その課題を解決させようと、企業側のメンタルヘルス対策への意識も向上してきています。

メンタルヘルスに関する知識は、今や全てのビジネスパーソンに必要不可欠なものと言えるでしょう。

【受験資格】

特に制限はございません。

【試験内容】

大阪商工会議所編の公式テキストの内容を基本とした応用問題等。テキストを参考に独学で試験に臨むことも、大阪商工会議所の対策講座等を受講することも可能です。

  • Ⅰ種(マスターコース)
    (1)企業経営におけるメンタルヘルス対策の意義と重要性
    (2)メンタルヘルスケアの活動領域と人事労務部門の役割
    (3)ストレスおよびメンタルヘルスに関する基礎知識
    (4)人事労務管理スタッフに求められる能力
    (5)メンタルヘルスケアに関する方針と計画
    (6)産業保健スタッフ等の活用による心の健康管理の推進
    (7)相談体制の確立
    (8)教育研修
    (9)職場環境等の改善
  • Ⅱ種(ラインケアコース)
    (1)メンタルヘルスケアの意義と管理監督者の役割
    (2)ストレスおよびメンタルヘルスに関する基礎知識
    (3)職場環境等の評価および改善の方法
    (4)個々の労働者への配慮
    (5)労働者からの相談の方法(話の聴き方、情報提供および助言の方法等)
    (6)社内外資源との連携
    (7)心の健康問題をもつ復職者への支援の方法
  • Ⅲ種(セルフケアコース)
    (1)メンタルヘルスケアの意義
    (2)ストレスおよびメンタルヘルスに関する基礎知識
    (3)セルフケアの重要性
    (4)ストレスへの気づき方
    (5)ストレスへの対処、軽減の方法

問題構成・時間・配点・合格基準

  • Ⅰ種(マスターコース)
    選択問題:2時間(100点満点)
    論述問題:1時間(50点満点)
    合格基準:選択・論述の合計得点が105点以上。但し、論述問題の得点が25点以上。
  • Ⅱ種(ラインケアコース)
    選択問題:2時間(100点満点)
    合格基準:70点以上の得点
  • Ⅲ種(セルフケアコース)
    選択問題:2時間(100点満点)
    合格基準:70点以上の得点

【合格率】※第21回試験結果(2016年11月実施)

  • Ⅰ種(マスターコース)
    18.3%
  • Ⅱ種(ラインケアコース)
    49.3%
  • Ⅲ種(セルフケアコース)
    78.1%

【試験時期】

例年11月、3月(年2回、*但し「Ⅰ種は11月のみ」)

【受験料】

  • Ⅰ種(マスターコース)
    10,000円(税抜)
  • Ⅱ種(ラインケアコース)
    6,000円(税抜)
  • Ⅲ種(セルフケアコース)
    4,000円(税抜)

※上記の各種情報は変更される場合があります。最新の詳細情報は「メンタルヘルス・マネジメント検定試験センター」までご確認下さい。

こんな女性は、「人事労務管理の仕事」に向いている!(適職診断)

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

この記事に付けられたタグ