「思うようにいかない」「思うように出来ない」人の理由と対処方法

「思うようにいかない」「思うように出来ない」人の理由と対処方法

 

「思うようにいかない」人の多くは、頻繁に「~できない」という言葉を無意識的に使っています。

 

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

例えばこんなふうに。

  • 自分に自信を持つことができない
  • お客様とうまく会話をすることができない
  • 自分の意見を伝えることができない
  • 成果を上げることができない
  • 求められる行動をとることができない
  • 相手を叱る(褒める)ことができない
  • 物事をポジティブに捉えることができない etc…

 

対処方法は?

心理療法の一つに「ゲシュタルト療法」というものがあります。

過去にはフォーカスせずに、「今」にフォーカスして、ありのままの自分に肯定的な気づきを得ていくような代表的な心理療法です。

その考案者であるユダヤ人の精神科医、フレデリック・パールズはこう言っています。

「”できない”のではなくて”しない”だけである」

つまり、

「することができない」のではなく「しないことができる」ということ

これには、私も同感です。

「しないことをする」ことで、「しないことを選択する」ことで、きっとあなたは何かしらのメリットを受けているのでしょう。

分かりやすい例をあげると、「相手を叱ることができない」のであれば、「相手を叱らない」ことによって、嫌われて傷つくことから自分を守れるというメリットがあるのです。

その一方、とてもメリットがあるようには思えないのに「しないことを選択している」人もいます。

そういう場合は、自分を守るために非常に強い「信念」になっている場合がほとんどです。

以前、裏切られた。
以前、無視された。
以前、否定された。

そんな強い「人格を否定されるほどの強い出来事」によって心が完全に閉ざされ、「しないことが真実だ」と信じて疑わない状態がつくられてしまったのです。

「思うようにいかない」「思うように出来ない」人の理由と対処方法2

これらもまた、結局は「傷つくことから自分を守る」ためなのでしょう。

こうして紐解いていっても、やはり「”できない”のではなくて”しない”だけ」であることがよく分かります。

 

例えば、こんな質問をされたとします。

「転職したら給料が今の3倍になるとしたら、あなたはどんな気分になりますか?」

もちろん、「やった!」と嬉しくて飛び跳ねる人もいると思います。

でも、「えっ?3倍?」となぜだか不安に思う人だっているはずです。

それは、以前に両親から、

「お金のなる木はないのよ!」
「お手伝いをしないとお小遣いはもらえないのよ!」
「お金を得るのは簡単なことじゃないんだぞ!」

と叱られたり、言い聞かされたりしてきたとします。

すると、大人になった今のあなたは、「3倍って・・?どんな大変な仕事が待ち受けているのか不安・・」という「大変な仕事はイヤ!」という怖れから回避しようという心の働きが生じて、結局は「動かない」、つまり「しないことを選択する」ようになるわけです。

実は、「以前のイヤな出来事」に心が縛られて、ずっと「しないことを選択している」だけなのです。

今あなたの抱えている「できない」という不安は、今の問題に対して働いているのではなく、過去の問題に対して働いています。

「思うようにいかない」「思うように出来ない」人の理由と対処方法3

 

ですから、「今の問題とはまったく関係ない」ということに気づかない限り、解決しない問題なんですね。そんな「思い込み」をいつまでも大事に握りしめている必要は、もうないんですよ。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ