個別のご相談はコチラから

「デートは3回連続で焼肉、金のネックレスが気になる…けど、ルックスや人柄は好み。」食の好みやアクセサリーで読み解く40代男性心理や性格傾向

働く女性の無料相談・回答

相談:話は合うし見た目もタイプ。でも交際を続けるかどうか迷っている。

相談者:Mさん(40代・女性、婚活期間:7ヶ月間)

40歳から婚活を始めて現在7ヶ月になります。お恥ずかしい話ですが、いまだに真剣交際まで進んでいません。この7ヶ月間一度も…。お見合いしても違うと思った相手から真剣交際の申込みがあったり、私がいいなと思う人に真剣交際を申し込むとダメだったり、婚活がうまくいっていない状況でした。

ただ全部ダメだったわけではなく、最後のお見合い相手の男性とはまだ交際中なので、今後どうしたらいいかご相談させてください。お見合いの時はいいなと思いましたし、3回一緒に食事をしてますが話も合うと私は思っています。

でもどうしても2点だけ気になっていまして、このまま交際を続けるかどうか迷っているところです。

1つ目は「いつも焼肉デート」なこと、2つ目は「ゴールドのネックレスをしている」ことです。

食事する場所は毎回彼が決めてくれるのですが、全部焼肉です。私の意見を聞いてくれたりしないのかな?と思いますが、仕事の忙しい合間になかなか予約できないお店を予約してくれたりするので下手なことは言えません。

あと、シャツの下からチラリと見える金のネックレスが正直どうなのかなと。彼は私よりも5つ年齢が上でそこそこ貫禄もありますし、ちょっと悪そうな人に見えるのでやめてほしいなと思うのですが、どんな思いで身につけているのかまだわからないのでこの件についても何も触れていません。好みは人それぞれですし言えないです。

顔や人柄は私の好みに近いですし、会話も楽しいです。ただ、それ以外の性格とか中身についてはまだほとんどわかりません。私自身に男性とのお付き合い経験が少なく、男性の性格を素早く知る能力もないので、これまでの情報で何かわかることがあれば何でも教えて欲しいです。

(***ご相談内容は一部編集しております***)

(本記事は、当サイト「働く女性無料相談窓口」より、働く女性から寄せられたご相談にお答えする内容となっております。)

女性が婚活を成功させるための7つのステップ!心理学プロが解説 「女性が婚活を成功させるための7つの秘訣」とは?心理学プロが徹底解説

回答者:一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長 大森篤志

こんにちは、大森篤志です。Mさん、ご相談ありがとうございます!

大森篤志

それでは、回答させて頂きますね。

大森篤志からの回答内容

選ぶ食事メニューでキャラクターがわかる?

肉好きな女性でも“いつも焼肉デート”となるとキツイですよね。お洒落なイタリアン、身体にやさしい和食、たまにはこってり中華だって食べたくなるものです。

単純に彼が“焼肉をこよなく愛するジェントルマン”というだけのことかもしれませんし、“焼肉にこだわる彼なりの理由がある”のかもしれません。いずれにしても、食事メニューに“いつも肉を選ぶ”という行動には、彼のキャラクターを知る手がかりがあることは間違いないでしょう。

焼肉好きな男性の心理と性格傾向

食べ物の好みから人の心理や性格傾向を理解することも可能です。

魚好きな人の心理と性格タイプ

例えば、魚好きの人は比較的センシティブな傾向があります。焼き魚の頭を残し、骨などを綺麗に取り除く細かい作業をする人ほど、繊細な心の持ち主で神経質な一面もあるようです。

ただし、焼き魚を頭からかじりついたり、骨までボリボリ食べ尽くすような豪快な人は、肉好きの性格傾向も持ち合わせていると考えられます。魚好きを一括りにせず、性格傾向に幅があることも押さえておきましょう。

肉好きな人の心理と性格タイプ

一方、肉好きの人はエネルギッシュな傾向があります。とりわけ、豪快に焼いたステーキを好む人ほど、あまり細かいことは気にせず前進できてしまう大胆な一面もあるようです。焼いて食べるだけのシンプルな焼肉も似たようなものかもしれません。

肉好き全般に言えることですが、ざっくばらんに話ができる親しみやすい性格傾向の持ち主であることが多いでしょう。

アクセサリーを身につける大人男性の心理

男性がアクセサリーを身につけるのは珍しいことではありませんが、Mさんはお相手の男性を今後のパートナーとして真剣に考えているので、少し悪そうな印象を受けてしまうゴールドのネックレスが気になるのでしょう。

若者の男性がアクセサリーなどの光モノを身につけるのは、主にオシャレを目的とするファッションや流行であったり、若気の至りでただ目立ちたいなどといった心理が働いていることが多いです。

一方、大人の男性が身につけるアクセサリーには全く別の心理が潜んでいる可能性があります。アクセサリーそのものではなく、富や豊かさ・権力の象徴とされるゴールドという色に関係があるのかもしれません。

例えば、自信のなさ、あるいは、何らかの不安やコンプレックス等を抱えていて、それらを隠そうとするため無意識にゴールドを選んでいる可能性もあるからです。鎧のように金をまとうことで、不安やコンプレックスが小さく感じられ、自信と安心が得られるのでしょう。彼にとって金のネックレスは“お守りアイテム”なのかもしれません。

派手なファッションや主張が強めのアクセサリーとは裏腹に、自信のなさや何かしらの不安を抱えている可能性があることを理解しておくといいでしょう。これまでお伝えしてきたポイントを参考にしながら彼とコミュニケーションをいっそう深め、彼の性格を理解することに努めてください。

『男性心理』が驚くほど良くわかる記事10選まとめ 『男性心理』が驚くほど良くわかる記事10選まとめ