婚活で効果抜群!「男性に自分の印象を強烈に残す会話術」

著者:大森篤志 カテゴリ:

婚活で効果抜群!「男性に自分の印象を強烈に残す会話術」

今回は、婚活で効果抜群な『男性に自分の印象を強烈に残す会話術』をご紹介致します。

 

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

 

1)無口な男性の心理を汲み取る

相手が無口で内向的な場合、つい「こちらが喋りすぎてしまう」ものです。

まずは、そんな時に使えるとっておきのフレーズをご紹介致しましょう。それは・・・

 

女性
なんだか私ばかり喋っていますよね、ふわふわしていてすみません。それに比べて◯◯さんはドッシリされていて存在感がありますね。

 

普段から口数が少ない男性も、内心では「自分の存在を感じて欲しい」という気持ちがあるものです。

そういう男性心理を逆手に取って、『多くを語らない姿が素敵です』というメッセージを送りましょう。無口な男性が、無口な点を高く評価してくれた女性に好意を抱くようになるのは想像に難くありません。

▼こちらの記事も参考にしてみて下さい

 

2)その他大勢の一人にならない

合コンや婚活イベントには、無口で内向的な男性がいる一方、外向的で話し上手な男性もいます。(とはいえ、それほど多い印象はありませんが)

話し上手な男性との会話は、得てして「うんうんと相づちを打って聞いているだけ」になりがちですが、それでは『その他大勢の女性たちの反応と同じ』でしょう。

それは、相手が「その反応に慣れている」ということを意味します。残念ながら、『どんなに必死にうんうんと相づちを打って話を聞いてあげても、あまり相手の印象に残らない』可能性があるのです。

そんな時に使えるとっておきのフレーズをご紹介致しましょう。それは・・・

 

女性
◯◯さんのお話は、とてもわかりやすいです。きっと、頭の回転が速いからでしょうね。

 

話し上手な人ほど、相手にわかりやすく伝える技術が身に付いているものです。相手の理解力や関心度合いに合わせて伝え方を変える必要があるため、そもそも頭の回転が速くなければ難しいはずです。

難しい話をこちらにもわかるように話してくれた時などは、尊敬の眼差しで「とてもわかりやすかった」という賛辞を贈りましょう。

 

3)心地よい会話が出来た相手を次に繋げる

出会いの場に足を運び続けていると、「この人との会話は楽しいな」「心地がいいな」と感じる相手に出会える時があります。

もしかしたら、それが運命の出会いになるかもしれないのですが、「その時の気持ちをどう相手に伝えたらいいのかわからない、好意を伝えたいけれど勇気が出ない」という女性は少なくありません。

その結果、、、相手の心を掴みきれず、『あっという間に楽しい時間は過ぎ去り、良い思い出になってしまう』という歯がゆさだけが残るのです。

そこで、せっかくのチャンスを逃さない為のフレーズをご紹介致しましょう。それは・・・

 

女性
◯◯さんとの会話は、不思議なくらいはずみます。こんなの初めてですよ。

 

男性は、女性から言われる「こんなの初めて」というフレーズが大好物です。初めての男(オンリーワンの存在)にされて男心が踊らない男性はいません。

また、ストレートに「話していて楽しい」「面白い」と言っても構いませんが、「話がはずむ」という表現のほうが『使える相手や場面が広がる』ものです。

例えば、自分より年齢が上の男性には「楽しい、面白い」よりも『話がはずむ』と言ったほうが品位が伝わります。何気なく発する言葉から、軽いノリとは違う、大人の女性の魅力を感じ取る年上男性は多いと思いますよ。

「とても気が合います」「またお話したいです」というメッセージにもなるため、次に繋がる可能性も高くなるでしょう。

▼こちらの記事も参考にしてみて下さい

 

まとめ

男性に強烈な印象を残す3つのコツ、いかがでしたでしょうか。

  1. 無口な男性の心理を汲み取る
  2. その他大勢の一人にならない
  3. 心地よい会話が出来た相手を次に繋げる

男性心理を理解すれば、合コンや婚活イベントなどで男性の印象に残る効果的な言動がとれますよ。

スポンサーリンク


 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧