【モラハラ夫への対処方法】我慢し続ける事が一番危険?

【モラハラ夫への対処方法】我慢し続ける事が一番危険?

今回は、『モラハラ夫への対処方法』についてお話したいと思います。

 

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

夫婦関係において、どちらか一方が支配者になると、もう一方は奴隷になります。

つまり、モラハラ「夫」と奴隷「妻」はセットですし、その逆もあるわけです。


【モラルハラスメントの特徴100】彼氏や夫のモラハラ診断!


 

「我慢強い女性」は、モラハラの対象にされやすい!?

イラッとすることがあっても我慢する。どんなに言い返したいことがあっても、それを自分の胸の中にしまい込んでしまう。不平不満を口にすることも、感情を吐き出すことも滅多にない。

実は、そんな我慢強い女性ほど、モラハラの被害者になりやすい傾向があります。実際、私のもとへ相談に来られるモラハラ被害者様の多くは、やはり「我慢強い」方ばかりです。

当時、結婚1周年を迎えたばかりだったYさん(33歳)もその一人でした。

2年間の交際の後に結婚し、付き合っていた時はとても優しい人だったのに、結婚して半年ほど経ったあたりから豹変したと言います。

叩く、殴る、蹴る等の身体的な暴力をふるわれることはないそうですが、「お前なんかと結婚するんじゃなかった」「結婚なんて男にとって墓場みたいなもの」「俺はいつだって一人で生きていける」などといった言葉の暴力を毎日のように浴びせられるように。

でも、Yさんが「分かりました。本気で離婚を考えます」と重く受け取ると、旦那さんは「そういうことを言ってるんじゃない!」と慌てて話をすり替えてくるようで、本気で離婚を進める話にはならないそうです。

 

危険!あなたのその優しさがモラハラ夫の心に火を付けています。

夫思いでとても優しいYさんは、本気でこうも言います。

「夫の仕事は”お堅い仕事”で、部下を持ち責任のあるポジションでもあります。きっと、毎日大変なストレスにさらされて心身ともに疲弊しているのでしょう。だから、つい心にもないことを言って私を傷つけるのだと思います。本当にかわいそうなのは夫の方なのかもしれません。私が何を言われても、いちいち言い返さずに我慢してさえいれば、そのうち夫も以前の優しい人に戻ってくれると思うんです」…と。

しかし、その後1年が経過してもいっこうに夫のモラハラがやむことはなく、最近は我慢の限界を感じていると改めて私のもとへ来られました。

たしかに、仕事のストレスが要因となって、家庭内で憂さ晴らしをする男性が多いことは事実でしょう。

でも、自らすすんで夫のストレスのはけ口になろうとするのは間違っています。むしろ、かえって逆効果であると思った方がいいでしょう。

なぜなら、モラハラ夫の心に火を付けてしまうからです。そして、モラハラ夫の心に火が付くと次のような心理になります。

 

(モラハラ夫の心理)

「この女、まだ我慢するのか…それなら、いくらお前でも我慢出来なくなるくらい、もっと酷いことを言い続けてやる!」

つまり、じっと我慢すればするほど、モラハラに拍車をかけることになるわけです。

 

あなたは一生、ご主人の奴隷のまま生きていくのですか?

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ