【お局様いじめ予防対策】お局様が後輩をいじめる原因。

【お局様いじめ予防対策】お局様は後輩をいじめる原因。

 

どうしてお局様は後輩をいじめるのでしょうか。

 

大森篤志

 

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

 

どうしてお局様は後輩をいじめるのか

早速ですが、「どうしてお局様は後輩をいじめるのか」お伝え致しましょう。

それは、ズバリ!
『お局様自身の自尊心を高めるため』です。

例えば、「後輩の言動が気に入らない」などのストレス、「後輩の若さや能力」に対する嫉妬、「時代についていけていない」という焦りなど、様々な不安や劣等感を『後輩いじめという方法で解消させようとしている』と言ったほうがわかりやすいかもしれません。

どんなに威圧的なお局様でも、実は『後輩の存在によって自信をなくし、その不安を吐き出している』という見方をすれば、お局様のことを「生まれつきの悪人ではない」と思えてくるのではないでしょうか。

お局様に対して、頭ごなしに「嫌い、苦手、憎い!」などの考えを持ってしまうと、お局様との関係は悪化するばかりです。

今よりも職場で快適に過ごすことを望むなら、まずはお局様を色眼鏡で見ないようにしましょう。無理に「いい人だ」と思い込めとは言いませんが、せめて『生まれつきの悪人ではない』という前提でいて下さい。(笑)

 

いじめられる後輩にも一因がある可能性はゼロではない

実際、お局様のいじめに悩まれるご相談者様の多くが「どうして私ばかりいじめられるのかわかりません」とおっしゃいます。

しかし、よくよくお話を伺っていくと『いじめられるご本人にも一因があった』というケースは少なくありません。

そもそも、人の心理には『返報性』というルールが働いています。

Key-icon

返報性とは「自分が相手に与えた感情と同じものが相手から返ってくる」というもの。『好意には好意が、敵意には敵意が』返ってくるのです。

その人間心理のルールに則れば、実は「後輩のほうが先にお局様を敬遠していた」という可能性も捨て切れません。後輩の言動に敏感なお局様がいち早くそのことに気づき、返報性のルールに則って後輩を敬遠するようないじめを行ったのかもしれません。

もちろん、後輩がお局様に「先輩が苦手です」と言ったわけではないでしょう。しかし、感情というものは『言わなくても伝わるもの』です。

例えば、お局様と初めて顔をあわせた時に「緊張して眉間にシワがよっていた」とか、お局様に用事を頼まれた時に「口ではハイと言いながらも嫌そうな表情をしていた」とか、お局様にあいさつされたことに気づかず「スルーしてしまった」とか。

たとえ後輩に悪気がなく全てが誤解であったとしても、その誤解を解かない限り「永久にお局様の中では『あの後輩はイヤな感じ』というのが真実」であり続けるでしょう。

いずれにせよ、お局様の心理を理解した後は、自分自身の言動も振り返ってみて下さい。

お局様だけでなく自分自身にも目を向けてみると、お局様に対する拒絶反応が緩和されるものですよ。いじめられていない人にとっては「予防対策」にもなるはずです。

それでは、次のページで具体的なお局様対策をチェックしていきましょう!

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ