【女性の仕事ストレス解消方法】仕事のがんばり方、間違ってない?

【女性の仕事ストレス解消方法】仕事のがんばり方、間違ってない?

 

こんにちは、BPLaboの大森篤志です。

大森篤志

今回は『仕事ストレスに強くなる方法』をご紹介します。

きっと、心が折れそうになった時の根本的な対処方法にもなると思いますよ♪

 

貴女の『がんばり方』に問題はありませんか?

ストレスに押し潰されてしまう働く女性の共通点。

それは、『がんばりすぎてしまう』という点です。

 

がんばることは決して悪いことではありません。

しかし、『間違ったがんばり方』をしてしまうと、

多くの場合、ある時からパタッとがんばれなくなってしまうのです。

 

間違ったがんばり方の典型的なパターンは、

『フルマラソンなのに、まるで100メートル走のように最初から猛スピードで走り出す』といったもの。

 

何事も、がんばった先には、

達成感や充実感、これまでのツラさが吹っ飛んでしまうような感動が待っています。

でも、間違ったがんばり方をしてしまうと途中棄権となる可能性がグンと高まるのです。

 

あなたは、リポビタンD、アリナミンV、QPコーワなどの栄養ドリンクや錠剤を常飲していませんか?

疲労がピークに達しているときでも、チョコラBBをレッドブルで流し込み、なおもがんばり続けようとしていませんか?

 

このような小手先の方法では、いっときはシャキッと持ち直すかもしれませんが、またすぐにダウンしてしまうものです。

大事なことは、もっと根本的なところにあります。

そこから逃げるように毎日を過ごしてしまうと、

気力も体力も少しずつ削られて、最後には本当に立ち上がれなくなってしまうかもしれないのです。

 

「貴女は、何の為にそんなにがんばっているのですか?」

 

女性は自問自答せよ!「何の為に、そんなにがんばっているの?」

女性の「がんばる」は、男性の「がんばる」とちょっと違うように思います。

なぜなら、女性が「がんばる」のには、ハッキリとした「がんばる目的」がないことも多いからです。

もちろん、がんばる目的が明瞭な女性もいます。

でも、現時点ではまだ『女性よりも男性の方ががんばる目的がハッキリしていることが多い』ように思えるのです。

 

多くの男性は、

  • 出世したいから
  • 給料をアップさせたいから
  • 高級車に乗りたいから
  • 一軒家を購入したいから
  • 贅沢な暮らしがしたいから
  • 愛娘の私立希望を叶えてあげたいから
  • 家族を養っていくために(守るため)

など、どのような目的であれハッキリしていることが多いです。

 

ご存知の方もおられるかと思いますが、男女の脳の仕組みは違います。

その観点から傾向として言えることは、

「仕事は、人生そのものだ」と考えているのが男性。

「仕事は、人生を楽しむ為の手段でしかない」と考えているのが女性。

 

つまり、『男性よりも女性の方が、仕事自体にハッキリとした目的を持ちにくい思考である』ということになります。

 

だからこそ女性が

「私は何の為に、こんなにがんばっているのだろう?」

と自問自答してみることは、とっても大事なことなのです。

 

目的がハッキリしていない女性は、ストレスにめちゃくちゃ弱い。

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ