職場で起きているのはどっち?「パワハラ?」or「モラハラ?」

AL001-1onakaganattayo20140830

 

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

大森篤志

今回は、『職場のパワハラとモラハラ』についてお話したいと思います。

 

私のもとへ寄せられる「職場のパワハラ・モラハラ相談」の件数は、ここ最近では年間200件を超えてきています。

さらに、安倍政権の目玉政策の一つである女性活用がスタートし、これから増々働く女性の抱える問題は増えていくことでしょう。

 

実は私、今メチャクチャ危機感を感じています。

 

なぜなら、先日ある相談者様からこんなお話をお聞きしたからです。

 

「実は私、大森先生のブログ記事を読んで初めてモラハラというものを知りました。私って、今までずっと酷いことをされていたんだと、今やっと気づいた感じです。でも、私の場合は、それがパワハラなのかモラハラなのか分からなくって…」

 

近年、パワハラやモラハラは大きな社会問題となり、新聞やニュース、ビジネス誌などでもこれまでたくさん取り上げられてきました。

それでもモラハラを最近知ったという女性が多く存在しているという事実に、私は1秒ほど愕然とし、「もっともっとパワハラやモラハラについて発信していかなければ、知らず知らずのうちにハラスメントという毒に冒されてしまう働く女性が増えてしまう!」という危機感を抱き、同時に使命感も沸き上がった、というわけです。

 

職場のパワハラとは?

まずは、職場のパワハラについて定義しておきましょう。

職場における「パワハラ(パワーハラスメントの略)」とは、『優位にある立場の人(上司など)が、その優位な立場を利用して、自分より立場の弱い人(部下など)に対して行う職場のいじめ』のことです。

 

以下に、職場におけるパワハラの特徴をあげてみました。

今のあなたの職場環境を振り返って、さっそくチェックしてみてください。

一つでも思い当たる節があるようなら、それはパワハラである可能性が高いと考えた方がいいでしょう。

 

職場におけるパワハラの10の特徴

  1. あなたのミスや失敗をいちいち取り上げ、正当な注意や叱責を遥かに超えて、人前(同僚などの前)で怒鳴り散らし、しつこく罵声を浴びせてくる
  2. あなたの人格を徹底的に否定し、明らかにあなたを叩きのめす為の言葉で罵ってくる
  3. あなたの仕事に対する姿勢のすべてを批判し、仕事のやり方も、結果も全く評価せず、とことん過小評価してくる
  4. 常にあなたのあらを探して、どんなに小さく些細な事でも”おおごと”にして批判してくる
  5. あなたの能力や資格に見合わない雑用ばかりを強いてくる(時には、あなたに仕事を与えないことも)
  6. あなたを閑職(仕事の少なく暇な職務、全く重要でない職務)に追いやろうとする
  7. 明らかに達成不可能な過大ノルマを課してくる(わざと未達成にさせ、それを口実にあなたを叱責してくる)
  8. 明らかに残業必須になるであろう業務量(または仕事)を命じられる(あなたが残業出来ない日をわざと狙ってくることも)
  9. 業務遂行にあたり必要不可欠な指示や情報をあえて曖昧に伝え、あなたにミスを起こさせる(それを口実にあなたを叱責してくることも)
  10. あなたの必要とするタイミングでは休暇を取らせず、不必要なタイミングで休暇を促してくる(場合によっては有給休暇を認めないことも)

 

職場のモラハラとは?

次に、職場のモラハラについて定義しておきましょう。

職場における「モラハラ(モラルハラスメントの略)」とは、『職務上の権限などは関係なく、立場やパワーを利用しなくても行うことが出来る”嫌がらせ”や”精神的な暴力”』のことです。

 

以下に、職場におけるモラハラの特徴をあげてみました。

今のあなたの職場環境を振り返って、さっそくチェックしてみてください。

思い当たる節が2つ以上あるようなら、それはモラハラである可能性が非常に高いでしょう。

 

逆に、1つしか当てはまらなかったからといって安心しないで欲しいということも付け加えておきます。

なぜなら、多くの場合、被害者自身がモラハラされていることに気づいていないということが考えられるからです。

たとえ1つであったとしても、それは氷山の一角に過ぎない可能性があるのです。

 

職場におけるモラハラの10の特徴

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ