【女性の資格】「リフレクソロジスト」人の心と身体を癒す技術者

【女性の資格】「リフレクソロジスト」人の心と身体を癒す技術者

こんにちは、BP.Labo(ビーピーラボ)の大森篤志です。

大森篤志

今回は、『リフレクソロジスト』の資格について詳しく解説していきます。

本記事は、次のような方たちに特に役立つ内容となっております。

  • リフレクソロジストの資格取得を本気で目指している人
  • リフレクソロジストの情報を集めている興味段階の人
  • 「自分がリフレクソロジストに向いているのか知りたい!」という人
  • 「再就職や転職のためにリフレクソロジスト資格を取得しておきたい!」という人

本記事があなたのリフレクソロジストに対する不安や疑問を解消させる一助になれば幸いです。

記事の後半では、「リフレクソロジストの仕事はあなたに合っているのか?」を自己診断出来るようになっていますのでぜひ最後までチェックしてみて下さいね。

 

【資格・検定の概要】

リフレクソロジーとは、足裏や手のひら等にある数多くの反射区(内臓や各器官につながるといわれる末梢神経が集中している場所)を刺激し、間接的に臓器や器官を活性化させる技術を用いて人の心と身体を癒す反射療法です。

また、血液やリンパの流れをスムーズにし、心身の不調を改善へと導く健康法であり、美容法でもあります。最近では、特に「心の不調」に対する働きが評価されており、超高齢化社会、ストレス社会の中で注目されています。

リフレクソロジストには、人の疲れや緊張を解きほぐすだけではなく、健康を維持するためのさまざまな知識による適切なアドバイスを行うことも求められます。技術屋としてだけではなく、人当りの良さやコミュニケーション能力も必要になるでしょう。

活躍の場としては、サロン、ホテル、スポーツクラブ、介護・医療施設などをはじめ、インストラクターや独立開業の道もあります。多用な業種・業態で働くことが出来ることもあり、ご自身のライフスタイルの変化に応じて働き方を変えやすい「長期的に活かせる資格」であることも嬉しいポイントではないでしょうか。

本記事では、リフレクソロジー業界最大手のクイーンズウェイが開催しているカレッジコースについて解説していきます。

 

プロフェッショナルリフレクソロジストコース(スタンダードコース)

通信コース

  • 受講料:270,000円(税込)
  • 期間:5ヶ月〜2年間
  • スクーリング開催校:札幌校、東京本校、名古屋校、大阪校、福岡校
  • コース特徴:テキストとDVDを使用し、自宅学習とスクーリングで施術と知識を習得します。

通学コース

  • 受講料:東京 432,000円(税込)/分校 378,000円(税込)
  • 期間:1.5ヶ月/3ヶ月/6ヶ月
  • 開催校:札幌校、東京本校、名古屋校、大阪校、福岡校
  • コース特徴:足裏及び手のリフレクソロジーをはじめ、基礎医学、アロマ・ハーブなどプロのリフレクソロジストとして活躍する上で必要な技術と知識が習得できるスタンダートなコースです。

 

ホリスティックリフレクソロジストコース(専門コース)

通学コース

  • 受講料:2,052,000円(税込)
  • 期間:1年間
  • 開催校:東京本校
  • コース特徴:足裏及び手のリフレクソロジーだけでなく、耳、顔、首、肩など全身のリフレクソロジー技術を習得します。医学専門知識をはじめ、アロマ、カラー、パワーストーン、アーユルヴェーダ、気功など様々な知識と技術を身に付ける専門コースです。

 

【受講・受験資格】

特に制限はございません。

 

【試験内容】

筆記:「リフレクソロジー基礎、身体の不調と基礎医学、アロマ・ハーブの知識」など

実技:「フットリフレクソロジー基礎、技術バリエーション、接客」など

 

※ご不明な点や上記以外の最新・詳細情報をお知りになりたい方は、「クイーンズウェイ リフレクソロジースクール」までお問い合わせ下さい。

 

こんな女性は、「リフレクソロジスト」に向いている!(適職診断)

リフレクソロジーの技術は、一度身に付けてしまえば「一生モノ」の技術かもしれません。しかし、最新の医学情報や技術を学び続ける必要はあります。

また、少なからず施術者として手を酷使しますし、身体に大きな負担がかかる重労働ではないかもしれませんが、それでも身体を使う仕事に変わりありません。

つまり、プロとして続けていくには「研究心」や「忍耐力」が必須条件になってきます。

年間100名を超える働く女性たちの「適職診断」を行ってきた私としては、ただ勢いだけでリフレクソロジストを目指すのではなく、その前に少しだけ冷静になって「リフレクソロジストは自分に合っているのか?」ということも考えてみて欲しいと思っています。

少し考えただけで簡単に「私には続けられないかも…」と思ってしまうようでは、ちょっと心配ですよね。

いずれにしても、いたずらに未来を想像して不安になるのもうまくありませんから、リフレクソロジストに向いている女性の特徴をいくつかご紹介しておきましょう。

 

「リフレクソロジスト」があなたに合っているのか診断してみましょう!

次にお伝えする7項目にあなたはいくつ該当しますか?

  1. 基本、人だかりができていると覗く。

  2. 誰とでも気さくに会話を楽しむことができ、自分のことはよく他人に話す方だ

  3. 仕事は、決められたやり方や手順に従う方が楽でいい

  4. 自分の直感で決めるようなことはせず、実体験に基づいて決断を下すことが多い。

  5. 大らかなところがあって、人や場をリラックスさせるのは得意な方。人をよくホメる方だ

  6. 何かに集中していても、約束の時間はきちんと気にかけて守る

  7. メニューを見て注文するまでが早い、あまり迷わない

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

自分に当てはまる項目が多い人ほど、「リフレクソロジストとして力を発揮しやすい。適職!」という傾向がありますよ。

今回のテストは気軽に行える簡易的なものでしたが、もし

  • 「もっと深く自分自身のことを知りたい!」
  • 「自分に”向いている仕事”と”向いていない仕事”、どっちもちゃんと知っておきたい!」
  • 「就活・転職・起業を何としても成功させたい!」

そう思っている方は、いつでもBP.Laboの大森篤志までお問い合わせください。

その時は、あなたオリジナルの高精度の診断サポートをさせて頂きます。それでは!

スポンサーリンク


スポンサーリンク


 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

この記事に付けられたタグ