履歴書と面接がカギを握る!【人事担当者の心をつかむコミュニケーション術】

履歴書と面接がカギを握る!【人事担当者の心をつかむコミュニケーション術】

こんにちは、BPLabo(ビーピーラボ)の大森篤志です。

大森篤志

本記事では、人事担当者の心をつかむ「履歴書の書き方」と「面接のコツ」をご紹介します。

 

厚生労働省は2014年度に入り、子供を持つ女性のための求職相談窓口「マザーズハローワーク」の拡充を決めました。

国が女性活用の方針を打ち出して政策を推し進めていますので、少しずつではありますが、女性の再就職や職場復帰の問題に対しても明るい兆しが期待出来るかもしれません。

とは言っても、環境が整うにはまだまだ時間がかかりそうです!汗。

 

リアルな現実は、

  • 「私のスキルを必要としている企業って意外と少ないのよね」
  • 「あまり人には言えないけど、ほとんどが書類選考の段階ではじかれちゃう」
  • 「書類は毎回通過するのに、面接は全敗・・・」

と、結局は再就職先がなかなか決まらないことが多いもの。

 

しかし、同時にそういった皆様からの体験談から「あるポイント」も見えてきました。

それは、一にも二にも『書類と面接がカギ』であるということです。

書類と面接がカギであることは以前から言われてきたことですが、どうしてもそのポイントをおさえきれない方が多いようです。

そのあたりも踏まえながら、まずは「履歴書の書き方」からお話していきましょう。

ポイントは2つです!

 

1. 「字」と「写真」で人間性を表現する。

「字は人柄を表す」と言いますが、人事担当者はあなたが思っている以上にそれを意識しているそうです。

私がリクルーターとして採用担当を行っていた時のことですが、

  • 「子育てや家事の合間にササッと書かれているのか、客観的に見ると履歴書の字が雑になっているのが分かりますね」
  • 「どうせ書類なんてそんなに真剣に見てないでしょ、と軽く考えているのでは?」
  • 「短期間でのパート募集だし、適当に書いても問題ないだろうって思ってるんでしょうね」

と、履歴書の字を見ながら、ある人事担当者は語ってくださいました。

字が雑であるばっかりに、履歴書の人物が本当にそうであるかそうでないかは別として、人事担当者に良い印象を与えていないことは確かなようです。

適当に書いた印象を人事担当者に与えてしまうと、適当に扱われてしまうのがオチです。

初めて会った相手の印象は3秒、早ければ一瞬で決まると言われていますが、履歴書も同じことなのでしょう。

パッと見の印象、つまり「見た目」がものすごく大事なのです。

履歴書の見た目って「字」です。そして「写真」です。字と写真に強烈なこだわりを持つだけで、結果は大きく好転するかもしれません。

もともと字が上手でない人であっても、出来るかぎり美しく丁寧に書く努力をしましょう。

そして、写真もケチらずに専門のスタジオで撮るくらいでちょうどいいのです。

ぜひ、見た目の最高傑作をつくるように心がけてみてくださいね。

 

2. 育児と仕事を両立できることをアピールする。

これまでのキャリアや活かせる能力、取得した資格などはもちろんですが、「育児と仕事を両立させる能力をアピールすること」はとても大事です。

「夫が育児や家事に協力的で、私が仕事を続けることを一番に考えてくれています」など、どんなに大変であっても仕事を続けていく覚悟があることをアピールするのです。

あなたにどんなキャリアや能力があったとしても、結婚や育児で一度は仕事を離れた以上、ブランクがあったことは事実です。ですから、「子育てに専念しながらも、仕事復帰のためにどのようなことをしてきたのか」ということをきちんとアピールするべきなのです。

子育てに専念しながらもブランクを埋める努力をしてきたことが伝われば、これまでのあなたのキャリアも色あせることはありませんし、企業側としても安心感を持てる要素になりますから。

 

大事なことは、過去の自分をアピールすることよりも、今の自分を企業側の立場に身を置いてアピールすること。

 

ぜひ、参考にしてみてください。

次に、面接でのポイントについて触れていきましょう。

面接でのポイントは次の2つです!

 

1. アピールのタイミングをハズさないこと。

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

この記事に付けられたタグ