従兄弟と恋愛関係になってしまい、モラハラ行為にも悩んでいます。

従兄弟と恋愛関係になってしまい、モラハラ行為にも悩んでいます。

本記事は、働く女性から当サイト「働く女性無料相談窓口」へ寄せられたご相談にお答えする内容となっております。

もし、あなたも働く女性として同じ様なお悩みなどお持ちでしたら参考にしてみて下さいね。

 

相談:いけない事と思いながらも従兄弟と恋愛関係になって数十年。一方、長年に渡るモラハラ行為にも悩まされている。

相談者:まゆさん

長年に渡るモラルハラスメントでの相談です。

相手は従兄妹であり、恋愛関係になってしまった相手です。

お互い同い年で遠距離で暮らして居ましたが小学6年生の時から恋心が芽生えてしまいました。

お互いにそれはいけない事と思いながらも気持ちは変わることはなかったのですが、彼は21歳で他の女性と結婚しました。

その4年後、私の父親が亡くなり、葬儀で久しぶりに会い、父を亡くした傷心を彼が癒してくれました。そしてお互い気持ちが甦ってしまい男女の関係になってしまいました。

その時、彼の奥さんが妊娠して実家に帰っていることを知り、奥さんの居ない寂しさを紛らわすための関係でしかなかったと自分に言い聞かせ、私は気持ちを切り替え彼と会うことは止めました。

その4年後、私も元職場の男性と結婚しました。

しかし、私が結婚してからも、彼は何度も遠距離にも関わらず私に会いに来ました。

いけない事と思い彼を拒んでいましたが、やっぱり私も好きな気持ちは変わらなので、結婚までしてる自分に会いに来てくれるその気持ちに応えたいと、私は離婚までしました。

そして彼も離婚して彼のもとで3ヶ月間ほど過ごした頃、当時小学校低学年だった彼の子供が少年野球をしている時に腕を骨折してしまい、看護師である彼の元妻が近くで暮らしていたので、私は身を引いたほうが良いと彼の元を離れました。

その時に彼は、「子供が成人したら、また一緒に暮らそう」と言ってくれたのです。

従兄妹でもありますし、その口約束を書面に残す事はせず、彼の言葉を信じて、それから49歳まで実家に戻り独り身で彼を待ち続けました。

その年、叔父が倒れ、親戚で集まる席で彼と再会したのです。それをきっかけに、まだお互い同じ気持ちで居る事を確認し、1ヶ月に1度会うようになりました。私は当然、子供も成人になったのでこれから一緒になることに向けての事と思っていました。

しかし、彼は「覚えていない、言っていない」と豹変したのです。

それからが、今思えばモラハラの始まりでした。

「俺がお前の一番の男になるために過去の全ての付き合った男性の話をして欲しい」と言い出したのです。

始めは優しい言い回しで聞いてくるのですが、答えるのを拒否しても「俺自身のためだから」としつこく、1度話せば納得するだろうと諦めて話しても、永遠とその話。更にエスカレートして繰り返し聞いてくるのです。最近では、すぐに返事しないと怒る、「のろま!バカ!」と罵倒の長文コメント。全て見て頂きたい程の嵐です。

そうかと思えば、何も欲しいなどと口にもしていないし頼んだ事もないのに、自分の気に入った服や身の回りの物を買ってくれるのです。

それが後になると、「お前のために俺は全財産使った破産だ!」と激怒罵倒するのです。そして彼がこれまでくれた優しいメールの内容に触れると、「ガキみたいなこと言うな!」と怒鳴り散らし、「そんなんだから男が逃げて行ったんだ!」と、過去の話にすり替えて怒り出すのです。

メールやLINEをブロックされたり、「もうこれまでだ!」と脅されたり、毎日がノイローゼで寝不足の毎日です。

そしてもう一つ。一般の祝日が彼は仕事なので、「裸の写真で元気が欲しい」などと言ってきたのです。その要求はどんどんエスカレートし、それを断ったら彼はモラハラの本性を現しました。他人であれば訴えているところです。

そして、恐ろしい事に大手人事関係の仕事に携わり、”モラルハラスメントに関するセミナー”に参加したらしく、「証拠がなければ訴えられないと教えられた」と、たかを括っています。「裁判になればお前が恥をかくだけだ」とまで言うのです。

誰よりも優しかった人間が豹変し、この年齢になって「他の人生を探せ」と婚活をすすめ、「それを全て報告しろ!」と、婚活でカップリングが成立するまで駄目だしと罵倒を繰り返してきます。

そして彼は自分の子供の結婚間際で何事もない、威厳のある父親像を周囲に見せつけて幸せを手にしています。

近親の人間に裏切られ、精神的に拘束され、罵倒を浴びせられて、ほとほと疲れ果てています。長々とすみません。誰にも何処にも打ち明けられず、ごめんなさい。

(***ご相談内容は一部編集しております***)

 

回答者:一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長 大森篤志

こんにちは、大森篤志です。まゆさん、ご相談ありがとうございます!

大森篤志

それでは、回答させて頂きますね。

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧