「この人、ストーカー!?」同僚に危機感を感じたら○○で撃退!!

「この人、ストーカー!?」同僚に危機感を感じたら○○で撃退!!

 

こんにちは、BPLaboの大森篤志です。

今回は、『職場のプチ・ストーカー撃退法』をご紹介します。

 

相談内容)20代/独身/女性/事務職

8つ年上の同僚からの「一緒に帰ろう!」という誘いを断りたいんです。

たまたま帰る時間が同じになり「もう遅い時間だし、駅まで一緒に行こうか」と言われ、その親切に甘えてしまったのがきっかけです。

実際は、会社から最寄り駅までの徒歩10分程度のことですが、その後は毎日のように「一緒に帰ろう」と言われ困っています。

一番イヤなのは、会話です。

「俺がいるから安心して」と言わんばかりの彼氏気取りとドヤ顔にウンザリしています。

相手の角を立てずに断る良い方法を教えてください。

私の回答は次の4つです。

 

提案①:「不倫だと思われたら、あなたヤバイよ!」と警告

「その彼は独身ですか?」

彼女「いいえ、結婚して子供もいます」

 

提案①:

  • 「既婚者の先輩と独身の私が毎日いっしょに帰ってたら不倫の噂がたっちゃいますよ」
  • 「不倫の噂がたったら、私も先輩も会社にはいられなくなってしまいますから」

 

ここで、「奥さんや子供に悪いですから」という言葉はNGだということも付け加えました。

なぜなら、「私は別にいいんですけど、あなたの奥さんや子供がね」というニュアンスで受け取られる可能性があるからです。

ヘタに同僚の家族を思いやる発言が男に火をつけることもありますから。

 

提案②:「彼が迎えにきてくれるみたいで」とアピール

「あなたには今、彼氏がいますか?」

彼女「いいえ、今はいません」

 

「彼氏になりそうな人は?」

彼女「残念ながら、まったくです」

 

「彼氏は欲しいですか?」

彼女「今は正直、欲しくないです。もう少し、仕事に専念したいです」

 

提案②:

「今日は、彼氏が駅まで迎えにきてくれるので大丈夫です」

 

「彼氏ができたので」と断ることもできますが、むこうにその気がなかった場合、「勘違い女」だと思われてしまいますし、相手を傷つけてしまうことにもなりかねません。

そこで、今回のようなニュアンスにしました。

もし、相手が好意を持って近づいてきたのなら、「彼氏、いたんだ…」と思わせることで距離をおくことができますからね。

 

提案③:「部長から、うまく指導していただけないでしょうか?」と上司に相談

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ