【賢い女性の働き方】仕事ストレスは、本気でサボらないと解消しない。

【賢い女性の働き方】仕事ストレスは、本気でサボらないと解消しない。

 

今回は「賢い女性の働き方」と題しまして、『仕事のサボり方』を伝授致します。(笑)

大森篤志

こんにちは、大森篤志です。

仕事のストレスは、『本気で仕事をサボる』ことで解消できるんですよ。

 

「心、ココにあらず」なら、思いきってストップする。

パソコンに向かってキーボードをカシャカシャ。じゃんじゃん送られてくるメールの返信をしたり、途中だった資料作成を再開してみたり、バリバリ働くというよりは「溜まっている雑務をこなす」午後一。ランチ後すぐの職場では、よく見られる風景なのではないでしょうか。

そういう時に限って、ふと頭の中では「スタバの抹茶クリーム・フラペチーノが飲みたいなぁ」などと考えてしまったりします。

厳密に言えば、仕事をしながら息抜きのことを考えているのですから、仕事をしているのではなくて『仕事をしているフリをしている』ということになるわけです。

「そういう『心、ココにあらず』の状態で仕事をするなら、思いきってストップさせた方がいい」と、私は思います。

思いきって今すぐスタバへ行って、抹茶クリーム・フラペチーノを頼んで欲しい。可能なら、そのままスタバで10分間は抹茶クリーム・フラペチーノを楽しんで欲しいくらいです。

仕事の能率を上げたいのなら、まずは今考えていることをクリアにすることが大事。仕事中に仕事以外のことを考えているような状態、いわゆる『仕事をしているフリの時が一番能率が低い』ものです。

 

本気でサボらないと意味がありません。

「アイディアが煮詰まりました。10分間だけリセット時間をください」

上司に承諾を得て、いざスタバへ。

 

でも、ひと口飲んだだけなのに「こんなところでサボっていていいのかなぁ私…」と気持ちがソワソワ。これが多くの人が陥る「罪悪感を抱く王道パターン」です。

仕事脳に戻すためのリフレッシュタイムとしてサボっているのに、「心、ココにあらず」でサボっていてはリフレッシュになるはずもありません。これもまた『サボっているフリをしている』ということなのではないでしょうか。

仕事をするのもサボるのも、何をするにもフリはダメですよ。サボるなら本気でサボって、抹茶クリーム・フラペチーノを存分に味わってください。

 

いつもハツラツとしていられる!【心のリセット方法】

『やることはやる。サボる時はサボる。』

そうやって「仕事する(ON)」「休む(OFF)」のメリハリをつけることは、仕事の効率を上げ、何よりも心身の健康にいいものです。

仕事の達人は、『サボりの達人でもある』わけですね。サボることに罪悪感を感じることほど無駄なことはありません。サボるなら徹底的にサボること。ONとOFFのメリハリがつくれるようになると、いつもハツラツとしていられますし、結果として仕事が長く続けられるものですよ。

「心をリセットしたい!」と思ったら、まずは『堂々とナマケモノになる』ことから始めてみましょう。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ