当サイト初の書籍化!詳しくはコチラ

子供を持つ女性の社会復帰を応援する!【再就職に踏み出すための知恵】

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

大森篤志

今回は、「再就職に踏み出す勇気」をお届け致します!

あなたは、本当は働きたいのに、

  • 「育児と仕事の両立なんて無理よ」
  • 「再就職だって出来っこないし…」

そんなふうに思っている女性の一人ではありませんか?

この機会に「出産後の職場復帰や再就職がむずかしい理由」を考え、向き合うことで『子供を持つ女性が社会復帰を諦めない!強い意志を持って就職活動に一歩を踏み出すきっかけ』を見つけて欲しいと思います。

 妊娠と同時に生まれる不安

女性にとって妊娠や出産は大きな喜びであり、未来の希望でもあります。

でも、実生活の面では、「今の仕事を手放して、育児が落ち着いた後に再就職できるのか不安…」という悩みを抱えてしまうケースは少なくありません。

出産後も、社会との関わりを持っていたい女性や、それこそ子供や生活のために働かなければならない女性だっているはずです。

しかし、現代の社会環境では、小さな子供がいる女性の再就職は簡単なものではありません。

名ばかりの産休制度。結局使えなかった…

「妊娠や出産によって今までのフルタイムの仕事を辞めましたか?」というアンケート調査では、実に43%の女性が「辞めた」と回答しています。

産休制度がしっかりしていて、出産後の職場復帰を推奨しているような大企業もあるにはありますが、それはまだまだほんの一握り。

現実は、

  • 産休制度の権利を使いにくい職場環境
  • 小さな子供を持つ女性の職場復帰を受け入れる会社側としての問題・課題

など、他にも様々な問題が背景にあり、多くの場合は『産休制度を使って会社に籍を置いておくこと自体がむずかしい状況になっている』のです。

そのため、出産のために現職を辞めるという道を選ばなければならず、さらには再就職がむずかしいという現実に直面することになるわけです。

根本原因は一体何なの?

では、どうして出産後の職場復帰や再就職がそんなにむずかしくなっているのでしょうか。

特に目立った意見は、

  • 「保育園に空きがなくて子供をあずけるところが見つからない」
  • 「いざという時に子供の面倒を見てくれる人が側にいない」

というものでした。

確かに、保育園に入れない待機児童は多く、社会問題にまでなっていますよね。

行政が徹底的に支援して待機児童ゼロを目指すことができれば少しずつ改善されていく問題なのですが、各地域によって強化しなければならない事業課題は異なってきますし、割り当てられる予算の問題もあるでしょうから、すべての地域で同じようなことが期待できるわけではありません。

また、たとえ子供を保育園にあずけることができたとしても、子供が急に発熱した時やケガなどの時はもちろんのこと、ほんの少し体調が悪いだけでもすぐに呼び出されてしまい、結局は早退しなければならないことが多いのも避けられない現実です。

仕方のないことだとは分かっていても、欠勤や早退を繰り返してしまえば、会社での居心地はどんどん悪くなってしまう…

つまり、代わりに子供の世話や迎えに行ってくれる人がいなければ、当人も会社側も安心して仕事ができないのが現状なのです。

さらに問題なのは、会社側の整備不足。小さな子供を持つ女性の受け入れ態勢はまだまだ整えられていません。

託児所や保育園などが備えられている会社はほとんどありませんし、小さな子供を持つ女性に対して、独身の人と同じ条件で働くことを求めてきます。

でも、安心してください。そんな条件の悪い環境の中でも、再就職を実現させて働きながら育児をこなすママもたくさんいますから。

では、彼女たちが再就職を実現させる上で注意したことは何だったのでしょうか?

出産後の職場復帰や再就職を考えている女性は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

子供を持つ女性の再就職で「注意すべき3つのこと」

調査結果では、

  1. 育児と仕事の両立がどんなに大変でも続けていく覚悟を持つこと
  2. 話し合いで夫婦の理解を深め、夫や家族の助けをかりること
  3. 仕事に対する姿勢と子供に対する愛情を混同させないこと

という3点に気をつけていたという意見が目立ちました。

それではここから、これら3つの注意点について理解を深めていきましょう。

1. 育児と仕事の両立がどんなに大変でも続けていく覚悟を持つ

子育てと仕事の両立は、想像する以上に大変です。

よほどの環境が整っていない限り、子供がいなかった時のような快適さは期待できないでしょう。

体力的にも精神的にも、以前とは比べものにならないほどキツくなるはずです。

ときには、「こんなにまでして働く意味なんてあるの?」って思うこともあるかもしれません。

それでも、どんなに大変でも続けていくだけの強い覚悟が必要なのです。

再就職しても、その大変さについていけずにすぐに辞めてしまうようでは、出産後の職場復帰や再就職を受け入れてくれた会社側の期待を裏切ることにもなり、会社側としては「やっぱり、そうなっちゃうよね」と子供を持つ女性の再就職をネガティブに捉えるようになってしまいます。

そして、ますます子供を持つ女性の社会復帰をむずかしくさせてしまうわけです。

子供を持つ女性の社会復帰を当事者たちがむずかしくしていたら、この先もずっとむずかしいままです。

ですから、中途半端な気持ちで社会復帰を目指すのではなく『続ける覚悟を持つ』ことが必要なんですね。

面接でも、企業側は『続ける覚悟』を重視しています。

「子供が小さいけど、仕事は仕事でちゃんとやってくれるんだよね?」

そう言葉にはしないでしょうけど、企業側にも不安があることは間違いありません。

企業側を安心させるためにも、どんなに大変でも仕事を続けるという強い意志があることを就職活動の場でアピールしていきましょう。

2. 話し合いで夫婦の理解を深め、夫や家族の助けをかりる

育児をしながら仕事をするには、子供の預け先を確保することの他に、やはり『家族の助け』が必要になってきます。

まずは、「職場復帰したい・再就職したい」という強い意思を家族に伝える場を必ずつくってください。

なぜなら、家族の理解こそが体力的・精神的に一番の支えになるからです。

子育てや仕事について夫婦できちんと話し合って理解を深めておくと、夫はイクメンになりやすいんですよ。

まず第一に、私自身がそうですから!(自信)

ちなみに我が家は、0歳(生後11ヶ月)で保育園にあずけて、妻は仕事に復帰しました。

夫婦が力を合わせれば、育児と仕事の両立がどんなに大変でも乗り越えられます。

そのためにも、大事なのは事前の話し合い。お互いの理解を深めておくことなのです。

子供を持つ女性の社会復帰を応援する!【再就職に踏み出すための知恵】/2

例えば、

  • フルタイムで働くために必要な環境は?
  • お互いが無理なく効率的に取り組める夫婦の役割分担は?
  • 何を優先させて、何をやらないと決めるか?
  • 1ヶ月に1回、現状について話し合う?
  • and more…

このように、『育児をしながら仕事を続けていくためにはどういう環境をつくればいいのか?』をテーマにプランニングすることが大事です。

起業するときに事業計画書というものをつくるのですが、それに近いかもしれませんね。

倒産してしまう会社のほとんどが事業計画書がしっかりしていなかったり、計画書自体がなかったりします。

育児と仕事の両立を断念させないためにも、自分で「これならできる!」と思えるようになるまで、現実的に話し合ってみてください。

3. 仕事に対する姿勢と子供に対する愛情を混同させない

職場で一番嫌がられることは、子供を理由に突然の欠勤や遅刻、早退をすることです。

愛する自分の子供が少しでも体調を悪くしてしまうと、それがたとえ微熱であっても、軽い咳や鼻水であったとしても、できるだけ子供の側にいてあげたいと思うのが母親の心情というもの。

でも現実は、それで毎回のように仕事を休むことはむずかしいわけです。

ましてフルタイムで働こうとするならなおのこと。

子供を介抱する必要がある場合を除き、側にいてあげられないことも覚悟しておいた方がいいでしょう。

小さい子供は少しでも体調を崩すと、必要以上に親を求めてきます。

そして、愛する子供の求めに応えてあげられない母親の悲しみは想像以上に大きなストレスとなって、仕事を続けていく意思が弱まってしまうのです。

こんなふうに、仕事を続けられないようにするトラップはまだまだたくさんあります。

でも、もしあなたが再就職を決意したのなら、トラップにはハマらない強い覚悟が必要です。

どんなに大変な状況になっても育児も仕事も続けるという覚悟が!

育児と仕事を両立させて続けていくためには、自分の母性愛にだって勝たなければいけないんです。

負けそうなときは、新しい視点を持つようにしましょう。

実際、「愛のカタチ」はいろいろです。

なにも、子供の側にずっといてあげることだけが愛情ということではありませんから。

働く母の背中を見せてあげるということも愛ですし、そうやって立派な大人に育ってきた子供はたくさんいますからね。

「母として仕事をすること」と「子供への愛情があるかないかということ」は全く関係ありません。

子供の側にいてあげられないことに罪悪感を感じる必要なんて1ミリもないんですよ。

仕事から帰ってきたら「これでもかっ!」っていうくらい抱きしめてあげて、あとは夫婦で、家族で助け合いながら育児を楽しんでいくことが大切なのです。

もし、小さな子供を持つあなたが「本当は働きたい!」と思っているのなら「育児と仕事の両立なんて無理」と言う前に、両立の大変さを一人ではなく家族で受け止める努力をし、どうすれば無理なくできるのかを家族で考えるようにしましょう。