【ネイリスト技能検定試験】女性に人気の資格を詳しく解説!

【ネイリスト技能検定試験】女性に人気の資格を詳しく解説!
こんにちは、BP.Labo(ビーピーラボ)の大森篤志です。

大森篤志

今回は、『ネイリスト技能検定試験』について詳しく解説していきます。

本記事は、次のような方たちに特に役立つ内容となっております。

  • ネイリスト技能検定試験の合格を本気で目指している人
  • ネイリスト技能検定の情報を集めている興味段階の人
  • 「自分がネイリストに向いているのか知りたい!」という人
  • 「再就職や転職のためにネイリストの資格を取得しておきたい!」という人

いずれにしても、本記事があなたのネイリスト技能検定に対する不安や疑問を解消させる一助になれば幸いです。

記事の後半では、「ネイリストの仕事はあなたに合っているのか?」を自己診断出来るようになっていますのでぜひ最後までチェックしてみて下さいね。

 

【資格・検定の概要】

ネイリスト技能検定試験とは、国際的に通用するネイリストの育成を目指す公益財団法人日本ネイリスト検定試験センター(以下、JNEC)が主催する、正しい技術と知識の向上を目的とした実践に役立つ検定試験です。

今や身だしなみの一つとして定着しているネイルアート。爪先にアートを施して個性を演出したり、遊び心を満たしたりする女性も多いのではないでしょうか。

ネイリスト技能検定試験を受験する女性たちは年々増加しており、それに伴って資格の価値も上昇しています。技術向上とお客様の信頼を得るためにもネイリストを目指す者の必須資格と言えるでしょう。

ネイリスト技能検定試験は次のように3級、2級、1級と段階が設けられておりますが、本格的にネイルサロンなどで働くことを考えるなら2級以上は取得しておきたいところです。

  • 1級:トップレベルのネイリストとして必要とされる総合的な技術及び知識を習得する
  • 2級:サロンワークで通用するネイルケア、リペア、チップ&ラップ、アートに関する技術及び知識を習得する
  • 3級:ネイリストベーシックのマスター。ネイルケア、ネイルアートに関する基本的な技術及び知識を習得する

主にネイルサロンや美容室などが活躍の場になりますが、今や人気の仕事であるだけに就業の空きが少ないという話もよく耳にします。その一方で、自宅スペースを利用して独立・開業する人も増えているようです。初期費用も少なく抑えられますから、実力をつけて自分のお店を経営する道も現実的な発想と言えるかもしれません。

資格取得を目指せる民間スクールも多数あります。加えて、JNECが発行する過去問題集を活用するといいでしょう。問題集は1級から3級まで、それぞれ過去に出題された問題が3回分ずつ掲載されており、筆記試験合格に必要な問題が網羅されています。さらに受験の申込方法や受験に際しての注意事項なども掲載されており、受験生をサポートしてくれる心強い一冊になるのではないでしょうか。

 

【受験資格】

1級:ネイリスト技能検定試験2級合格者のみ

2級:ネイリスト技能検定試験3合格者のみ

3級:義務教育を修了した方であれば、どなたでも受験可能

 

【試験内容】

各級ともに「実技試験」と「筆記試験」を実施します。なお、試験結果が「筆記のみ合格された方」は、次回試験で同級を受験される場合に限り筆記試験が免除されます。

※その他の詳細はJNECまでご確認下さい。

 

【合格率】

1級:36.9%

2級:39.8%

3級:84.7%

※上記の合格率は2014年春期データでございます。年時期によって異なりますことを予めご了承下さい。

 

【受験料】

1級:11,000円

2級:8,800円

3級:6,600円

※上記は税込受験料です。受験料は変更される場合がございますので、最新情報はJNECまでご確認下さい。

 

【資格試験日】

1級:4月、10月(年2回)

2級/3級:4月、7月、10月、1月(年4回)

※最新情報はJNECまでご確認下さい。

 

【試験会場】

札幌・盛岡・仙台・東京・名古屋・新潟・金沢・大阪・広島・高松・福岡・沖縄

※最新情報はJNECまでご確認下さい。

 

こんな女性は、「ネイリスト」に向いている!(適職診断)

ネイリストは細かな作業を行うため、手先が器用であることは必須条件です。さらに、あなただけの個性や感性を活かすことや、最新の流行をいち早くキャッチすることも大切です。

その他にも、施術中にお客様を退屈させない気配りや会話力などの社交性も人気ネイリストには大事なファクターとなります。

年間100名を超える働く女性たちの「適職診断」を行ってきた私としては、ただ勢いだけでネイリストを目指すのではなく、その前に少しだけ冷静になって「ネイリストの仕事は自分に合っているのか?」ということも考えてみて欲しいと思っています。

少し考えただけで「マンツーマンのサービスなんて無理…」と思ってしまうようでは、ちょっと心配ですよね。

いたずらに未来を想像して不安になるのもうまくありませんから、ネイリストに向いている女性の特徴をいくつかご紹介しておきましょう。

 

「ネイリストの仕事」はあなたに合っているのか診断してみましょう!

次にお伝えする7項目にあなたはいくつ該当しますか?

  1. 旬な情報はすかさずキャッチし、次から次へと新しい情報に目が向く

  2. 凝り性なところがある

  3. 何事も細かいところまで気になるたちだ。話の内容や手順などは隅から隅まで知っておきたい

  4. 習得したスキルを使い続け、磨き続けることに喜びを感じる

  5. 相手を思えば、場合によっては、罪のないウソは仕方ないと思う

  6. 何かに没頭していると、約束の時間を忘れてしまうことがある

  7. 大らかなところがあって、人や場をリラックスさせるのは得意な方。人をよくホメる方だ

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

自分に当てはまる項目が多い人ほど、「ネイリストとして力を発揮しやすい。適職!」という傾向がありますよ。

今回のテストは気軽に行える簡易的なものでしたが、もし

  • 「もっと深く自分自身のことを知りたい!」
  • 「自分に”向いている仕事”と”向いていない仕事”、どっちもちゃんと知っておきたい!」
  • 「就活・転職・起業を何としても成功させたい!」

そう思っている方は、いつでもBP.Laboの大森篤志までお問い合わせください。

その時は、あなたオリジナルの高精度の診断サポートをさせて頂きます。それでは!

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧