【バスタイムのリラックス効果を高める方法】ストレス解消に最適!

【バスタイムのリラックス効果を高める方法】ストレス解消に最適!
こんにちは、BP.Labo(ビーピーラボ)の大森篤志です。

大森篤志

今回は、『バスタイムのリラックス効果を高める方法』をご紹介したいと思います。

バスタイムの過ごし方は人それぞれだと思いますが、多くの女性は「美容」を重視しているのではないでしょうか。もちろん美容は大切ですが、「心のメンテナス・ストレス解消」もプラスするとあなたのバスタイムが今よりもグッと効果的なものとなりますよ。

ストレス解消の効果が実感できる方法として『バスルームの電気を消してキャンドルを灯すこと』を詳しくお伝えいたします。

 

バスルームの「明るさ」が重要!

働く女性ストレス解消方法

バスルーム内が煌々と明るくては、その日に起こった嫌な出来事(仕事の失敗、上司からの叱責、お客様からのクレーム等)や次の日の仕事の段取りなどを考えてしまい、なかなかリラックスすることが出来ません。

あなた
今日もまたミスしちゃった。私ってやっぱりダメ…
あなた
明日の会議は絶対に失敗できない。あ〜、でも不安…

 

一方、バスルーム内を暗くしておけば、リラックス度がグッと深まり、余計な考えを巡らせることも少なくなります。

 

忙しくても大丈夫!週1だけでもOK。

1週間のうち6日間は体を洗ってシャワーを浴びるだけの慌ただしいバスタイムでも構いません。どこか1日だけでもいいので、キャンドルの灯りの中でゆったりとしたバスタイムを楽しんでみましょう。

1週間モチベーションを維持したまま仕事に取り組みたいという人は、週の折り返し「水曜日の夜」を特別なバスタイムにするのもいいですし、1週間の仕事が終わった「金曜日の夜」や週末にエネルギーチャージする「土曜日の夜」などもいいですよね!

キャンドルに限らず、木切れなどに火を灯す松明(たいまつ)などの素の火には、自然のエネルギーが宿っています。例えば、キャンプで焚き火を囲んで行うキャンプファイヤーでは、心の安らぎの他にもフツフツと勇気が湧いてくる感覚を持つ人も少なくありません。同じように、このような自然エネルギーをあなたの中に取り込むような気持ちでキャンドルの灯りを楽しんでみてください。

入浴剤は「天然塩」がベースになっているものを選びましょう。お母さんのお腹の中にいた時と同じ生理食塩水に近いお湯に浸かることで、理屈抜きでリラックスすることが出来ます。また、香りもポイントです。癒やされたいなら「ラベンダー」、幸福感を高めたいなら「ローズ」、元気になりたいなら「グレープフルーツ」など、自分好みの香りを探してみてはいかがでしょうか。天然塩は肌から心身へ作用し、香りは鼻から作用します。日常的な人工の明かりがないため、他の感覚が敏感になり、いつもとは違う特別な効果を得られることでしょう。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

バスルームの電気を消すだけでリラックス効果が高まるのですから、そんな簡単なことを実践しないのは勿体無いですよ。

忙しく疲弊している働く女性にこそ、ぜひ取り入れてもらいたいストレス解消方法です。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ