接客で「正しい」と思って使っている『本当はダメな言葉』3つ。

接客で「正しい」と思って使っている『本当はダメな言葉』3つ。

 

こんにちは、ビーピーラボの大森篤志です。

大森篤志

 

今回は、『接客で正しいと思って使っている”本当はダメな言葉”』を3つご紹介します。接客業の方必見ですよ!

この3つは「意外!」と思う人も多いのでは?

 

接客で「正しい」と思って使っている『本当はダメな言葉』

  1. 「こちらがメニューになります」
  2. 「1万円からお預かり致します」
  3. 「よろしかったでしょうか?」

 

接客で「正しい」と思って使っている『本当はダメな言葉』①

お客様にメニューを渡すときに、正しいと思って使っている言葉。

それが「こちらがメニューになります」というフレーズです。

 

他にも、商品を提供する際に「こちらがコーヒーになります」などと言っている方もいるでしょう。

でも、「なります」という言い方はおかしいのです。

 

本来「○○になります」というのは、「○○が○○になります」というように使うもの。

そのモノの状態が変わったり、時間が経過したときに使う言葉です。

正しくは「こちらがメニューでございます」「こちらがメニューです」という表現ですね。

 

接客で「正しい」と思って使っている『本当はダメな言葉』②

お客様からお金を受け取る際に、正しいと思って使っている言葉。

それが「1万円からお預かり致します」というフレーズです。

 

本来「○○から」というのは、「あちらの方角から」や「明日から」など、

方角や場所、開始時間などを表すのに使う言葉です。

 

ですから、「1万円からお預かり致します」という言葉の使い方はできません。

正しくは「1万円をお預かりします」という表現ですね。

 

接客で「正しい」と思って使っている『本当はダメな言葉』③

お客様の注文を確認する際に、正しいと思って使っている言葉。

それが「よろしかったでしょうか?」というフレーズです。

 

「○○がお一つ、○○がお一つ、以上でよろしかったでしょうか?」

こんなふうに言っている店員さんは意外にも多い。

 

本来「よろしかったでしょうか?」と過去形で確認するのはおかしなこと。

既に出来上がったものをお渡ししているわけではないので…

 

正しくは「よろしいでしょうか?」という現在形の表現ですね。

 

まとめ)接客で「正しい」と思って使っている『本当はダメな言葉』

1.  ×「こちらがメニューになります」
「こちらがメニューでございます」「こちらがメニューです」

2.  ×「1万円からお預かり致します」
「1万円をお預かりします」「1万円、お預かりします」

3.  ×「よろしかったでしょうか?」
「よろしいでしょうか?」

「変な日本語」を使うと信頼感がなくなってしまいます。

厳しく言えば、接客業なら「リピート客を根絶させる行為」なのです。

一流の接客をするには、最低でも「正しく美しい言葉」を使うことがマナーでしょう。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ