当サイト初の書籍化!詳しくはコチラ

【社内恋愛相談】年下の同僚に好きな人がいる。この恋は諦めたほうがいい?

働く女性の無料相談・回答

相談:年下の同僚に好きな人がいる。いい関係になったけど彼に酷いことを言ってしまった。

相談者:ココアさん

好きな人がいます。とても大事な人です。

ですが、私が酷いことを言ってしまったせいで避けられるようになってしまいました。仲直りしたいしたいのですが、直接会って謝りたくても、何かと理由をつけて会ってくれなくなりました。

どうしたらいいですか?彼は今どう思っているのでしょうか?

彼は同僚で私よりもかなり年下です。最初は色々トラブルがあって、感謝の意味と飲み友達になれたらいいな、くらいのノリで二人で飲もうと私から誘いました。

次の週は彼から誘われて飲みに行きました。更に次の週はタイミングが良かったので私からご飯に誘いました。その日の帰りに彼から「ホテルに行こう」と言われビックリしました。そういうことを言うタイプには見えないし、年もかなり離れているので(彼は私の年齢を正確には知らないと思います)、私はそういう対象には見られていないだろうと思っていたからです。言われた瞬間はとっさに断ったものの、結局、その日にそのような関係になりました。

とても真面目な人だと思いますが、「付き合って欲しい」などの言葉は一切ありませんでした。私は以前それで(正式な交際スタートの意思確認をしなかった為)二股されていたことがあったので、次の日に取り乱してしまい、メールで彼を責めてしまいました。

すると、彼からは「二度とそういうことはしない」と怒ったような返信が来ました。その返信を見て、私の反応は彼にしてみたらただのとばっちりでさすがに酷い言われ方かもしれないと反省し、次の日直接謝りに行きました。

それで何とか仲直りすることができ、嬉しくてその週末にまた飲みに行きました。帰りのタイミングで「もっと一緒にいたい」と言いたかったのですが、言えなくて、結局あちこち彼を連れ回し、疲れて、駐車場に戻りそのまま朝まで車の中で二人で寝てしまいました。朝方、そういう雰囲気になったのですが、最後に私がイヤだと強く拒否したせいで、彼はそのまま怒って帰ってしまいました。昨夜(一緒に飲んでいた時)はむしろ微妙に私との距離を置いてくれて、私が取り乱したことを気にして配慮してくれているように感じていたのに、翌朝には結局そうなりそうだったので、やっぱり私は都合良く遊ばれていたのだと思ってしまったのです。

それ以来、彼は私と会ってくれなくなりました。それまでは一度もお誘いを断られたことはなかったのですが、それ依頼お誘いしても毎回何かしらの理由を付けて断られます。LINEも以前はすぐに返信が来ていたのですが、今は、時間が経ってから一度返信が来るだけです。たまに長く返信を続けてくれることもありますが…

最初はどうしても二股されていた過去の気持ちと重ねてしまい、彼のことも酷い人だと思っていました。ですが、今は彼はそんな人じゃないと思っていますし、彼からすればそういう深い関係になることを断られると、自分自身(彼自身)を拒否されてるように思うのだとやっと気づきました。

私にとって彼は大事な人です。彼自身を拒否したかったわけでは決してありません。拒否されることがどれだけ辛かったかと思うと申し訳無くて仕方がありません。そのことをLINEで謝り、気持ちも伝えました。しかし出来れば直接会って、謝りたいと思っていますが、そこは避けられてしまいます。もう1カ月くらい直接会えていません。

彼の気持ちがわかりません。どうしたら仲直り出来ますか?出来れば、また元のように仲良くなれれば、と思っています。彼に直接会って、謝りたいです。

もう二度と許してはもらえないのでしょうか?

私はこの恋を諦めた方がいいのでしょうか?

どうかアドバイスを宜しくお願いします。

(***ご相談内容は一部編集しております***)

(本記事は、当サイト「働く女性無料相談窓口」より、働く女性から寄せられたご相談にお答えする内容となっております。)

回答者:一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長 大森篤志

こんにちは、大森篤志です。ココアさん、ご相談ありがとうございます!

大森篤志

それでは、回答させて頂きますね。

大森篤志からの回答内容

正式な交際スタートの意思確認をせず曖昧な関係を続けていたことで二股されてしまった苦い過去がトラウマになっているようですが、それを教訓にするよう努めれば必ず素敵な恋愛ができるはずですよ。

しかし今回のご相談内容から私が推察する限りでは、「付き合って欲しいなどの言葉はありませんでした」というココアさんの発言から『言われるのを待っている』ように見受けられます。

誠実なプロセスを踏もうとせずに急ぐ男性の大半は遊び

厳しい言い方に聞こえるかもしれませんが、彼から「付き合って欲しい」などの言葉がなかったのであれば、ココアさんのほうから「私と本気のお付き合いをするってことでいいの?」「遊びじゃない?」などときちんと確認してから関係を進めるべきだったのではないでしょうか。

それが過去の苦い思い出を教訓にするということです。

これもあまり聞きたくない話かと思いますが、ココアさんに“素敵なパートナーと幸せな恋愛をして頂きたい”という願いを込め、あえてハッキリと言わせて下さい。

相手から「好きです」「付き合って欲しい」など愛のある言葉があった上で、こちらの同意をきちんと得てからそういう関係になろうとする男性は誠実ですし、本気です。一方、誠実なプロセスを踏もうとせずに急ぐ男性の大半は、遊びと思っておいたほうが賢明でしょう。

次に断った時の相手の反応で見極める

その時の勢いに負けてしまい、つい許してしまった女性が後になって相手の本気度を確認したい場合は、次は上手く断って相手の反応を見ることです。

この時に相手が逆ギレして怒ったり、不機嫌になるようなら、自己中心的な男性と見て間違いありません。中途半端な気持ちで自分に近づいてきた遊び人と判断してもいいでしょう。

もしご相談内容の通りの彼の反応だけで私が判断するのであれば、残念ながら『遊びの可能性が高い』とお答え致します。

「遊びでした」と答える男性はなかなかいない

そして、その真意を確認するために、遊びかどうかを直接彼に問いただしてもまともな答えが返ってくることはないでしょう。本当は遊びでも「遊びでした」と答える男性はまず存在しないと思って下さい。存在する多くは『言い訳をしながら逃げていく不誠実な男性』です。

一度好きになってしまった相手をすぐに諦めることは難しいかもしれません。決して悪い人ではないと信じたい気持ちもあるでしょう。好きになってしまうと、口で言う事と実際の行動とに矛盾がある言行不一致な相手であっても「この人は違う」と楽観的に判断しやすいのが女ゴコロ。しかし、行動は嘘をつきません。

“答え”を出して新しいスタートを切る

深呼吸を3回して心を落ち着かせましょう。彼の言葉と行動に矛盾がなかったか、彼の言動には愛があるのか、彼は本当に誠実な人なのか。冷静になって改めて振り返り、ココアさんなりの答えを出してみて下さい。

彼を諦められない場合は、勇気を出してココアさんから告白してみるのも一つの解決方法です。関係をハッキリさせることで諦めがつく場合もありますし、曖昧な関係から抜け出して正式な交際をスタートさせることができるかもしれません。いずれにしても、“答え”を出すことが大切ですよ。