当サイト初の書籍化!詳しくはコチラ

彼氏診断!二股や不倫をする【尻軽男性の心理と特徴】

彼氏診断!二股や不倫をする【尻軽男性の心理と特徴】

ずるずると二股関係に陥ってしまう。あれよあれよと不倫関係にまで進展してしまう。いわゆる“尻軽男性”が目立っています。

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

今回は、『尻軽になりやすい男性の心理と特徴』について詳しく解説致します。彼氏の浮気度チェックにもなりますよ。

男女は定期的に愛を確かめ合う必要がある

男女問わず、多くの人たちが、浮気や不倫などの不祥事で足元をすくわれています。

今の彼氏にあなた以外の女性の影はありませんか?

「うちの旦那に限ってそういうことはない」と本当に言いきれますか?

不倫問題が頻繁に取り沙汰されている今、結婚しているから安心ということでもなさそうですよ。

大切な人を信じたい気持ちはよくわかりますが、何もせず黙ってひたすら信じているだけの人ほど『裏切られた時の傷も深い』はず。「信じる」と言えば聞こえはいいですが、それも程度問題です。

男女関係を円満に続けていこうと思うなら「どんなに信じていても裏切られることがないとは言えない」という残酷な面にも目を向けつつ、時々は『愛を確かめ合う』必要があるのではないでしょうか。そういうバランス感覚は大事だと思います。

本記事では、尻軽になりやすい男性の心理と特徴を5つお伝え致します。ぜひ、お互いの愛を確かめ合うための参考にして下さい。

1.NOが言えない

“どんな女性にも優しい”という男性ほど、多くの女性と曖昧な関係をつくりやすいものです。

例えば、頼られたり誘われたりすると“NOが言えない”のも罪作りな優しい男性の特徴と言えるでしょう。

「ハッキリとNOが言えない」ことで曖昧な態度をとってしまい、誤解が生まれ、酷い場合は『自分では交際しているつもりなどなくても、相手は交際していると思っている』ような認識の違いが生じることもあります。

複数の女性に対して「愛してる、君だけだよ、結婚しよう」などと言える男性は、よほど浅はかな男か、優しくも罪づくりな男か、でしょう。

あなたの彼は誰にでもいい顔をする罪づくりな男ではありませんか?

周りから「彼ってホント優しいよね、いいな〜」と頻繁に言われることはありませんか?

これを機会によく観察しておきましょう。

2.とにかくマメである

メールやLINE、電話のやり取りもストレスなく円滑。

記念日は絶対に忘れないし、サプライズを演出して喜ばせてくれる。

そういうマメ男の中には『複数の女性とも器用に付き合える』という男性もいます。

残念なことに、マメさが“禁断のスキル”として使われている場合もあるのです。

但し、ほどほどにマメで「気配り上手、気遣い上手」ということであれば、それは『イイ男の条件』でもあります。

イイ男にとってマメさは紳士としての所作であるため、早まって“禁断のスキル”と見誤らないように注意しましょう。

3.自分に自信がない

自分に自信がないために『リスクヘッジ』として他の女性にも唾をつけておく男性もいます。

例えば、一人の女性と付き合っていても「いつフラれるかわからない」という不安を抱え続けているため、別の女性とも関係を保っておこうとする。そうしていつの間にか一線を超えて二股や不倫に発展してしまうケースもあります。

また、自分に自信のない男性ほど「付き合っている彼女から『自信を奪われるような言動(けなされたり、バカにされたり、プライドを傷つけられたり 等)』を受けると、別の女性に意識が向きやすい」ようです。

自分に自信のない男性をヘタに傷つけてしまうと、相手の「もうダメだ、嫌われた。いつ見限られるかわからない」という不安を強めることにもなりかねません。

自信のない男性ほど自分を強がって見せたりしますから、女性側の対応にも注意が必要です。

4.真剣に愛情を表現しない

『彼が真剣に愛情を表現してくれない。そのため、彼から本気の愛を感じない』という場合は、かなり怪しいと思います。

男性は、『自分が本気で愛しきれない女性と一緒にいると、別な女性に意識が向く』生き物です。

もちろん「それは女性も同じ」と思いますが、私は『男性のほうがよりその傾向が強い』と考えています。

その理由のひとつに、男女関係の“我慢”においては「男性のほうが我慢弱い」という傾向があるからです。

結婚すると女性の姓が変わることが多い点や、「嫁入り」「嫁に入る」という言葉があるように、今でも男性側が“受け入れ主”として女性を迎え入れることが多いため、男性は『女性に対して上から目線になりやすく、我慢弱くなる』という社会的・文化的な影響もあるかもしれません。

「我慢弱くなる」ということは、そのぶん『諦めも早くなり、気が変わりやすく移りやすい』ということでもあります。

彼が真剣に愛情を表現してくれないようなら、彼にあなた以外の女性の影がないか疑ってみる必要があります。

5.破局して間もない

大失恋したり、結婚に失敗して離婚したり。苦い思いを経験した後の男性は「当分は一人でいよう」「本気の恋愛はもういいや」と考えるものです。

一方、「身軽になったから遊ぼう」という気持ちにもなりやすく、それが『本気ではなく遊びの恋をしやすい』要因の一つとも言えます。

彼女と別れたばかりの男性や離婚後の男性とのお付き合いは、より慎重に。

相手を注意深く観察してから受け入れることが肝心かもしれません。