【心理系の資格】『臨床心理士』になるには?収入は?詳しく解説。

・【心理系の資格】『臨床心理士』になるには?収入は?詳しく解説。

 

今回は、『臨床心理士』の資格について詳しく解説していきます。

 

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

本記事は、次のような方たちに特に役立つ内容となっております。

  • 臨床心理士の資格取得を本気で目指している人
  • 臨床心理士に関する詳しい情報を集めている興味段階の人
  • 「自分が『臨床心理士』に向いているのか知りたい!」という人

本記事があなたの『臨床心理士』に対する不安や疑問を解消させる一助になれば幸いです。

記事の後半では、適職診断として「あなたが『臨床心理士』に向いているのか?」を自己診断出来るようになっていますのでぜひ最後までチェックしてみて下さいね。

 

【資格・検定の概要】

現代は、子供においては「いじめ」や「不登校」などの問題、社会人においては「鬱(うつ)」などの問題、さらに熟年においては「介護疲れ(介護うつ)」や「熟年離婚(不仲・モラハラ・DV)」等、心の不調を引き起こす原因が数多くあります。

価値観やニーズが多様化している現代。人々の抱える問題は複雑で、多岐にわたっています。そんな悩める人々の”良き相談相手”となり、感情整理のサポートをし、解決方法を一緒に見つけ出していくのが、臨床心理士の仕事です。

好き

「臨床心理士」は現在の心理系資格の頂点。(※日本初の心理系国家資格「公認心理師」が誕生する予定です)それゆえに、相応の教育を受けて、医師かそれに相当する能力が必要となる資格でもあります。

一般的に臨床心理士は、総合病院、大学の附属病院等の精神科、リハビリテーションセンター、カウンセリングルームや専門施設、児童相談所や学校など、カウンセリングが必要とされるあらゆる場所で活躍しています。問題を起こした少年たちや犯罪者の心理行動を分析して、警察や少年鑑別所などに協力するようなケースもあります。

49

病院やカウンセリングルーム等の専門施設に就職すれば、それなりの安定収入が見込めます。個人でカウンセリングルームを開業することも可能ですが、独立して高収入を得ようとする場合は、技術力以上に経営力が必要となるでしょう。

いずれにしても、心の問題に対して日本が欧米と比べて著しく遅れをとっている分、これから増々需要が伸びていく分野と言えそうです。社会的な認知が期待されているところですね。

「資格取得までの流れ」をチェクしていきましょう!

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ