あなたは大丈夫?【残業で損をしない為に知っておきたい5つのこと】

あなたは大丈夫?【残業で損をしない為に知っておきたい5つのこと】

今回は「残業で損をしない為に知っておきたいこと」を5つご紹介します。

サービス残業ばかりのあなた、それ改善しなきゃですよ♪

 

大森篤志

こんにちは、ビーピーラボの大森篤志です。

 

 

  • 「朝は9時始業、帰りは終電…」で毎日クタクタ
  • 上司からは「残業代が出る会社なんて今どきそうそうないよ」と言われた
  • 「若いうちはガムシャラに働くのが当たり前」と長時間の拘束を余儀なくされる

こういう風潮で追いつめられて、結局退社。

な〜んてことは、今の時代よくある話です。

 

でもですね、この働き方はかなり問題なんですよ。

働く時間にはルールがありますからね。

 

1.「働く時間」にもルールがある!!

1日で働いていいとされる時間の上限は実働8時間。

これは「労働基準法 第32条」で定められています。

一般的には休憩時間を1時間、1日の拘束時間は9時間が上限ってことになりますね。

また、実働の上限は「1日8時間の実働×週5日間」とし、『1週間で40時間の実働が上限』とされています。

 

2. えっ、「残業する」のにもルールがあるの!?

残業をする為には、従業員代表と企業側が「残業してもいいですよ」という約束をしなければいけません。

従業員代表と企業側が残業について話し合い、「書面に残す」などして合意をする必要があるのです。

これを「協定を結ぶ」なんて言いますね。

しかも、企業側は「その協定の範囲内でしか残業させることができない」ようになっています。

この協定は「労働基準法 第36条」で決まっていて、通称『サブロク協定』と呼ばれています。

社会に出ればメジャーな言葉なので「もちろん知ってる!!」という人もいれば、「何となく聞いたことあるかな…」という人もいるでしょう。

『サブロク協定』をにわか知識で頭に入っている若い社員の中には「協定を結んでいないので残業できません」とドヤ顔で上司に意見してしまう社員もいるようですが、自分の知らないところで「従業員代表に選ばれた人が協定を結んでいる」ことが考えられますので、軽はずみな行動は考えものです。

特に規模の大きな会社になってくると「従業員代表」を選ぶ投票が書面の回覧で行われていても、日々の業務に忙殺されて「選んだことすら忘れてしまっている人」もいるようですから、『誰が従業員代表なのか』くらいは把握しておきましょうね。

 

3. あなたの会社は、ひと月に何時間まで残業していいの?

「残業してもいい」ということは知っていても、「ひと月に何時間まで残業できるのか?」という『残業時間の上限』を知らない人は意外に多いようです。

企業は、協定の内容を書類で「労働基準監督署」に届け出ています。

その書類には「残業できる時間は月に○○時間まで」など、残業のルールが明記されているわけですね。

月に30時間まで、月に40時間までなど、企業によって残業時間の上限が異なっているはずなので上司に必ず確認するようにしましょう。

残業時間の上限を知っておかないと、残業時間の上限を超えて働いていても疑問に思わないわけですから。

会社にいいように使われて「過労で退社」なんてことだけは絶対に避けましょうね。

 

4.「給与25万円(残業代含む)」に騙されるな!!

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧