トップセールス営業女子が行っている『とっておきの営業のコツ』

トップセールス営業女子が行っている、『とっておきの営業のコツ』

 

今回は、「トップセールス営業女子が行っている、とっておきの営業のコツ」についてお話したいと思います。

 

大森篤志

こんにちは、BPLaboの大森篤志です。

 

「自分でコントロール出来ないこと」には悩まない。

お客様の嗜好を徹底的に分析し、お客様にピッタリの商品やサービスを提案して成約をとろうと努力したのに、最後の最後になって断られてしまった。これはセールスの世界では、よくある話です。

確かに悔しいし、落ち込むことがあるかもしれませんが、所詮その商品やサービスを購入するかどうかは『お客様が決めること』です。セールスをする側のあなたには、相手の決断を完全にコントロールすることは出来ません。

トップセールスマンほど成否に一喜一憂せず、たとえ断られてもすぐに気持ちを切り替えようとするものです。

女性
意外な話が聞けたなあ。(メモメモ)
女性
「見込み客(将来のお客様)」を増やせて良かった。

こんなふうにすぐに気持ちを切り替え、高いモチベーションのまま次の新しいお客様に向かっていく姿勢が大事なのではないでしょうか。営業成績なんてものは、たくさんのお客様に当たれば自然と上向くものです。

営業成績が伸び悩んでいる人は、お客様からのYES/NOに一喜一憂し心身ともに疲れてしまっている状態。モチベーションを落としたまま次の新しいお客様に向かってしまうため成約につながりにくいのです。

NO!の時こそ、「売上よりも『お客様と楽しい会話が出来たかどうか』に意識を向ける」ことがポイントです。

トップセールス営業女子は、決して「口が上手い」わけでも「相手の心理をコントロールするのが上手い」わけでもありません。それよりも『自分の気持ちをコントロールするのが上手い』のです。

 

トップセールス営業女子は、面倒なことを真っ先にする。

男女問わずトップセールスマンに共通しているのが、「すぐに行動する」という点です。

セールスに限らず、どんな職業の人でも「面倒だけどやらなければならない仕事」はあるものです。すぐ怒鳴る上司にミスの報告をしなければならなかったり、神経質でプチ・クレーマーでもある上お得意様に電話連絡をしなければならなかったり等々。

そして、トップセールスマンほど『面倒なことを真っ先に片付けます』。

中には「『好きなこと』や『やりたいこと』、または『出来ること』から優先的にやりましょう!」と提唱するセールスマネージャーもいますが、そのような己主義の姿勢でいてお客様から信頼を得られたセールスマンを私は見たことがありません。

例えば、営業時間外にお客様からあなたにクレームのメールが入って来たとしましょう。

mail

こういう時に「翌朝になってから落ち着いて返信しよう。時間が経てば相手も少しは冷静になっているだろうし」と考える人は多いようですが、上位数%のトップセールスマンたちは『すぐにその場で返信する』のです。

なぜなら、イヤなことを引きずりたくないからです。

イヤなこと、面倒なことを後回しにすると、それがずっとストレスになってまとわりついてきます。快適だったはずの時間が悶々とした時間に変わり、使うはずのなかった無駄なエネルギーを浪費することになるわけです。面倒なことを真っ先に片付けてしまえば、残った時間は快適ですよね。

また、営業時間外にあなたから謝罪の連絡をもらったお客様の気持ちも想像してみて下さい。その場では当然お叱りを受けるでしょうが、後々になって「あの時の対応は迅速で素晴らしかった」と高評価を得られるものです。一方、あなたの対応が遅くなればなるほど、お客様は「対応が遅くて信用出来ない」というあなたの悪いイメージをずっと引きずっていきます。それを払拭させるのは至難の業でしょう。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

トップセールスマンほど、地道な努力を積み重ねているものです。「トークスキルを磨くこと」や「知識を増やすこと」もさることながら、最も徹底しているのは『お客様に対して誠実であること』なのでしょう。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ