【寂しさ・孤独感の解消方法】不安を克服する必要はありません。

【寂しさ・孤独感の解消方法】不安を克服する必要はありません。

 

本記事では、『寂しさ・孤独感の解消方法』について詳しくお伝え致します。

 

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

いきなりですが、質問させて下さい。

 

 

 

「あなたは一人でいることが苦手ですか?」

あなたの答えに対して、「それはどうしてなのか?」という理由も一緒に考えてみて下さい。

一人が苦手と答えた人の中には「一人でいると他人から寂しい女と思われるのがイヤ」という人もいれば、「友達がいない変わった人と思われるのがイヤ」という人もいるはず。

他にも「寂しさに心が押しつぶされそうになる人」や「孤独を強烈に実感して生きる気力を失ってしまう人」、あるいは「一人になると単純に何をしたらいいか分からなくなる」「一人だとつまらないから」という人もいるでしょう。

一方、一人が苦手ではないと答えた人の中には「一人が好き、落ち着く」という人もいれば、「何事も一人でじっくり集中して取り組みたい」という人も。中には、もっとあっけらかんとしていて「一人で焼肉食べるけど、何か問題ある?」「一人でいることがどうとか気にしたこともない」と言う人もいます。

いずれせよ、一人でいることを『単独行動しているだけと考え、孤独を感じにくい人』と『人の目が気になり、寂しさや孤独を感じやすい人』の大きく2種類の人間に分かれるようです。

本記事中では、単に物理的な一人の状態を「単独」、寂しさや孤独を感じる状態を「孤独」単独でいても孤独にならない力を『生命力』と表現していきます。

生命力なんて言うとちょっと大げさに聞こえるかもしれませんが、孤独感で押しつぶされると簡単に命を絶ってしまう人もいるわけですから、むしろ『生命力』と大げさに言っておく必要があると私は思うのです。

 

あなたのその感情にも目的がある。

『生命力』を考える上で、まず「孤独」についての理解を深める必要があります。

私たち人間には様々な感情が備わっていますが、それらの感情には「自分を守る」という働きがあります。

例えば、車が猛スピードで走ってきたとしたら、あなたは「危ない!」と感じるはず。その感情のおかげで車との接触事故を防ぐことが出来るのです。オーブンから熱々のグラタンを取り出そうとする時に素手ではなく鍋つかみを使って取り出すことでヤケドを防ぐことが出来るのも、事前に危険を知らせてくれた感情の働きのおかげです。

これらの場合では「危ない!」「熱そう!」という感情が『危険を知らせてくれた』ということになるわけですが、いずれにしても、あなたの感情には『あなたを守るために何かを知らせる』という使命があることは間違いありません。

では、「寂しさ」や「孤独感」という感情は、あなたを守るために何を知らせてくれているのでしょうか?

 

「孤独」の正体を知るだけで『生命力』が高まる。

例えば、大勢の人たちと過ごしていても、心が通じ合っていないと感じると「単独でないのに孤独になる」ことがあります。

グループの輪に入っていても、自分だけ何だか浮いていると感じたり、話についていけなかったり、笑いのツボが皆と違っていたり、価値観が合わなかったり、「私はそう思わない!」「違う!」とも言えずに相手に合わせてばかりでうまくなじめないと「単独でないのに孤独になる」のです。

協調性のある「いい人」ほど苦しいもの。どんなに大勢の人と一緒にいても『ありのままの自分が受け入れられているという感覚が持てないと孤独を味わう』ことになるんですよ。

一方、「お互いのことを知り尽くしている気の合う親友」や「自分の弱いところも醜いところも全て見せられる恋人」と一緒にいる時は、孤独感や寂しさを感じにくいものです。それは、ありのままの自分が受け入れられているという実感があるからです。

「ありのままの自分が受け入れられている」という感覚は、信頼や絆のような『つながり』を意味します。それは、人と人との心のつながりだけでなく、物や自然とのつながりも含みます。畑にある大根を見た時に「大地の恵みによって自分は生かされている」と思えれば、『ちゃんとつながっている感覚が持てる』はずです。

つまり、「孤独」は本人が物理的に「単独」であるかどうかとは関係がなく、『自分自身がつながっている感覚を持てていない』ということを知らせてくれているわけです。つながっている感覚を持てる力こそ『生命力』と言えるでしょう。

 

生命力が高い人(孤独でない人)は、自己受容がハンパじゃない。

実際に生命力が高い人(孤独でない人)というのは、往々にして「自己受容」されています。

「自己受容」とは、『ありのままの自分を自分自身で受け入れる』ということです。

一方、私がこれまでサポートさせて頂いた「もともとは孤独を抱えていた女性」の皆さんも、口をそろえてこうおっしゃいます。

孤独に押しつぶされそうな状態から自分を脱することが出来たのは、「ベースに自己受容があったからです」と。

自己受容の意味を頭では理解していても、実際には「ありのままの自分を自分で受け入れるなんて簡単なことじゃないわ!そもそもどうすればいいの?」と感じる人の方が多いのではないでしょうか。中には、自己受容しようと意識すると、かえって自分のダメなところにばかり目が向いてしまう人もいるでしょう。

でも、よく考えてみて下さい。

私たちは皆、「自分」という存在を捨てることも出来ませんし、交換することも出来ません。父親も母親も、育ってきた環境も、過去の様々な体験も、誰かと交換することは出来ません。これらは全て今の自分には「変えられないもの」です。

その絶対的な前提(「絶対に変えられない」という事実)を受け入れると、大切なのは「自分には何が与えられて、何が与えられていないのか」ではなく、「既に与えられた自分という存在をどう使うか?そして、どう生きていくか?」の方であることに気づけるはずです。

また、人によっては「自己受容」を「自己肯定」と混同されてしまう方もいるかもしれませんが、2つは似て非なるものです。

「自己肯定」は『出来ない自分の中に美点を見つけて”本当は出来る人間なんだ!”と自分に暗示をかけること』であり、「自己受容」は『出来ない自分も含めて”ありのままの自分を受け入れる”こと』である思って頂ければいいでしょう。

「自己受容」には、自分の美点を見つけるという概念もありません。ただ単に「今の自分はコレでよし!」と受け入れればいいのです。

「今の自分は孤独だ」「今の自分には生命力がない」という現在の自分をも、否定することなくそのまま受け入れてみることから始めてください。

一にも二にも、まず『ありのままの自分を自分自身で受け入れる(自己受容する)』ことが生命力を高めるベースであるということを心得ておきましょう。

 

単身海外で活躍するトップアスリートの生命力は尋常じゃない!

一人でいる状態、つまり「単独」の人を見ると「かわいそうな人」「寂しい人」「友達がいない人」などと哀れみの感情を抱く人がいますが、その場合は『その人自身(哀れみの感情を抱いた人)が孤独を抱えている』ことも少なくありません。

実際に「いじめられて一人ぼっちになった事がある人」や「一人で絶望感を味わったことのある人」などは、「単独」の人を見て「一人ってツラいよね」と同情心や哀れみの感情が湧いて出てきたとしても不思議ではありません。むしろ自然です。

一方、「一人の時間が好きな人」や「一人の時間は貴重で大切だと思っている人」などからすると、「単独」の人を見てうらやましいと思うことはあっても「寂しい人」や「かわいそうな人」と思うことはありません。

但し、例外はあります。

それは、異国の地において単身で活躍するプロテニスプレーヤーの「錦織圭」選手を見ても、メジャーリーガーの「田中将大」投手を見ても、多くの人は「かわいそうな人」「寂しい人」などとは露ほども思わない点です。

誰とつるむわけでもなく、単独で自分に出来る最高のパフォーマンスを発揮しようとするトップアスリートたちには、日本中の人々が「すごい!」と尊敬の念を抱くわけですから、とても興味深い人間心理と言えますよね。

実は、そこに生命力を高めていくためのカギが隠されているのです。

 

生命力のキーワードは、「目的」と「今」。

単身海外に渡り活躍しているアスリートたちに共通する特徴は、『目的に向かって今を精一杯生きている』という点でしょう。

例えば、錦織圭選手で言うなら、「ウィンブルドンで優勝したい! 」「ワールドツアーで優勝したい!」というブレない目的を持って日々のトレーニングに一生懸命であるということです。

錦織選手のように強烈な目的意識を持っている人は、自分が他人からどう思われるかをほとんど気にしません。

「一人でトレーニングをしていると友達がいない寂しいヤツだと思われやしないか」なんてことは考えないのです。なぜなら、目的に向かって今を精一杯生きているため、他の余計な観念が入り込む余地がどこにもないからです。

強烈な「目的」を持つことで、「今」とつながる。それだけで「孤独」という概念は跡形もなく消えてしまうのです。

少し話を戻しますが、私は「生命力とは『深くつながっていると感じる力』である」とお伝えしてきました。

人間は生来、ありのままの自分が何かと深くつながっていると感じた時に「心の平安」を手に入れ、同時にベストパフォーマンスを発揮することが出来る生き物です。

「つながり」とは、Facebookの友達の数とかTwitterのフォロワーの数などの「目に見える」つながりのことではありません。生命力である「つながり」は、『目には見えない、もっと内面的なつながり』のことです。

例えば、「Facebookで友だちになったリアルではつながっていない1000人」よりも『たった一人の大親友』を持っている方が生命力は高まります。なぜなら、あなたが本当に困った時、遠方からすっ飛んで来てくれるのはリアルな親友のほうだからです。

先ほどの錦織圭選手の例を聞いてもピンと来ない人もいるでしょう。「トップアスリートはそもそも一般人とは違うし、最初から『生命力』も人並み以上。私たちと一緒にされても困る」と、どこか自分事として受け入れられなかった人もいるかもしれません。

しかし、それは違います。

ありふれた日常の中からでも、人は誰もが「何かと深いつながりを感じることが出来る」んですよ。

 

ありふれた日常の中で、「今」と深くつながる方法をお伝えします!

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ