【働く女性悩み相談】男に振り回され借金。大事な国家資格の試験もあるのに…

【働く女性悩み相談】男に振り回されて借金。大事な国家資格の試験もあるのに

本記事は、働く女性から当サイト「働く女性無料相談窓口」へ寄せられたご相談にお答えする内容となっております。

もし、あなたも働く女性として同じ様なお悩みなどお持ちでしたら参考にしてみて下さいね。

 

相談:男に振り回されて借金持ち。来年にはキャリアを決める大事な資格試験が迫っているのに、生活や借金返済のために仕事を掛け持ちしている状況。もう生きることに疲れてきた…。

相談者:匿名さん(※本回答では「Aさん」とさせて頂きます)

私は理容師のアシスタントをしながら通信制の理容学校に通っていて来年には国家試験があります。

私の彼氏も同じく理容師のアシスタントをしながら通信制の理容学校に通っていて学年も同じです。

彼と付き合い始めて1年6ヶ月になります。彼と同棲し始めたのも付き合ってすぐでした。

同棲し始めた時は8畳の1K(彼名義)に彼のお兄さん(以下、彼兄)も一緒に住んでいて、彼兄が諸々の支払いを管理していたので、私も彼も彼兄に毎月お金を渡していました。

ですが、それからすぐに彼兄は仕事をまともにしなくなって水道が止まりました。

その時に始めて水道、光熱費、家賃を滞納していたことを知り、彼の親に相談したのですが、「知らない。一応(彼兄には)言っておく」と言われ、仕方なく私の祖母に頼み込み10万ほどお金を借り全て支払いました。

それからは私が全ての支払いを管理していたのですが、やはり彼兄からは1円も貰えず。一応、滞納したお金の彼兄分だけは分割でしたが返ってきました。

毎月渡していた私達の分は??と疑問に思いましたが、めんどくさくなってしまったので、あまり深く突っ込みませんでした。

結局その後の支払いのお金は貰えず、出て行ってくれと言っても聞かなかったので、私達が引っ越すことに。
この時点で同棲して既に1年経ってます。

彼名義の部屋だったので住んでいた家は解約。すると彼兄から「6万円くれくれ」と彼に謎の連絡が来たので、これでキッパリ切れるのならと言い6万渡しました。

彼兄の滞納等のおかげで貯蓄が全くできてなかったので、とりあえず金融機関に50万ほど私の名義で借りました。

しかし・・・引っ越してすぐ、今度は彼氏が仕事に行かなくなりました。

私の1ヶ月の支払い内訳は、家賃、駐車場代、学費の返済(私の学費は祖父に借りているのでその返済)、仕事と学校で使うハサミ2本の返済、金融機関に借りたお金の返済、彼が仕事をしなかった間の全ての支払いの為に他の金融機関に借りた返済4社分、国保、携帯代など。

彼の支払いは、親に借りてる学費、国保、年金、ハサミ代、車の保険代、生命保険、生活費のため金融機関に借りたお金の返済、中古車を買うのに親に立て替えてもらったお金の返済など。

これらにプラスして家の光熱費等の支払いが重なります。

何度も別れ話をしました。

ですが、その度に「頑張る。頑張ってるよ!そんなすぐにサボり癖が治るわけないだろ!」となぜか私が責められ、言いくるめられてきました。

それに、仕事に行ってない間は、ギャンブルか他の女と浮気。私の把握してる限りでは過去に二人も。

彼からは「寂しかったから」とか、「そんなすぐに治らない!」と言われ責められました。

彼とは休みの日が同じなので、どこに行くにも常に一緒です。私は生活のためと思い、少し前から掛け持ちで仕事を始めました。それでもお給料は合わせて14万ほど。

祖父や祖母に頭を下げて返済を待ってもらったり、金融機関に一度はお金を返済してもすぐに引き出したりしてるので全く借金が減りません。

常にお金の事が頭から離れないので気が狂いそうになります。そして、仕事から帰ると家事が待っています。
私の実家もいろいろ揉めており頼る事ができません。彼の親も当てにならない。

私の存在はただの家政婦兼ATMですよね。

家を出たくても頼れる友達がいるわけでもなく、お金があるわけでもない。文は乱文だし、結局何が言いたいのかもまったくまとまってない。申し訳ありません。もう、生きる事に疲れてしまいました。

(***ご相談内容は一部編集しております***)

 

回答者:一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長 大森篤志

こんにちは、大森篤志です。Aさん、ご相談ありがとうございます!

大森篤志

それでは、回答させて頂きますね。

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧