「出会いがない!」が口癖だった女友達がスグ結婚出来ちゃった婚活術

今回は、出会いがないと嘆く女性のために『今どきの婚活術』についてお伝えいたします。

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

女性が婚活を成功させるための7つのステップ!心理学プロが解説「女性が婚活を成功させるための7つの秘訣」とは?心理学プロが徹底解説

あなたの口癖は、大丈夫?

結婚したいなあ。

結婚への思いは強いけれど、現実は真逆。「出会いがない…」と嘆くアラサー、アラフォーの独身女性はかなり多いようです。

そんなあなたも「出会いがない」が口癖になってはいませんか?

結婚できない本当の理由は、単なる『怠慢のせい』かもしれませんよ。

ずばり断言いたします。

大森
「仕事が忙しい」「時間がない」「出会いがない」と言い訳をして、いっこうに行動しない女性たちが良縁に恵まれることはありません。

「出会いがない!」という幻想を吹き飛ばす2つの方法

出会いがないというのは幻想です。

実は、出会えない行動をし、出会いのない環境にいるだけなんですよ。

現状を打破するポイントは2つ。

  1. 行動を変える
  2. 環境を変える

以上です。むしろ、これら以外に幻想を吹き飛ばす確実な方法はありません。

いつも通りの行動、いつもと同じ環境を変えていかなければ、出会いがないというループから抜け出せないのです。

【1】行動を変える

“会社と自宅を往復する毎日のまま”では、素敵な出会いは期待できません。

それは、いつも通りの行動パターンを変えれば出会いのチャンスは増えるということでもあります。

メンズの集まる場所に行く

例えば、会社帰りにアパレルショップのメンズコーナーをうろついてみるのもいいでしょう。

いきなり何を言い出すんだと思われた人もいるかもしれませんが、意外な効果が期待できるんですよ。

メンズコーナーの管轄スタッフさんは男性の場合が多いもの。おそらく、メンズコーナーを女性が見回していれば「プレゼントをお探しですか?」などと男性スタッフに声をかけられる確率が高いと思います。

大森
“男性から気軽に声をかけられるような環境に自ら移動する”というのがポイントです。

 

男性と会話をする“きっかけ”さえ作ることができれば、そこから話が盛り上がったり、何度も顔を見せて常連さんにでもなれば、その男性スタッフの交友関係にまで出会いは広がっていくかもしれません。

もちろん、その男性スタッフが自分のタイプなら大当たりです。お客様と結ばれる男性スタッフも結構いるようですので。

自分の価値観に合ったイベントに参加する

イベントに参加するのも大切です。

今は見知らぬ人同士が集まって仲良くなれるイベントは全国各地でたくさん開催されています。

婚活イベントが盛んなのは、ニーズがあるし、それなりに成果も出ているからです。

頭ではわかっていても「それが一番ハードルが高い」と思っている女性も多いかもしれません。でも、そのハードルは自分で高くしちゃっていることが多いんですよ。

抵抗があるのなら、なにも婚活パーティーのような“いかにも”というイベントに参加する必要はありませんし、婚活サイトとにらめっこしたり、結婚相談所のような本格的な機関に出向きなさいということでもありません。

大森
資格取得を目指すスクールに通うのでも、自分磨きにつながるもっと気軽なセミナーやワークショップなどに参加するだけでもいいんです。

習い事を始めたりするのもアリですね!

 

ポイント
「婚活」「結婚」「出会い」という謳い文句に惑わされないで『自分のためになるイベントを選ぶこと』です。

 

どんなイベントであれ必ず出会いはあります。『自分から出会いに行く』という姿勢を無理なくつくることが肝心なのです。

【2】環境を変える