【サザエさん症候群対策・改善方法】原因をこう考えれば克服できる!

【サザエさん症候群対策・改善方法】原因をこう考えれば克服できる!

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

大森篤志

今回は、『サザエさん症候群対策・改善方法』についてお話したいと思います。

 

「明日から仕事だと考えると憂鬱になってしまいます」

 

最近、このような相談が増えてきました。

いわゆる『サザエさん症候群』という症状ですね。

 

気がついたら本記事に辿りついていたという貴女。

そんな貴女も「会社に行くのがツライ」と感じている一人なのかもしれません。

会社に行きたくない女性に、私はいつもこのように答えるようにしています。

 

「子供になっちゃいましょうか!笑」

 

「はい?」と首を傾げられた方の為に少しご説明しますね。

 

大人は、子供を見習わなければならない。

「まったく子供なんだから!」と大人は子供を下に見るクセがありますが、実は「子供は”あなどれない存在”」なのです。

なぜなら、『子供は時に大人以上の悪知恵が働くから』です。

 

そうは言っても、子供の悪知恵というものは「カワイイ」もので、大人の悪知恵のように他人を蹴落としたり、危害を加えたりするようなものでは決してありません。もっと、素直な心の叫びみたいなものですね。

そして私は、子供の悪知恵を「大人こそ見習うべき」と思っているのです。

 

例えば、「どうしても今日は学校へ行きたくない」という日。

朝から「お腹が痛い」「気持ちが悪い」などと仮病を使って、学校をズル休みしちゃう子がいますよね?

もしかしたら、あなたも子供の頃に一度はズル休みを経験したことがあるかもしれません。

 

実は、コレ。相当賢い知恵だと思うんです。

 

学校へ行きたくないのは、きっと親には言えない理由があるからなのでしょう。

  • 宿題をやっていないので、行けば必ず先生に怒られる
  • 昨日友達とケンカしたから、今日は会いたくない
  • 友達にからかわれる(いじめ等も含む)からイヤ

など、理由はともあれ、親には正直に言えないから体調不良を持ち出したのです。

 

体調不良となれば、親からあれこれ詮索されませんからね。

子供は、病気になっちゃえば「親でさえ、ぐうの音も出ない」ということを知っているのでしょう。

 

無理せず、「大人」という鎧を脱ぎ捨ててみませんか?

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ