クリスマス、誕生日、結婚記念日…彼氏や夫はこう考えています!

【男性心理】クリスマス、誕生日、結婚記念日…彼氏や夫はこう考えています!

 

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

大森篤志

一年はあっという間。早いもので、もう年の瀬です!驚。

そして、世界中が恋愛ムード一色に染まる「クリスマス(Christmas)」も近づいてきました。

そこで今回は、
『記念日やイベント、男はどう考えてるの?』をテーマにお話していきたいと思います。

 

男性に愛される女性は、『温度差』を理解している。

「クリスマス」や「バレンタイン」、「誕生日」や「結婚記念日」、他にも「交際2周年記念」や「二人で初めてデートした日から1周年」など…。

どちらかというと、男性よりも女性の方が記念日やイベントを重視する傾向にあります。

もちろん、女性に負けないほどのマメ男も存在しますが、逆に記念日やイベントには全く無頓着で、付き合い始めに「記念日やイベントにあまりこだわらない関係でいたいんだ」と、さりげなく断りを入れておく周到な男性も存在します。

誤解しないでおいて欲しいところですが、基本的に男性は、記念日やイベントは愛する人と一緒に過ごして大切にしたいと考えています。

ただ、男性と女性の間では記念日やイベントに対する温度差があるため、多くの場合、彼女からすると「彼の方が記念日やイベントに無頓着な人」だと感じてしまうのです。

この男女間の温度差をきちんと理解しようとする前に、「彼には思いやりがない」「彼は私のことをどうでもいいと思っている」などと判断してしまうのは、ちょっと傲慢だと思います。

例えば、あなたから見れば二人とも”超”がつくほど「キレイ好き」なカップルがいたとしましょう。

でも、カップルである二人だけの間では「彼の方が彼女よりもキレイ好き」で「どちらかというと彼女の方がズボラ」とか、同様にその逆の関係も存在するわけです。

具体的に例えると、彼女がどんなに部屋をキレイに掃除しても、「空気が汚れている」とか、「もっと目に見えないところまでキレイにするべきだ」とか思う彼もいるわけで、この場合は、彼の方が彼女よりもハイレベルなキレイ好き(ちょっと度が過ぎていますが…)ってことになるわけです。もちろんその逆も。

あなたから見れば二人とも超キレイ好きであっても、このように『彼ら二人のキレイ好きには必ず温度差がある』のです。

ですから、「彼が記念日やイベントを大切にしてくれない」と嘆く前に、少しだけ考えてみましょう。

具体的には、二人の温度差を確認し、お互いに歩み寄りながら『どこまでを記念日とし、どのイベントを重要とするか』を決めればいいのだと思います。

多くの男性は、誕生日や結婚記念日なら気に留めていますが、「出会って1周年記念」とか、「付き合って2周年記念」とか、そういった微妙に細かい記念日まではぶっちゃけ気に留めません。

実際、彼女から教えられても「あれ、そうだっけ?」というニュアンスで彼の反応が返ってくることも多いでしょうから、彼に過度な期待をするのは”うまくない”ように思います。ひょんなことからケンカの種にもなりそうですしね!汗。

彼と歩んできた軌跡を定期的に大切にしようとするのは素晴らしいことですが、「しょっちゅう行わないこと」が円満の秘訣なのでしょう。

 

記念日に無頓着だった男性が『マメ男』に変わるとき。

実は、記念日やイベントに無頓着な男性であっても、マメ男へ変わることが稀にあります。

例えば、「クリスマスに彼女の喜びそうな素敵なレストランへ連れて行ったら、彼女が涙を流して感動してくれた」とか、「誕生日にケーキを手作りしたら、今までで一番嬉しいプレゼントだと飛んで喜んでくれた」とか、彼の何らかのアクションに対して彼女のリアクションがめちゃくちゃ良かった場合は、彼は『記念日やイベント事にマメな男』へと変貌することがあるのです。

男性は「これからも彼女と記念日やイベントを一緒に過ごしたら楽しいんだろうなぁ」と思える彼女に対してはマメ男になるわけですから、こういった単純な男心を利用しない手はありません。

ぜひ、彼がしてくれたアクション一つ一つに大きく感動し、二人で一緒に過ごす時間があなただけでなく彼にとっても特別な時間になるように演出してあげましょう。そのためにも、あなたの感動力は必要不可欠です。

 

要注意!それでは、彼の気持ちをズタズタにしてしまいます。

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧