働く女性の『毛筆書写技能検定』書道教室で独立も可能。

働く女性の『毛筆書写技能検定』書道教室で独立も可能。

 

『毛筆書写技能検定』について詳しく解説していきます。

 

大森篤志
こんにちは、BP.Labo(ビーピーラボ)の大森篤志です。

本記事は、次のような方たちに特に役立つ内容となっております。

  • 毛筆書写技能検定の合格を本気で目指している人
  • 毛筆書写技能検定に関する詳しい情報を集めている興味段階の人
  • 「自分が『毛筆書写技能を活かす仕事(企業・官公庁・結婚式場などの外部専門スタッフ、書道講師・教室運営など)』に向いているのか知りたい!」という人

本記事があなたの『毛筆書写技能検定』に対する不安や疑問を解消させる一助になれば幸いです。

記事の後半では、「あなたが『毛筆書写技能を活かす仕事』に向いているのか?」を自己診断出来るようになっていますのでぜひ最後までチェックしてみて下さいね。

 

【資格・検定の概要】

毛筆書写技能検定は、文部科学省後援の検定試験です。そのため、合格すると「毛筆書写力の知識や技能が公的に認められた」ことになります。

パソコン等の普及により、最近では筆を使う機会が少なくなってきているものの、あらたまった場面ではまだまだ「毛筆が断然良し」とされます。特に冠婚葬祭、年賀状や挨拶状を書く時には抜群の好印象を与えます。時代がどんなにハイテクになろうとも、毛筆書写の技術は日本文化の一つとして残っていくことでしょう。

検定試験は「5級、4級、3級、2級、準1級、1級」の全部で6段階。企業、官公庁、結婚式場などの外部専門スタッフとして活躍するなら2級以上、個人で書道教室を開くことを考えているなら1級を取得しておくといいでしょう。

美しく正確に文字を書ける技能は、どのような職種においても重宝されるもの。きっと、就職や転職の際に採用者の目に止まる資格になるでしょう。字を書くことが好きな人、心を込めて物事に取り組みたい人にはぜひおすすめしたい資格ですね。

 

【受験資格】

特に制限はございません。(自分の実力に応じて6つの級から自由に選ぶ事が可)

【取得までの期間と費用】

  • 期間:6ヶ月間〜
  • 費用:5,000円〜(書道教室などに通学した場合の平均月謝費用)

【各級詳細(試験内容・時期、合格率、受験料)】

  • 5級
    試験内容)楷書ひらがな・カタカナ等の初歩的な技術及び知識
    合格率)94.4%
    試験時期)例年6月、11月、2月
    受験料)1,300円
  • 4級
    試験内容)楷書ひらがな・カタカナなど毛筆書写の基礎的な技術及び知識
    合格率)88.9%
    試験時期)例年6月、11月、2月
    受験料)1,600円
  • 3級
    試験内容)行書など毛筆書写の一般的な技術及び知識
    合格率)73.1%
    試験時期)例年6月、11月、2月
    受験料)2,600円
  • 2級
    試験内容)行書など毛筆書写の専門的な技術及び知識
    合格率)45.9%
    試験時期)例年6月、11月、2月
    受験料)3,600円
  • 準1級
    試験内容)草書など毛筆書写の専門的な技術及び知識
    合格率)20.8%
    試験時期)例年6月、11月、2月
    受験料)5,000円
  • 1級
    試験内容)草書など毛筆書写の高度な専門的技術及び知識
    合格率)11.2%
    試験時期)例年6月、11月、2月
    受験料)6,000円

※合格率は2014年度のものです。また、受験料は変更になる場合があります。最新情報は「一般社団法人日本書写技能検定協会」までご確認下さい。

こんな女性は「毛筆書写技能を活かす仕事」に向いている!(適職診断)

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧