【炭水化物抜きダイエットの効果】美しさ・若さの秘訣公開!

【炭水化物抜きダイエットの効果】美しさ・若さの秘訣公開!

今回は、『炭水化物とダイエットの効果や関係』について詳しく解説したいと思います。

 

大森篤志

 

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

本記事の内容は、ダイエット中やヘルシー志向の女性なら絶対に知っておいて損はないですよ。

 

日本の主食があぶない!?

あなたは、聞いたことがありますか?

「白色の食べ物は食べ過ぎない方がいい」と。

例えば、それは日本人の主食である「白米」にも当てはまります。ご存知の通り、白米は「ザ・炭水化物」ですね。

実際、白米は「ビタミンやミネラルを豊富に含む胚芽をきれいに取り除いてしまった状態」であり、白米のように精製されてしまった穀物類は、そうでないものと比べて「血糖値を上昇させる」「カラダを冷やす」などの作用があると言われています。

つまり、ヘルシーさを求めるなら「白米よりも玄米の状態で食べる方が断然カラダにいい」ということになります。

また、お茶碗1杯分のご飯に角砂糖およそ15個分の糖質が含まれていると言われていますから、3食のうち1食だけでもご飯を抜いたり、他の代替主食(玄米など)にするだけでも、かなりヘルシーになります。

 

迷ったら、色の濃いものを選ぶ。

「白色の食べ物は食べ過ぎない方がいい」

それは、「パン」や「うどん」など、お米の代わりになる主食にも同じことが言えます。

白米同様に、うどん一玉で角砂糖15個前後の糖質を含んでいるそうですから、驚きです。

また、精製された粉でつくられた「うどん」よりも、色の濃い「蕎麦(そば)」の方が栄養分が残っています。

キレイな女性はヘルシー志向!主食改善でダイエット効果も。

 

また、薄力粉を大量に使った「白いパン」よりも、小麦の表皮・胚芽・胚乳をすべて粉にした全粒粉を使った「色の濃いパン(全粒粉パンなど)」の方が食物繊維や鉄分、さらにはビタミンB1の含有量も高かったりします。

キレイな女性はヘルシー志向!主食改善でダイエット効果も。

 

砂糖だって「白砂糖」よりも「黒砂糖」の方がミネラルが豊富で栄養価が高いのです。

キレイな女性はヘルシー志向!主食改善でダイエット効果も。

 

白米をやめればダイエット効果が期待出来る理由。

まずは一度、玄米をじっくり味わって食べてみると分かると思います。

よく噛むと、その栄養分の高さからか「白米にはない味がある」ことに気付くことができるでしょう。

不思議なことに、玄米は「脂っこいもの」や「味の濃いおかず」との相性が悪く、合わないと言う方も多いですね。逆に、白米のように主食自体の味が薄いと「脂っこいもの」や「味の濃いおかず」が欲しくなってしまうようです。

玄米を食べている方々からの声からも裏付けられるように、『白米から玄米に変えるだけで、食生活の改善が期待出来る!』ことは言うまでもありません。また、そのことがダイエット効果につながることもお分かりいただけると思います。

しかし、そうは言っても白米はとっても美味しい日本の主食です。そういう私も「焼き肉」+「白米」が大好きで、いつも2〜3杯はおかわりしちゃいます。あれは食べ物として神レベルですから!笑。

それはそれで豊かさを感じる大事な食事時間ですから、四六時中いつも気にかけて白色の食べ物を避ける必要はないと思います。「食べ過ぎなければいい」程度に考えて、日頃から意識するだけでも十分な効果が期待出来ると思いますよ。

 

まとめ

私からのオススメは次の3つです。

  1. 朝食だけ玄米(全粒粉パン)にしてみる。
  2. 「うどん」と「そば」が選べる時は、必ず「そば」を選ぶようにしてみる。
  3. 迷ったら、「色の濃い方を選ぶ」ようにする。

年齢を超越した美しさと若さを維持している女性は、主食のバランスが抜群にいいです。白ものをほどほどにし、おかずによる過分なカロリー摂取を抑えていたりします。素晴らしい努力ですよね!

本記事の内容が、あなたやあなたの大切な人の美と健康の維持にお役に立てれば嬉しいです。

大森
スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ