相手に嫌な感じを与えない!【貸したモノを確実に返してもらう方法】

相手に嫌な感じを与えない!【貸したモノを確実に返してもらう方法】

今回は、『貸した相手を傷つけない催促の仕方』についてお伝え致します。

 

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

「貸したモノがなかなか返ってこない」という経験をしたことはありませんか?

人に貸した本(漫画・小説・ビジネス書など)やカメラ、DVDやCD等がなかなか返ってこない。貸したモノが返ってこない期間が長いほど催促できなくなってしまうのが人間心理です。結局は「貸しっぱなし」の状態で時が過ぎ、結局「泣き寝入り」ということも珍しくありません。

そこで今回は、もう少しテーマを具体的に『相手に嫌な感じを与えずに、かつ確実に返してもらう方法』をお伝えしていきたいと思います。

 

「返して!」とストレートに言えない理由

人に返却を催促するというのは、意外と気を使うものです。

 

あなた
前に貸した漫画なんだけど、そろそろ返してもらっていい?

 

このような催促の言い方は、普通に考えれば「貸したものを返してもらう」だけなのだから、正論ですし、何も悪いことはありません。

とはいえ、ストレートに「返して」と言うと何だか取り立てを迫るようで気が進みませんし、「感じ悪いと思われてしまうのではないか?」などと要らぬ心配をしてはなかなか切り出せないことが多いものです。

ストレートに「返して」と言えないのは、どこかに『相手との仲をギクシャクさせたくない』という思いがあるからでしょう。

しかし、貸したこちらの気遣いが借りた相手に届くことは少ないもの。貸した相手が借りたことをすっかり忘れていたり、そもそも返そうという気が全くないような場合は、多少強く催促しないと永久に自分の手元に戻ってこないかもしれません。

では、一体どのような催促の仕方(言い方)がベストなのでしょうか?

 

『相手に嫌な感じを与えずに、かつ確実に返してもらう方法』とは?

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧