バレンタインは「恋のきっかけ」づくり!!【男心をつかむ5つの言葉】

著者:大森篤志 カテゴリ:

バレンタインは「恋のきっかけ」づくり!!【男心をつかむ5つの言葉】

バレンタインデーも近いので今日は『ビシッと』お伝えさせて頂きます!

今回は、記事中の言い回しをちょっぴりダンディーにして「バレンタインで恋のきっかけをつくる5つの言葉」をご紹介致します。

 

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

いつもと違う雰囲気を感じていただきながら、バレンタイン対策の一助にしてもらえたら嬉しいです。


バレンタインデーお薦め記事

今年のバレンタインいつ渡す?【チョコを渡すベストタイミング】


1.「それ、義理じゃないよ」

バレンタインの品を渡したときに、サラリ。

「あっ、それ義理じゃないからね」

な〜んて言われたら、どんな男でも心中穏やかでいられるはずがない。

「義理じゃないって、どういうことだろう?」

鈍感な男なら、最初は本当に「どういうこと?」という感覚かもしれない。

でも、その日の夜には、あなたのことが気になって眠れなくなっているはずだ。

 

2.「あなただけ手作りよ」

単に「手作り」であることを伝えるのではない。

「あなただけ」という言葉をしっかり添えるのだ。

男は「あなただけ」というオンリーワンフレーズに弱い。弱すぎるのだ。あなたが思っている以上に。

「手作り」であることはもちろん、それが「自分だけ」なのだから、男心が乱れないわけがない。

「好きだ」とストレートに言わなくとも、相手はきっとあなたの気持ちに気づいてくれるだろう。

 

3.「時間かけすぎちゃった…」

「時間かけすぎちゃった、私って器用じゃないのよね」とポツリ。

実はこれはすごいテクニックなのだ。この表現に注目して欲しい。

単に「自分の不器用さ」を言っているのではない。たとえ表向きはそうでも、本当に伝えたいことは「あなたのためにこれだけ頑張ったの私。だって、あなたが好きだから」ということになる。

でも、普通は「こんなに頑張ったの」なんて押し付けがましくて言えるものではない。

それを「時間かけすぎちゃった、私って器用じゃないのよね」と言えば巧みに伝えられるのだ。

彼が鈍感すぎる男なら、「あなたに渡すものじゃなかったら、こんなに時間をかけなかったわ」と付け加えてもいいだろう。

4.「いろんな気持ちが入ってるから」

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧