野菜ソムリエになるには?【今どき女性の人気の資格】

【今どき女性の資格】野菜ソムリエになるには?

 

こんにちは、BP.Labo(ビーピーラボ)の大森篤志です。

大森篤志

今回は、『野菜ソムリエ』資格について詳しく取り上げます。

本記事は、次のような人たちには特に役に立つ内容だと思います。

  • 仕事上、野菜ソムリエの資格取得を本気で目指している人
  • 野菜ソムリエの情報を集めている興味段階の人
  • 「自分が野菜ソムリエの資格を活かす仕事に向いているのか知りたい!」という人
  • 資格を活用して、自分自身や家族、友人等の健康維持の助けになりたい人

本記事があなたの野菜ソムリエに対する疑問を解消させる一助になれば幸いです。

記事の後半では、「野菜ソムリエの資格を活かす仕事に向いているのか?」を自己診断出来るようになっていますのでぜひ最後までチェックしてみて下さいね。

 

【資格・検定の概要】

野菜ソムリエの資格は、次の3段階のコースに分けられています。

  1. 「ジュニア野菜ソムリエコース(初級)」
    →野菜や果物の基礎知識を身に付けます。
  2. 「野菜ソムリエコース(中級)」
    →野菜や果物の種類、特性、栄養、素材、味などの魅力を十分に活かした食べ方や盛り付け方など、総合的な知識を幅広く身に付け、それを広く伝える役割を担います。
  3. 「シニア野菜ソムリエコース(上級)」
    →「野菜ソムリエ(中級)」の資格を取得後、野菜ソムリエとしての活動が認められた方だけが、コースの最高峰である「シニア野菜ソムリエコース(上級)」で自己の確立と問題解決能力を磨くことが出来ます。

 

野菜ソムリエ資格は、2001年に流通関係者や食の専門家たちによって、知識向上と専門家育成を目的に設立された本格的な資格です。

もともとは青果業界関係者向けの資格でしたが、業界関係者以外の方々にも食を通じた健康への関心が高まり、特にOLや主婦たちの希望者が急増。今では受講者のおよそ8割を女性が占めています。

野菜や果物の特性や選び方を知ることは、自分自身や家族など身近な人たちへの健康増進にもつながります。野菜ソムリエは、健康時代の旗手として期待される存在なのでしょう。

何よりも、普段の食生活がより豊かに楽しいものになるのではないでしょうか。

 

【資格取得までの流れ】

ジュニア野菜ソムリエコース:

一般社団法人 日本野菜ソムリエ協会(以下、協会)が主催する講座を受講後、修了試験に合格すると資格を取得することが出来ます。

  1. 1回2時間(全7回の講座)
  2. 修了試験
  3. 資格取得
野菜ソムリエコース:

「ジュニア野菜ソムリエの資格を保有していること」が野菜ソムリエコースの受講資格となります。

  1. 1回2時間(全11回)
  2. 課題提出
  3. 一次試験(筆記)
  4. 二次試験(プレゼン・面接)
  5. 資格取得
シニア野菜ソムリエコース

「野菜ソムリエの資格を保有していること」がシニア野菜ソムリエコースの受講資格となります。

  1. 1回2時間(全17回)
  2. 一次試験(事業計画書審査)
  3. 二次試験(面接)
  4. 資格取得

 

 【講座の受講方法】

ジュニア野菜ソムリエコース:
  1. 通学制(生の講義)
  2. 通信制(スクーリングあり)
  3. 全通信制(DVD学習)
野菜ソムリエコース:
  1. 通学制(生の講義)
  2. 通学制(ライブ中継)
  3. 通信制(DVD学習)

※シニア野菜ソムリエコースの受講方法に関しては「協会」までご確認下さい。

 

【合格率】

85%前後。

※上記は「ジュニア野菜ソムリエコース」の合格率です。その他の詳細は「協会」までご確認下さい。

 

【受験料等】

  • ジュニア野菜ソムリエコース:
    148,000円
  • 野菜ソムリエコース:
    172,500円
  • シニア野菜ソムリエコース:
    357,000円


※上記金額には「入会金、講座受講料、修了試験料」が含まれています。また、金額は変更される場合がございますので最新情報は「協会」までご確認下さい。

 

【講座日程、開催地等】

協会ホームページにて日程や開催地等を公開中です。最新情報をご確認下さい。

こんな女性は、「野菜ソムリエの資格を活かす仕事」に向いている!(適職診断)

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ