当サイト初の書籍化!詳しくはコチラ

入社1ヶ月。これを最後の転職にしたいのに教育担当者が自分にだけキツく当たる。

働く女性の無料相談・回答

相談:入社して1ヶ月。教育担当者の当たりがキツイため精神的にまいっている。最後の転職にしたいのに…

相談者:みしおさん

わたしは現在、グランドスタッフ(空港で利用客に対する様々なサービスを提供する地上勤務職員)として入社し約一ヶ月になります。転職は今回で3回目の23歳です。

教育担当者からの風当たりがかなりキツく、特にわたしにはきついです。

例えば・・・

教育担当者:
「何か質問はありますか?」

わたし:
「はい。ここはAと教えていただきましたが、この規範に従うとBになります。どちらが適切ですか?」

教育担当者:
(わたしが質問している最中からずっとダルそうにしながら眉間にシワをつくり…)「はい、◯◯なのでそうなります」

また、毎日無理難題を押し付けられることにもまいっています。

なぜ、このように考えたのかと申しますと、「他人から見てもそう見える」と同期から声が上がったことです。周りからもそう見えているなら、わたしの被害妄想ではないと思うのですが。

これが最後の転職にしたいのに…。このままではつぶれてしまいます。

(***ご相談内容は一部編集しております***)

(本記事は、当サイト「働く女性無料相談窓口」より、働く女性から寄せられたご相談にお答えする内容となっております。)

回答者:一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長 大森篤志

こんにちは、大森篤志です。みしおさん、ご相談ありがとうございます!

大森篤志

それでは、回答させて頂きますね。

大森篤志からの回答内容

今、困っていることを整理する

まずはご相談内容を整理させて頂きますね。(みしおさんも、改めて今の状況をシッカリと整理してみて下さい!)

  • 職場の教育担当者の当たりが他の同期と比べても自分にだけ特にキツイ。
  • さらに毎日無理難題を押し付けられ精神的にまいっている。
  • 今回で転職3回目となりもう転職したくないと思ってはいるが、このままでは自分がつぶれていまいそう。
  • これからどうすればいいのか悩んでいる。

受け取り方を変えてみる

現状を「特に私への当たりがキツイ、無理難題を押し付けられる」と受け取ってしまうと、「どうして私ばかり…」「理不尽だ」と感じ、どんどんネガティブなほうへ考えてしまうものです。

一方、『他者よりもたくさん指導を受け、いっぱい業務を与えられる』という受け取り方に変えてみるとどうでしょう。

『めげずに改善の努力をすれば誰よりも成長できるかもしれない、これは試練でありチャンスでもある』そんなふうに思えてきませんか?

たしかに、ダルそうに対応され、眉間にシワまで寄せられたら、邪険に扱われている気がしたり、不快で嫌な気持ちになってしまうのもよくわかります。

しかし、それさえも『この人(教育担当者)の嫌がるツボがわかった』と思えば、今後の関わり方を変えるヒントにすることもできますよね。

注意
教育担当者を「嫌な感じの人」という認識のままで終わらせてしまうと、次に顔を会わせるのが嫌になったり、出勤するのがつらくなったりするものです。

大切なのは、教育担当者の言葉や態度、あるいは指示などをどのように認知する(受け取る)かです。

見ようとしなければ見えない

先輩や上司たちの言動の中には、みしおさんにとって肯定的な情報もたくさん隠れています。しかし、それらは見ようとしなければ見えないものでもあるんですよ。

怒りや憎しみに自分を見失うことなく、新人として学ぶ謙虚な姿勢を取り戻すよう努めてみて下さい。

何事も“今すぐに”とはいかない事を心得る

「これが最後の転職にしたい」という気持ちがとても強いようですね。

しかし、今回が絶対に最後の転職でなければならない、そうでなければ自分はダメ人間だ、などと考えてはいけませんよ。

なぜなら、20代前半の社会人ほとんどが、仕事内容や職場の人間関係における現実を知って受けるショック(=リアリティショック)への対処が求められる時期にいるからです。

「できるだけ早く戦力になりたい。正規のメンバーとして認められたい」という気持ちが強く、焦りから空回りしやすい時期でもあります。

みしおさんだけでなく、多くの同年代の方々が転職を繰り返しやすい時期にいるのです。

多くの転職相談を受けている私の実活動に基づく見解(あくまでも目安として)ではありますが、30歳までに安定させる(自分に合った仕事や人間関係の中で働く)ことができれば十分良好な結果であると私は感じています。

いかがでしょう。“あと7年もある”と考えれば、少しは気持ちがラクになるのではないでしょうか。

何事もすぐに自分の思った通りにはならないものです。

どんなに地味なことでも試してみる

自分を助けてくれる身近な人(例えば、友人やパートナー、家族、同僚や上司など)に相談しながら、今のみしおさんにできる改善策をコツコツ試してみて下さい。どんなに地味なことでも後々じわじわと効いてくるはずですよ。

やれることはやってみたけれど何も変わらないという事なら、その時は転職という選択を考えてもいいのではないでしょうか。今の職場を最後にすることが必ずしもみしおさんの幸せに直結するとは限りません。

ぜひ柔軟に自分のキャリアを捉えてみて下さいね!

転職回数の多い女性へ。自分に合う仕事を見つける為には?
転職回数の多い女性へ。それでは自分に合う仕事はずっと見つからない?
転職の悩み解決!転職を成功させた3人の女性の秘訣とは?
転職の悩み解決!転職を成功させた3人の女性の秘訣とは?