さぁ、貴女はどっち?「あげまん女性?」or「さげまん女性?」

さぁ、貴女はどっち?「あげまん女性?」or「さげまん女性?」

 

今回は「あげまん女性」と「さげまん女性」の特徴 についてお話したいと思います。

 

大森篤志

こんにちは、BP.Labo(ビーピーラボ)の大森篤志です。

今の貴女は「あげまん女性」なのか?「さげまん女性」なのか?「あげまん」の意味を感じとりながら、日頃の行いと照らし合わせて読み進めてみてください。

 

1. あげまん女性は、男性の気持ちと波長を合わせる。

運命の男性をつかまえる方法は一つ。それは「あげまん女性になること」です。

例えば、男性が『一緒にいると元気が出る、楽しい!』と思える女性になること」もその一つです。そのためには、男性の気持ちと波長を合わせる能力が必要になってきます。

例えば、こんなふうに。

  • 男が真剣に話しているときは、聴くことに徹して口を出さない
  • 男がイキイキと話しているときは、目を輝かせて楽しそうに聴く

このように、相手の波長に合わせられる人が「あげまん女性」です。

勝負事で考えてみるとわかりやすいかもしれません。

例えば、カジノで勝ち続ける男は、必ずと言っていいほど「あげまん女性」と一緒にいるものです。

賭け事の世界は、研ぎすまされた集中力が必要になってくるもの。勝ち続ける人は、単に遊びではなく真剣です。

「さげまん女性」の発言

さげまん
飽きちゃった。もう帰ろうよ〜
さげまん
あ〜、お腹すいた。ここを出て美味しいもの食べに行きたい

 

真剣勝負の大事な時にこんなふうに隣で言われたら、集中できずに勝負に負けてしまいます。これでは「さげまん女性」だと思われても仕方ありませんよね。

あげまん女性なら「男性を不利にするような言動は絶対にしません」。相手の気分が乗っているなら、自分も一緒に乗っていけるのが「あげまん女性」です。

同じように、男性の気分が落ちている時は、その時の彼の気持ちにそっと寄り添うのが「あげまん女性」です。ポイントは、「彼が今よりも落ちないように、ほんの少し支える気持ちで共感すること」ですね。

難しそうに聞こえるかもしれませんが、実際はとても簡単です。彼と同じくらいのテンションで側にいてあげましょう。そして、ほどよいタイミングでこう言うのです。

あなた
少し元気になったね。良かった!

相手男性の気持ちと波長を合わせるだけで、「一緒にいると元気が出るなぁ」と思ってもらえることは間違いありませんよ。

 

2. あげまん女性は、ヤキモチを妬かない。

いちいちヤキモチを妬いてしまう女性は「さげまん女性」かもしれません。

なぜなら、『独占欲が強いから』です。

「束縛されたくない」と思っている男性は非常に多いですし、縛られることに恐怖を感じてしまう男性も少なくありません。

一方、「あげまん女性」はヤキモチを妬きません。それは「相手を信じているから」です。

あげまん女性の会話①

男性
今日は○○さん(女性)の相談にのってから帰るね。
あげまん
解決させてあげられるといいわね、頑張って!

男性が正直に電話で伝えると、あげまん女性は快く承諾してくれます。応援までしてくれますよ。

あげまん女性の会話②

男性
部長からのお誘いを断れなくて、これからキャバクラに行くことになったんだ。ごめん!
あげまん
それは断っちゃダメよ。部長を楽しませるのも仕事だもんね。飲み過ぎないでね!

男の口から言いにくいことでも、あげまん女性になら正直に話せるものです。

 

しつこいようですが、こういうあげまん対応が出来るのは『彼に下心がないことを分かっているし、そう信じているから』です。

不思議なことに、どちらかがヤキモチを妬くようになると、両者ともヤキモチ妬きになる傾向があるようです。

同じように、どちらかがヤキモチを妬かないと、両者ともヤキモチを妬かない傾向にあります。カップルや夫婦は似てきますから不思議ですよね。

いずれにしても「ヤキモチ妬きカップル」や「ヤキモチ夫婦」だなんて、想像しただけでもグッタリしてしまいます。

さげまん
仕事と私、どっちが大事なの?

さげまん
部長の誘いとか言って、どうせ目当ての女でもいるんでしょ?

このように不信感をぶつけてしまうと、「それが仕事を頑張っている者に対する言葉か!」と反撃されて大喧嘩になりかねません。二人が話すといつもストレスが生まれる状態になってしまえば、やがて必ず別れがやって来ます。ヤキモチというのは、ストレスの種みたいなものなのです。

大事な人を信じきれる女性になって、幸せをつかみましょうね。

 

3. あげまん女性は、返事を催促しない。

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

この記事に付けられたタグ