「私キープ女かも!?」男が本命彼女には絶対しない3つの事

「私キープ女かも!?」男が本命彼女には絶対しない3つの事

あなた
わたし、彼氏の本命彼女じゃないかも。もしかしてただのキープ女?

 

その不安に答えるべく、この記事では『男が本命彼女には絶対しない3つの言動』をご紹介致します。

 

大森篤志

一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

ご紹介する3つのいずれかに「当てはまる…」という人は、悲しいですが『彼の気持ちを疑ってみる必要がある』ということになります。

それでは、早速チェックしていきましょう。

▼ 関連記事

彼氏の優しさは本物?自分が本命彼女かどうか確かめる方法。
【体の関係と女の価値】貴女は「都合のいい女?」or「本命彼女?」
男関係あと一歩の距離を縮める!【本命彼女になれる男の褒め方】

 

出会ったばかりなのに「結婚」をほのめかす

男性
いつか結婚しようよ。そのうち結婚しよう。すぐにでも結婚したいな。

 

まだ出会ったばかりなのに、「いつか」「そのうち」「すぐにでも」などという言葉を巧みに使い、気軽に結婚をほのめかす男性がいます。

さらに上級者になると、「いつか二人でカフェを開こうね」とか「そのうち、うちの実家に来てよ」などと、あたかも『お前は特別な女性である』かのようなメッセージを、あえてデート中などのロマンティックで楽しい時間を狙って囁き、女性を信用させるのです。

残念ですが、そうやって何人もの女性と擬似的なカップル関係を築いている遊び人の男性は確実に存在します。

すぐに「結婚」の二文字を口に出す男性

多くの女性には「ムードが高まると心を奪われやすい」という傾向があります。

男性が初期段階で語る「幸せな未来のストーリー」には感情移入しすぎないことが大切です。特に、付き合う前から、あるいは付き合ってすぐに「結婚」という二文字を口に出す男性には気をつけましょう。

「結婚」という言葉は、気持ちが高揚したら、つい口をついて出てしまうもの?たかが言葉?いえいえ、されど言葉ですよ。

誠実な男性ほど、結婚という言葉が『どういう相手に、どういう場面で伝える言葉であるのか、その分別をわきまえている』ものです。

まして相手が本命であるのなら、そんなに軽々しく言える言葉ではありません。二人の幸せな未来を語るには相応の覚悟が必要だからです。

もしあなたが「そういう話って、ちょっと早くないかな?」と思ったら、それは正しい判断です。相手の男性は、早くあなたと“深い遊びの関係”になりたいだけなのでしょう。

 

悲しい過去や辛い現状を細かく話して同情を誘う

男性
うちの会社はどれだけ努力しても評価されない仕組みになっているんだ。。。

 

「周りからは、仕事ができる、センスがあると言われているけれど、実は陰で他人の何倍も努力している」とか「部下の前ではいつも強がっているけれど、本当はかなり気を張って演じている」など、男性が見せる誠実なギャップに胸がキュンとする女性は多いものです。

しかし、そういう女心や母性としての優しさにつけこんでくる男性も存在します。

このタイプの男性は、決して「自分がダメな男だ」とは言いません。そんなことを言ったら女性が逃げていってしまうと思っているからです。

例えば、「社会人になってから一度も月給が20万円を超えたことがない」と話して同情を引こうとしても、女性からは『この人とは先が見えない』と思われるだけで、愛おしいとは思ってもらえません。

そこで、「うちの会社はどれだけ努力しても評価されない仕組みになっているんだ」という『個人では抗えない力によって』という部分を強調したり、「社長は俺を買ってくれているんだけど、部長が…」などと、ありそうな状況を上手く伝えて同情を誘う戦略に打って出るわけです。

すると、ほとんどの女性は「そんなのおかしいわ」と同情するだけにとどまらず、『あなたの力になりたい』という母性がくすぐられてしまうのです。

同情と愛情は似て非なるもの

男性目線でズバリお伝え致しますが、同情と愛情は似て非なるものですよ。

よく考えてみて下さい。同情を引こうとする時の彼の言い分は、ほとんど言い訳ではありませんか。

実際、自分の同情心を相手に対する愛情だと勘違いしてしまい、痛い目に遭った女性を私はたくさん知っています。

「同情するなら金をくれ」ではありませんが、きっと何か裏があって同情を引いているのです。悪いことは言いません、悲劇の英雄気取りの男性には本気にならないようにしましょう。

 

細かい嘘が多く、約束が守られない

男性
そのうちディズニーランドにでも行こうよ。スペシャルイベントが始まるんだって!

 

ずるくて卑怯な男ほど、恒常的に『小さくて細かい嘘をつく』ものです。

しかも、あまり悪ブレた様子はなく、小さな約束事などは「そんなこと言ったっけ?」という反応がオチでほとんど守られません。

例えば、「そのうちディズニーランドにでも行こうよ。スペシャルイベントをしているシーズンなんかいいよね」と言いつつ、何の音沙汰もないままスペシャルイベントシーズンは終了。しびれを切らして「ディズニーランドは?」とすねてみると、「ごめん、仕事が忙しくてそれどころじゃなかった。またいつか必ず」という答えが返ってきます。

「仕事が忙しい」と言われると、女性も「それは仕方ないね。仕事が落ち着いたらでいいよ」と許してしまいがちですが、こういう男こそ、実は大きな嘘をついている可能性があります。

例えば、『他の女性との約束もあったため、スケジュール調整がうまくいかなかった』という実態を隠すカモフラージュに仕事を持ち出しているだけかもしれません。

職業も経歴も年齢もウソをつく男

また、この手の男性は、細かい嘘も多い。例えば、現在の職業や経歴を詐称していたり、中には年齢をサバ読む男性もいます。

年上好きの女性に対しては、実年齢よりも高く偽る。女性と同じ大学の先輩を装って近づく。など、女性をものにするためなら嘘など平気という悪質極まりない輩もいるのです。

本気で探られたら知られてしまうような浅はかな嘘をなぜつくのか。それは、最初から遊びのつもりだからです。

嘘から始まる関係づくりなど、本命彼女には絶対しないことです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ