「お誘い」を断るにはコツがいる!!【相手を不快にしない断り方】

「お誘い」を断るにはコツがいる!!【相手を不快にしない断り方】

今回は、『上手な断り方』についてご一緒に学んでいきましょう。

 

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

相手を不快にしない断り方をするにはコツがあるんですよ。それでは、代表的な3つを例に解説致しますね!

 

上手な断り方

  1. 「ありがとうございます。そうしたいのですが、まだ仕事が残っておりまして」
  2. 「いいですねぇ。ただ、その日は約束していた家族サービスの日でして」
  3. 「残念ですが、その日は先約がありまして。みなさんで楽しんでいらしてください」

 

1.「同僚や上司の誘い」を断る

同僚や上司から「これから、どう?」などと誘いを受けたときに使える断りフレーズ。それが、「ありがとうございます。そうしたいのですが、まだ仕事が残っておりまして」という断り方です。

たとえ本当に仕事が残っていなくても、どうしても上司の誘いに気が進まないような時は、このフレーズを使うといいでしょう。「まだ仕事が残っている」と言われれば、しつこく強引に誘う非常識な上司はそうはいません。

また、「明日やればいいじゃないか」と同僚がしつこく誘ってくるようであれば、「今日中に部長へ提出なんだ」と上司を盾に上手に断りましょう。

断る場合は「仕事」を理由に断るだけではなく、「ありがとう」「嬉しいけど」など、『誘ってくれてありがとう』という感謝の言葉を最初に付け加えるのもポイントですよ。

頭ごなしに「仕事が残ってるから」と言うよりも、『行きたいのはヤマヤマなんだけど』という肯定的なニュアンスや感謝の気持ちを伝えた方が、相手は気持ちよくこちらを理解してくれるものです。

 

2.「休日の誘い」を断る

休日に行われるイベントや会合への誘いを断るときに使える便利なフレーズ。それが、「いいですねぇ。ただ、その日は約束していた家族サービスの日でして」という断り方です。

ゴルフが苦手なあなたが、「次の日曜日にゴルフでもいかがですか?」と誘われたり、「今度の土曜日に私の知り合いがイベントを開催するのですが、ご一緒にいかがですか?」など、面識のない人が主催する会費制イベントの誘いを断りたい時は、たとえゴルフが苦手でも、面識もない人だし会費制だしイヤと思っていても、「いいですねぇ。ただ、その日は約束していた家族サービスの日でして」と応じるといいでしょう。「いいですねぇ」「行きたいですねぇ」という受け入れる言葉を最初に付け加えるのがポイントですよ。

また、あなたが一人暮らしであるのなら、「久しぶりの彼との予定でして」「両親が来ておりまして」など、自分の状況に合った断り方をするのもいいでしょう。但し、まだ独身で見た目も実年齢も若いのに「家族サービス」などの言葉を使うとウソっぽくなります。自分に見合った言葉をチョイスしましょう。

『最後はこちらです。これもよくありますよね!』→

3.「旅行やイベントの誘い」を断る

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ